「スタジオ地図」10周年、細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』公開記念 宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)にて『スタジオ地図の宙(ソラ)と雲展』開催決定!

2021年5月25日 火曜日 3:18 PM

会期:2021年7月7日(水)~11月14日(日) 数量限定でオリジナルマスクケース付き特別チケットを販売

 東京ドームシティ(文京区後楽1-3-61)の黄色いビル(6F)にある宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)は、アニメーション映画制作会社「スタジオ地図」とコラボレーションした企画展『スタジオ地図の宙(ソラ)と雲展』を、2021年7月7日(水)~11月14日(日)の期間、館内の企画展示室にて開催します。本展は、2011年に設立された「スタジオ地図」の設立10周年と、今夏の細田監督最新作『竜とそばかすの姫』〔7月16日(金)全国ロードショー〕の公開を記念し開催します。


  アニメーションの世界観を作るうえで大きな役割を果たしているのが、背景画です。本展では、スタジオ地図の作品世界を鮮やかに彩る背景美術の中から「空」と「雲」にスポットをあて、作品ごとに異なる空と雲の描かれ方を通して、過去作から最新作『竜とそばかすの姫』までスタジオ地図作品の魅力に迫ります。さらに、空や雲の名シーンを堪能できるTeNQでしか観られないオリジナルスライドショーの公開や、スタジオ地図作品を象徴する「入道雲」について学べるアカデミックな展示など、作品に登場するさまざまな「宙(ソラ)」を入り口に、「スタジオ地図」が表現するアニメーションの世界を体感いただけます。

 そのほか、スタジオ地図作品のイラストが描かれたオリジナルマスクケース付き特別チケットを数量限定で販売するほか、企画展オリジナルグッズの販売も予定しています。





企画展概要

■名称:TeNQ|スタジオ地図10 周年 細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』公開記念
『スタジオ地図の宙(ソラ)と雲展』
■期間:2021年7月7日(水)~11月14日(日)
■場 所:宇宙ミュージアムTeNQ内「企画展示室」
■料 金:TeNQ入館料に含む
■特別協力:スタジオ地図、東宝
■科学監修:JAXA
■URL:https://www.tokyo-dome.co.jp/tenq/
■お客様からのお問い合わせ先:
宇宙ミュージアムTeNQ TEL.03-3814-0109


主な見どころ

●スタジオ地図とは
 設立10周年を迎えたアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」の歴史を振り返ります。

●スタジオ地図作品と入道雲
 スタジオ地図作品の象徴ともいえる「入道雲」。
スタジオ地図が選んだ、作品を楽しむ上で注目すべき入道雲の数々からこれまでの作品を紹介します。

●スタジオ地図の背景美術「感情を描く宙(ソラ)と雲」
 スタジオ地図作品に登場する空と雲は、作品の舞台を彩るだけでなく、場面の空気感や登場人物たちの感情の機微を表現するという役割も担っています。卓越した空と雲の表現を通して、スタジオ地図作品の背景美術の魅力に迫ります。

●宙(ソラ)に浮かぶ入道雲の秘密
 入道雲ができるメカニズムなど、自然科学的な面からJAXAの担当者に解説していただく、TeNQならではのアカデミックなコーナーです。

●「スタジオ地図、10年の軌跡 勇気をくれる宙(ソラ)と雲」
 スタジオ地図作品に登場する“こころ揺さぶる名セリフ”とともに、作品の空と雲を堪能いただけるTeNQオリジナルのスライドショーを公開します。

●最新作『竜とそばかすの姫』に関する展示


関連企画


●グッズ付きチケット発売
 スタジオ地図作品に登場する空や雲の名シーンが描かれたオリジナルマスクケース付きチケットを、数量限定で販売します。

<前売券>
◎販売期間:2021年6月1日(火)10:00~7月6日(火)23:59
◎料金:一般 2,300円、学生 2,000円、4歳~中学生 1,700円、シニア(65歳以上) 1,700円
◎購入方法:セブン‐イレブン各店舗、またはオンラインからの購入

