エミレーツ航空、ドバイ保健局と協力してアラブ首長国連邦在住の旅行者を対象に新型コロナウイルス関連医療記録のデジタル証明を実施

2021年5月14日 金曜日 11:18 AM






アラブ首長国連邦在住でエミレーツ航空を利用する乗客は、デジタル証明により旅行開始時から書面での渡航確認手続きが不要になります。
この先駆的な取り組みにより、旅行手続きが大幅に簡素化し、待ち時間が短縮され、効率と利便性の向上につながります。
今回の連携により、ドバイは世界に先駆けて、旅行者の新型コロナウイルスの検査結果とワクチン接種に関連する医療記録の完全なデジタル証明を実施する都市の一つになりました。


エミレーツ航空とドバイ保健局(以下、DHA)は、アラブ首長国連邦在住の旅行者を対象に、新型コロナウイルスに関連する検査やワクチン接種の医療記録の完全なデジタル証明の実施を開始しました。

ドバイでPCR検査を受けたエミレーツ航空の利用者は、書面でのPCR検査報告書を提示することなくチェックインをすることができます。さらに、ドバイのDHAヘルスセンターで新型コロナウイルスのワクチンを接種した場合、チェックイン時にPCR検査結果と接種記録を同期して登録することができます。これにより、ドバイ国際空港から出発されるお客様は、安全かつ迅速な手続きが可能となります。また、この際に取得された情報は、目的地の入国条件と照合されます。

エミレーツ航空は、お客様の目的地の新型コロナウイルスに係る入国条件に関連する情報のみを処理します。搭乗手続きが完了すると、新型コロナウイルスの医療記録に関連する情報は、直ちにエミレーツのシステムから破棄されます。

今回の取り組みは、エミレーツ航空とDHA間で覚書が締結されてから2ヶ月も経たないうちに実現したもので、航空会社と政府の保健局との間では初の試みとなります。ドバイは、世界に先駆けて、旅行者の新型コロナウイルス検査結果およびワクチン接種に関連する医療記録の完全なデジタル証明を実施する都市の一つになりました。

エミレーツ航空最高執行責任者アデル・アル・レダは次のように述べています。「アラブ首長国連邦政府は非常に協力的で、テクノロジーやデジタルアプリケーションの利用において先進的な国のひとつです。今回の取り組みは、政府のビジョンに沿ったものです。航空業界において、DHAと協力してシステムを連携させ、より効率的で安全かつ効果的な方法で関連書類を処理することで、顧客体験の向上を実現する一歩を踏み出せたことを嬉しく思います。お客様の旅行を管理する上でDHAとのパートナーシップは貴重で、近い将来に開始される他の取り組みへの第一歩となります。これは、サービスのあらゆる面で革新的なデジタルソリューションを提供するドバイの先進的なアプローチを証明するものです。」

ドバイ保険局(DHA)のジョイント・コーポレート・サポート・サービスCEOであるアハメッド・アル・ヌアイミ氏は次のように述べています。「ドバイ保健局(DHA)は患者の利便性を高め、医療サービスをさらに向上させるために、ここ数年、医療記録のペーパーレス化を強力に推進してきました。新型コロナウイルスのパンデミックが発生して以来、我々はデジタルヘルスケアを導入し、その利用を促進してきました。デジタルヘルスケアへの投資という戦略的な先見性が、今日のこのような先駆的な統合への道を開きました。このパートナーシップは、旅行の合理化と、簡単で便利な旅行の実現に役立つだけでなく、新型コロナウイルスに必要な全ての医療記録の確実な証明を実現します。」

ドバイ保健局(DHA)のITディレクター、クライサム・アリ・アル・シャムシ氏は、ドバイ保健局(DHA)が戦略的に投資し、ヘルスケアテクノロジーに注力していることは、保健分野だけでなく、旅行分野においても大きなメリットがあると強調しています。「今回の連携は、新型コロナウイルスの検査結果やワクチン接種記録を航空会社が安全かつ便利に、そして効果的に受け取れるようにする技術の可能性を示しています。DHAは新型コロナウイルスパンデミックの発生当初から、ドバイで新型コロナウイルスの検査結果を処理するすべての検査機関をDHAのアウトブレイク(集団発生)管理システムに接続するために精力的に活動してきました。こうした活動は、エミレーツ航空とのこのようなユニークな連携を発展させるために役立っています。」

エミレーツ航空とDHAのパートナーシップは、お客様の手続きを簡素化し、最新の渡航条件を満たすことで、安全で便利な旅行を実現するためのもう一つの方法です。エミレーツ航空は海外旅行を再活性化し、また、刺激を与えるため、最良のビジネス手法やアプリケーションを導入している航空会社のひとつです。今後数ヶ月内に、デジタル証明の次の段階として、健康記録をIATAトラベルパスに安全に統合し、乗客の旅行を促進するための別のオプションとして提供する予定です。

ドバイ以外の国でPCR検査やワクチン接種を行ったお客様は、チェックイン時に書面による渡航書類を提出する必要があります。一部の国では、旅行者に書類の携帯を義務付けている場合があります。渡航先の最新の入国条件は以下のリンクにてご確認ください。
https://www.emirates.com/jp/japanese/help/covid-19/travel-requirements-by-destination/


エミレーツについて
エミレーツ航空は2002年に日本への就航を開始しました。成田国際空港や関西国際空港からドバイまで、最も快適な空の旅を提供しています。エミレーツ航空はその商品やサービスが評価され、世界のアワードの数々を受賞しており、今年のワールド・トラベル・アワードでは「リーディング・エコノミークラス」「エアライン・リワード・プログラム」「ビジネスクラス空港ラウンジ」の3部門で受賞しています。

お問い合わせ先
エミレーツグループ 広報
REDHILL株式会社
Email: ekjapan@redhill.asia

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内