槙田商店初の主催展覧会「花、ひらく」をFUJIHIMUROにて開催します

2021年6月24日 木曜日 5:48 PM

~見て、触れて、楽しめる織物でできた花畑の展覧会~

株式会社 槙田商店(本社:山梨県南都留郡西桂町小沼 1717 代表取締役:槇田則夫)は、7月2日(金)より、初の主催展覧会を開催します。「花、ひらく」と題し、季節の花々を織り描いた「絵おり」シリーズを中心とした空間展示や、若手社員による仕事の裏側を紹介します。江戸時代から続く織物の技術に触れられる展示や、ワークショップといった特別企画も。期間中は展示会場での物販も行います。






「花、ひらく」開催の背景



槙田商店は、創業150年の老舗織物工場です。毎日生地を織り、その生地を使った様々な自社製品の傘を展開しています。そうした中で、山梨県外でのイベントにも、これまで多く出展の機会をいただいてきました。普段は販売が主ですが、今回は展示をメインとした取り組みになっています。商品を手に取ってもらうのはもちろん、空間を彩ることで「槇田商店の傘」をより多くの人に見てほしい。そう思っていたところ、地域の製氷工場を改装し、2019年にオープンしたギャラリースペース・FUJIHIMUROで発表する機会をいただきました。また、地域での開催ということで、普段はなかなか店頭には立てない職人たちにも立っていただき、お客さまをお迎え出来たらと考えています。初の試みとなる主催展覧会では、傘をふんだんに使った空間展示やワークショップを企画し、大人も子どもも楽しめる内容になっています。見て、触れて、楽しめる織物でできた花畑の展覧会にどうぞ足をお運びください。


「花、ひらく」展示内容
1.installration〈傘をふんだんに使った空間展示〉



会場となるFUJIHIMUROは4部屋に分かれており、部屋ごとにテーマが設定されています。今回のメインは、「ひまわりの部屋」です。細い糸を緻密に織ることで、絵画のような季節の花々を描いた「絵おり」シリーズ。その代表格である「向日葵」を、高低差を付け設置することで、ひまわり畑を表現した空間になっています。緻密で繊細な織物だからこそ、この花畑は完成します。そのほか、同シリーズの「紫陽花」の部屋や、若手社員が独自の視点で「槙田商店の仕事」を紹介する部屋、物販スペースなどもご用意しています。

2. Workshop「お絵かきファブリック」



7月17日(土)限定で、みなさんの描いた絵を織物にするワークショップを開催します。用意したクレヨンを使い、花の絵を自由にお描きください。後日、描いた絵と一緒に織物をお届けします。
日時 7月17日(土) 1.11:00~ 2.14:00~
定員 各回5名
申し込み方法:下記のフォームよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeyE9XTuxk3CWHh90JouXL_sp6uFbkyHqN6A6NGJXUWS5HKtQ/viewform


【見て、触れて、楽しめる織物でできた花畑の展覧会「花、ひらく」を開催】
日程:2021年7月2日(金)~8月2日(月)
時間:11:00~17:00  定休日:火・水・木
会場:FUJIHIMURO (〒403-0009 山梨県富士吉田市富士見1丁目1-5)
主催:槙田商店
企画:装いの庭
協力:NPO法人かえる舎/ふじよしだ定住促進センター

使用イメージ写真
https://drive.google.com/drive/folders/109E9O0M5ayHOEIwzcaZXfkDZjhASYbRA?usp=sharing


【会社概要】
会社名:株式会社槙田商店
所在地:山梨県南都留郡西桂町小沼 1717
代表者:代表取締役 槇田則夫(マキタノリオ)
設立:1979 年
URL:https://www.makita-1866.jp
事業内容:服地、傘生地、傘の製造・卸・販売


槙田商店について
槙田商店の作る生地は、郡内織物の特徴でもある先染細番手の糸を使用した、ジャカードテクニックを活かした生地が特徴です。服地においては、雑誌「Pen」の、日本を代表するアパレルブランド「イッセイミヤケ」の特集の中でも、その物作りをバックアップするメーカーとして紹介をされました。その他にも、海外ビッグメゾンの服地や、スペインの靴ブランド「Camper」のバッグにも採用されるなど、国内外でも高い評価を得ています。

また、服地で培った多様な織技術・ノウハウや、傘製品を自社製造できるという点を強みとして活かし、他では展開できないような「織」に着目した自社オリジナルの傘製造を始め、現在は都内セレクトショップ等多くの店舗にオリジナル傘を取り扱っていただくようになりました。傘生地作りに興味を持つ新規の分野との取り組みもはじまり、革新的腕時計のベンチャーブランド「Knot」の腕時計のベルトに採用されるなど、傘生地の可能性にもトライをしています。

アーカイブ資料・生地





織機、職人作業の様子





その他の商品、イメージ写真




200

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内