【OIL by 美術手帖】注目を集める北九州のスケーターでアーティスト、BABUの個展「YES NO」をOIL by 美術手帖ギャラリーにて6月17日(木)より開催。

2021年6月10日 木曜日 12:18 PM

本展の開催にあわせて、6月17日(木)19時より豪華ゲスト陣によるDOMMUNEスペシャル番組も決定

OIL by 美術手帖ギャラリー(東京都 渋谷区 渋谷PARCO2階)では、北九州を拠点とするストリートアーティスト・BABUの個展を6月17日(木)~6月30日(水)の期間に開催します。東京では4年ぶりの個展となる本展では、新作の平面作品と立体、インスタレーションを発表します。また初日の17日(木)には、豪華ゲスト陣によるDOMMUNEのスペシャル番組配信が決定しました。





概要

北九州に生まれ育ち、現在もこの地を拠点とするBABUは、ストリートアーティスト、スケートボーダー、現代美術家として活動しています。さらに、これらの肩書きにとらわれず様々なスタイルの作品を発表してきました。
国内外のグラフィティライターやスケーターたちからも一目置かれる存在である彼の作品は、映像、グラフィティ、ペインティング、彫刻、インスタレーション、タトゥーなど多岐にわたります。そのどれもがストリートから生まれた表現であり、BABUが描くライン状のグラフィティや、セルフカスタムしたスケートボード、ゴミを組み合わせた彫刻などにはストリートの精神が表現されています。

《MUM》(2021)本展出品作品
《DAD》(2021)本展出品作品

例えば、2006年に発表された初期の代表作である映像作品《ANACONDA》では、スケボーに乗ったBABUが小倉の街を縦横無尽に駆け抜けながら、暗闇の中に1本の白い線を描いていきます。2016年の《GOHI!》では、防護服を着用したBABUが、福島第一原発の隣町で、帰還困難区域となった福島県双葉町の瓦礫の脇を滑り抜けていきます。
東日本大震災や熊本地震の発生時にはすぐに現地に赴き、コロナ危機では初期から意識的に作品をつくるなど、ストリートを取り巻く状況の変化に素早く反応し、制作を行ってきました。

《ANACONDA》(2006)
《GOHI!》(2016)

東京では4年ぶりの個展となる本展では、新作の平面作品と立体、インスタレーションを発表いたします。どうぞご期待ください。


DOMMUNE番組情報

OIL by 美術手帖 presents「BABU - YES NO」展 Opening Party

日時 | 2021年6月17日(木)19:00~23:00/19:00~トーク、21:00~DJタイム
出演者 | 都築響一、毛利嘉孝、森田貴宏(FESN)、JANGO(SIDE CORE)、BIEN、武末昌敬(NEW OLD)、ダボ(kabui)、BABU(未定)
司会 | 辻陽介(HAGAZINE)、宮川敬一(GALLERY SOAP)
DJ| J.A.K.A.M

BABU「YES NO」展のオープニングパーティーを兼ねた本イベントは、前半をトークタイム、後半をDJタイムとして展開。トークタイムには、BABUを知る様々なゲストが登場します。司会を務めるのは、現在ウェブメディア「HAGAZINE」(https://hagamag.com/)にてBABUの伝記「BABU伝――北九州の聖なるゴミ」を連載中の辻陽介と、ストリートのゴロツキだったBABUを現代アートの世界へと引き込んだ小倉のアートスペースGALLERY SOAPディレクターの宮川敬一。後半のDJタイムでは、BABUの映像作品をバックに、J.A.K.A.MがDJセッションを繰り広げます。

<スタジオ観覧について>
ソーシャルディスタンシングを強化し、30人限定でスタジオ観覧者を受け付けます。
*チケット購入方法、料金等については、DOMMUNEウェブサイト他にて後日発表。
場所 | 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO9F「SUPER DOMMUNE」
https://www.dommune.com/


アーティストプロフィール

BABU

北九州在住のストリートアーティスト、スケートボーダー、現代美術作家。国内外各地に赴き、多数のストリートアートを制作する一方、ストリートカルチャーをベースにした、常識をはるかに超えて行く、映像制作、絵画、ドローイング、彫刻作品、タトゥーなどの作品を制作している。スケートボード、廃材、ゴミ、捨てられた絵画などをコラージュした作品や、映像作品は、旅を通じて磨いた独自の感性で制作されている。近年では、現代美術のフィールドでも活躍しており、東京藝術大学、「EAST-EAST: 2020, Vol.3」展(ドバイ)、「Reborn-Art Festival」(宮城)、Bギャラリー(東京・BEAMS JAPAN)、ワタリウム美術館(東京)、「VOCA展2018」(東京)、GALLERY SOAP(福岡)、「HOTEL ASIA」展(ウィーン、バンコク、重慶など)、北九州市立美術館、熊本市現代美術館などでも作品を発表している。

BABU個展「障害+ART 50-0」(2019、GALLERY SOAP)インスタレーションビュー



展覧会詳細

展覧会名 |YES NO
アーティスト|BABU
会場|OIL by 美術手帖
会期|2021年6月17日(木)~6月30日(水) ※会期中無休
開場時間|11:00~20:00
入場|無料
主催|OIL by 美術手帖
企画協力|GALLERY SOAP
お問い合わせ|03-6868-3064(営業時間内)/ oil_gallery@bijutsu1905.co.jp

※OIL by 美術手帖の営業時間は館の営業時間に準じます。状況に応じて変更の可能性がございます。最新の情報は渋谷PARCO公式ウェブサイトをご確認ください。 https://shibuya.parco.jp/


作品販売について

本展出品作品は、アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」でも販売いたします。
・オンライン販売:6月18日(金)16:00~

販売URL:https://oil.bijutsutecho.com/gallery/733

※会場での販売開始後の公開となります。
※作品によっては公開時にSOLD OUTの可能性もございます。予めご了承ください。


ギャラリー情報

OIL by 美術手帖(ギャラリー)

住所 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ2階
電話番号 03-6868-3064
MAIL oil_gallery@bijutsu1905.co.jp
アクセス 渋谷駅ハチ公口徒歩5分
URL https://oil-gallery.bijutsutecho.com/
Twitter @OILbyBT
Instagram @OILbyBT


アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」とは?

これまでアートシーンの動向を伝えてきた『美術手帖』が、日本を代表するギャラリーやアートストアとともにつくる“オンラインでアート作品を購入できるサービス“です。メディアとしてアートと社会をつなぐ役割を担ってきた『美術手帖』は、このサービスを通じて「アート作品の購入」という体験をお届けします。
2019年秋に渋谷パルコの2階にギャラリーをオープン。〈Gallery〉〈Cafe〉〈Shelf〉という3つの機能を展開し、アート作品との出合いの場を創っています。

https://oil.bijutsutecho.com/


CCCアートラボとは?

CCCアートラボは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する生活提案をするチームです。アートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。また、店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、わたしたちだからできるアプローチで企画提案を行います。
https://www.ccc-artlab.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内