【東京都美術館】あなたの作品を美術館で展示してみませんか?

2021年6月1日 火曜日 3:18 PM

都美セレクション グループ展 2022 展覧会 企画公募

東京都美術館では「都美セレクション グループ展 2022」の展覧会企画を公募しています。この展覧会は東京都美術館が、新しい発想によるアートの作り手の支援を目的として、企画公募により開催するものです。2012年のリニューアル以来、毎年実施し、2022年は11回目の開催となります。




 東京都美術館という場所の意味やギャラリーA・B・Cという空間の特性を活かした、独自の展覧会企画を募集します。少人数のグループで東京都美術館を使用できる、唯一の枠組みです。

応募条件は出品作家3名以上のグループで、年齢が18歳以上であること、展覧会の開催経験があることなどです。この企画公募のために結成し、グループとしての活動実績が無くても応募することができます。

本企画公募で選抜されて過去に開催された展覧会には、絵画、彫刻、立体、インスタレーション、工芸、書、写真、映像、そしてパフォーマンス等の様々なジャンルや形態の作品が出品されました。同時代美術の発表であり続ける当館の歴史に連なる、幅広く多彩な表現による意欲的な企画案をぜひご応募ください。


審査委員
大谷省吾(東京国立近代美術館 美術課長)
光田由里(多摩美術大学 教授)
山村仁志(東京都美術館 学芸担当課長)

◆ 応募方法
東京都美術館ウェブサイトより募集書類一式をダウンロードして、提出書類を書留郵便で郵送してください。詳細は下記を参照ください。
応募締切:2021年7月9日(金) (当日消印有効)
https://www.tobikan.jp/information/20210401_1.html
問い合わせ先:03-3823-6921(東京都美術館交流係「グループ展2022」担当)

選抜されると
1、ギャラリーA・B・Cのいずれかの会場で、2022年6月上旬から7月上旬のうち4週間程度(搬入出・展示・撤去作業の日程を含む)、展覧会を開催することが出来ます。


10メートルもの吹き抜けの高い天井と、館内でも最大規模を誇るギャラリーA、ホワイトキューブ的なニュートラルな空間の中央に4つの柱を配し、隠し部屋のような趣のあるギャラリーB、5メートルを超える高い天井のスペースと、対照的に天井が低く細長いスペースを兼ね備えたギャラリーCという、いずれも個性的な特徴を持つ、展示しがいのある独特な会場です。
公募展や特別展などを目的に当館を訪れる来館者の多くが、このグループ展にも来場する傾向があります。現代美術に馴染みのない来場者も含めた、大勢の鑑賞者と作品の出会いの場となります。「都美セレクション グループ展 2019」の来場者は、のべ37,323人(21日間)、昨年の「都美セレクション グループ展 2020」はコロナ禍にも関わらず、のべ11,258人(20日間)でした。




2、会場使用料が免除されます。


会場使用料と会場受付スタッフ費用は、東京都美術館が負担します(受付は当館より指定会社に委託)。グループは、搬入出にかかる費用と、作品制作・設営費、展示室の看視スタッフ等の経費負担が必要となります。


3、東京都美術館が記録集を制作・配布します。




東京都美術館が撮影する会場記録画像とともに、開催実績と審査委員の講評を収録した記録集を制作します


(グループの費用負担はありません)。記録集は東京都美術館ウェブサイトに全ページを掲載するほか、全国の美術館・博物館の図書室に無料で配布します。

過去の記録集はこちらでご覧いただけます。https://www.tobikan.jp/archives/publication.html#groupshow


◆今年の展覧会情報 「都美セレクション グループ展 2021」 入場無料
会期:2021年6月10日(木)~6月30日(水) 休室日:6月21日(月)
昨年度の企画公募で選抜されたグループによる3つの企画展を開催します。
https://www.tobikan.jp/exhibition/2021_groupshow.html
・ギャラリーA 「体感A4展」(グループ名:体感展企画室)
・ギャラリーB 「暗くなるまで待っていて」(グループ名:暗くなるまで)
・ギャラリーC 「版行動 映えることができない」(グループ名:版行動)

これまでのグループ展

都美セレクション グループ展公募 第1回 「STAR DUST」会場風景 撮影:ただ(ゆかい)
第3回 都美セレクション グループ展 「祭、炎上、沈黙、そして…POST 3.11」会場風景 撮影:ただ(ゆかい)
都美セレクション グループ展 2018 「蝶の羽ばたき Time Difference 時差 vol.3 New York-Seattle-London-Tokyo」会場風景 撮影:坂田峰夫

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内