夏の風物詩!山口県「錦帯橋のう飼」、7月1日から開催

2021年6月25日 金曜日 4:18 PM

感染予防対策を徹底し、乗合船も復活


夏の風物詩として知られる「錦帯橋のう飼(うかい)※」が、今年も山口県・岩国市にて開催されます。例年、錦川の鮎漁解禁の6月1日に合わせて開幕していましたが、昨年に引き続き新型コロナウイルスの影響により、開始日を延期し7月1日(木)~9月10日(金)まで開催されます。
※「錦帯橋のう飼」と続けて書く場合は、「う飼」と表記しています。


鵜飼とは、鵜を使って鮎を獲る漁法で、鮎漁が解禁となる夏の夜、清流・錦川に架かる日本三名橋のひとつ、錦帯橋のたもとで行われます。錦川での鵜飼の起源はおよそ400年前、ときの岩国藩主・吉川公も愛でた夏の風物詩で、寛永年間(江戸時代初期)の記録に登場します。現代の鵜飼は、昔ながらの漁法をできるだけ再現したもので、夏の限られた期間、遊覧船(屋形舟)に乗って観賞していただけます。また、今年度は貸切船だけでなく、昨年度は新型コロナウイルスの影響で中止となった乗合船も運航を再開するほか、毎年恒例のゆかたDAYなどのイベントも予定しております。

夏の夜空の下、美しくライトアップされた錦帯橋を背景に、鵜舟のかがり火が錦川の川面に映る中、烏帽子や腰蓑など古式豊かな衣装に身をつつんだ鵜匠(うしょう)が、巧みな手縄(たなわ)さばきで鵜をあやつる様は、季節の移り変わりを感じることのできる幻想的で神秘的な光景です。


<新型コロナウイルス感染予防対策>
・人と人の間隔を確保するため、乗船定員は最大乗船人員の約7割といたします。
・船、アクリル板、設置救命用座布団、テーブルはアルコール消毒をいたします。
・乗船前に受付にて、手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・受付にて検温をした際に37度5分以上の方は、ご乗船をお断りします。
・お客様は、お食事の時以外は、マスクの着用をお願いいたします。
・泥酔者のご乗船は、お断りします。
・受付係はマスクを着用し、お客様との距離をとらせていただきます。
・船頭は操船時のマスク着用は任意とし、それ以外の時はできるだけ着用します。
・新型コロナウイルス感染拡大防止に係る同意書及び乗船者全員の名簿(氏名、住所、電話番号)を提出していただきます。

開催要項

鵜飼遊覧
運航期間:2021年7月1日(木)~9月10日(金)
運航時間:19:00~21:00(約2時間)
料金:大人(中学生以上) 2,200円 、小人(小学生) 1,100円
※小学生未満のお子様は2名で1名分の小人料金(2歳以下は無料)

■貸 切 船
・大人6名様以上から承ります。
・6名様未満の場合は、大人6名様の料金にて承ります。
・ご予約は、5日前までにお願いいたします。

■乗 合 船
・乗合船のテーブルには、新型コロナウイルス感染防止の為、お客様のグループ別にアクリル板を設置いたします。
・ご予約は、5日前までにお願いいたします。

ゆかたDAY


浴衣で「鵜飼遊覧」に乗船される方のお得なプラン
開催日:7月4日(日)~7月9日(金)(七夕ウィーク)・7月20日(火)・8月5日(木)
大人 乗船料+お弁当+お茶代 3,200円
小人 乗船料+お弁当+お茶代 2,200円(小学生のみ)


「開催要項」に記載された金額は、すべて税込み価格です。予約方法や注意事項は、公式ホームページ(http://ukai.iwakuni-city.net/)をご覧下さい。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内