<当日券>
◎販売期間:2021年7月7日(水)~11月14日(日)
◎販売場所:TeNQチケットカウンター
◎料   金:一般 2,400円、学生 2,100円、4歳~中学生 1,800円、シニア(65歳以上) 1,800円

※前売券で予定枚数が終了した場合、当日券の販売はなし。なくなり次第終了します

(イメージ)

●『スタジオ地図の宙と雲展』雲写真コンテスト
 あなたの頭上に広がる空と雲を一枚におさめた、空雲写真を募集。スタジオ地図のアニメーションの世界のような美しい空雲写真を投稿された方の中から受賞者に素敵な賞品をプレゼントするほか、受賞作品を企画展内にて展示します。詳細は決まり次第、公式ホームページでお知らせします。
 そのほか、期間中TeNQ宇宙ストアでは、企画展のオリジナルグッズを販売予定です。

作品情報『竜とそばかすの姫』
2021年7月16日(金)公開
細田守が辿り着いた、渾身の最新作。
心に傷を抱えた主人公・すずが、“もうひとつの現実“と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。この夏、アニメーション映画“未開の境地”へ、細田守最新作『竜とそばかすの姫』がついに辿り着きます。

スタジオ地図とは
スタジオ地図は、細田守監督作品の企画製作プロデュースを行うアニメーション映画制作会社。細田監督と、監督がフリーランスになって初監督を務めた『時をかける少女』(2006)からタッグを組んだプロデューサーの齋藤優一郎が、『サマーウォーズ』(2009)を経て、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)を制作するスタジオとして、2011年にスタジオ地図を設立。その後、『バケモノの子』(2015)、『未来のミライ』(2018)をリリースし、国内外の映画賞を多数受賞。2021年に、スタジオ設立10周年を迎え、最新作『竜とそばかすの姫』が7月16日(金)に劇場公開予定。
スタジオ地図の最新情報
■公式HP:https://studiochizu.jp/
■Twitter:https://twitter.com/studio_chizu

※今後の社会状況により、会期・内容が変更になる場合がございます。最新の状況は、公式ホームページでご確認ください

【宇宙ミュージアムTeNQ 施設概要】

◇営業時間:7月~8月 平日11:00~18:00/土日祝・特定日10:00~19:00
※最終入館は閉館の1時間前まで
※9月以降は、決まり次第公式ホームページでお知らせします
※営業時間は状況により変更する場合あり。施設状況をご確認の上、ご来場ください

◇入館料:一般1,800円、学生1,500円、4歳~中学生1,200円、シニア(65歳以上)1,200円
※事前購入割引あり(期間指定引換券を公式ホームページからのオンライン、またはセブンチケットで販売中)
※入館は15分ごと。ファミリーデーを除く、4歳未満の入館不可



<新型コロナウイルス感染症拡大防止への宇宙ミュージアムTeNQの取り組みとお客様へのお願い>
 お客様とスタッフの安全・安心を守るために、業界団体のガイドライン等に準じた感染予防対策を実施
しています。

■TeNQでの取り組み

□施設の対策について
・入場は時間別(上映時間にあわせて15分ごと)の定員制です。3密を回避するため、1回の入場に制限を設けています。
・公式ホームページや、セブンチケットにて前売券の購入も可能です。
・飛沫感染防止のため、チケットカウンターと宇宙ストアのレジにビニールカーテンを設置しています。
・日常の清掃、衛生対策の強化、及び扉の取っ手等、お客様の手に触れやすい箇所に関しては、営業中定期的に消毒し、除菌作業を強化しています。
・館内の換気を強化しています。
・館内にアルコール消毒液を設置しています。


消毒、除菌作業の様子


□スタッフの対策について
・スタッフはマスクやフェイスシールドを着用し接客を行っています。
・スタッフは出勤前・出勤中に検温を行うと共に、体調不良者は勤務を行わないようにしています。
・スタッフも頻繁に手洗い・うがい・手指の消毒を行っています。

チケットカウンターの様子


■お客様へのお願い



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内