アイデムフォトギャラリー[シリウス] 大沼英樹 写真展「未来へつなぐ千年桜」期間:2021年5月20日(木)~6月2日(水)

2021年5月17日 月曜日 1:49 PM

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)https://www.aidem.co.jp/ が運営するフォトギャラリー[シリウス] https://www.photo-sirius.net/ は大沼英樹 写真展「未来へつなぐ千年桜」を5月20日(木)~6月2日(水)に開催いたします。



私はこれまで全国の桜と生活のある光景を記録してきました。

2011年3月に、ここシリウスギャラリーをお借りして写真展を開催する予定でした。その直前、東日本大震災が発生し私が暮らす宮城県も津波に襲われました。

その年の春、桜の写真を記録しようと沿岸部を廻りました。

岩手県陸前高田市で出会った桜は、鬼神が宿ったような形相をして津波の水位と力のものすごさを正確に伝えていました。枝にしがみつくように咲かせた白く小さな花びらが、神々しく夕日に照らされ、紅色に染まる花は希望の桜でした。困難にあっても立ち上がることができるように、傷ついても咲いた桜の記憶を残そう。どんなに厳しい冬があっても、春には必ず花を咲かせることができること。人間の世界に自然があるのではなく、自然の中で人間が生かされていることを、これから生まれてくる未来へ語り継いでいこう。私は桜の樹の下で、そう誓いました。

希望を宿した桜の写真展を、毎年のように各地で開催を続けてきましたが、改めて桜が咲くことを信じることに蘇生の力があることを強く感じます。

あの日から10年、東日本大震災により変遷する桜の風景と、困難を生き抜いた人々を記録した写真展です。(約55点)


大沼英樹(おおぬまひでき)略歴
1969 年、山形県天童市のサクランボ農家の次男として生まれる。山形県立村山農業高等学校・林業科を卒 業。その後、仙台市の創表現専門学校 est・スタイリスト科を卒業し 1991 年に写真家の宍戸清孝氏との出 会いにより写真の道へ。約 7 年間助手を務め独立。写真展多数開催。
毎年全国の桜のある 風景を撮影している。公益社団法人日本写真家協会 会員。


【日時・会場】
会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
期間:2021年5月20日(木)~6月2日(水)
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します!
■シリウスブログ
PC:https://www.photo-sirius.net/blog/
■シリウス公式Facebook
https://www.facebook.com/photo.sirius

[お問い合わせ]
アイデムフォトギャラリー シリウス事務局
担当:澤本慶子・安達洋子
TEL:03‐3350‐1211
https://www.photo-sirius.net/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内