WATOWA GALLERY | GIL KUNO SOLO EXHIBITION 開催

2021年7月14日 水曜日 4:18 PM

2021.7.25 (SUN) - 8.3 (TUE) 12:00 - 19:00 at elephant STUDIO 1-2F

NYを拠点として国際的に活動するアーティスト、ギル久野の個展「UNSOUND ∞ UNBOUND」 新作9点、日本初公開インスタレーションを含む、約15点を展示







2021年7月25日(日)~8月3日(火)の期間中、アートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY(ワトワギャラリー)」のプロデュースにより、ニューヨークを拠点として国際的に活動するアーティスト、ギル久野 のソロエキシビジョン「UNSOUND ∞ UNBOUND」 を、渋谷区渋谷二丁目のオルタナティブスペース「elephant STUDIO」にて開催いたします。

ギル久野は、“世の中のカオスを表現し、現実認識を打ちのめすアーティスト”として、映像、写真、版画など、幅広い表現で作品を作り出しています。本展では、“未来の掛け軸”をイメージして制作された、1960年代にバスや空港で掲示板として使用されたアナログなメカニカルディスプレイ技術によって滝が映し出される「Waterfall」シリーズをはじめ、新作9点を含む約15点が2フロアにわたって展示されます。2F会場では、ピンポン台を楽器として生まれ変わらせたインスタレーション「Pingphony」を日本初公開。ピンポンをプレイする音声をコンピュータ処理することで毎回異なる楽曲が奏でられる、過去にはポーランドでオノ・ヨーコやジョンケイジなどと並んで展示された注目の作品を、実際に体験することができます。

世の中の一元性/二元性やカオスが表現されるギル久野の作品群は、一見日常的に見慣れないものでも、じっくりと鑑賞していると、私たちをとりまく有機的な現象を想起させます。現実認識を打ちのめす、「UNSOUND ∞ UNBOUND」にご期待ください。


OUTLINE
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GIL KUNO SOLO EXHIBITION
“UNSOUND ∞ UNBOUND”


日程   2021年7月25日(日) - 8月3日(火) 10日間
時間   12:00 - 19:00
場所   elephant STUDIO(東京都渋谷区渋谷2-7-4 1,2F)

来場   下記URLからの予約制
https://artsticker.app/share/events/detail/681?utm_source=app&utm_medium=share_link&utm_campaign=search_bar

料金   観覧料¥500(税込)~
*自身で金額を決定するドネーションシステム(ミニマム500円から入場料を自身で決定し、それが若手アーティスト支援のためのドネーションとなるシステム。アーティスト支援と国内アートシーンの活性化を目的としたアートアワード WATOWA ART AWARD 2021 EXHIBITION に寄付されます。)
*WATOWA ART AWARD については下記URLよりご確認ください。
http://www.watowa.jp/news/2021/07/watowa-art-award-2021.html

*7月29日(木)は観覧無料。

主催   WATOWA GALLERY
HP.    http://www.watowa.jp/news/2021/07/gil-kuno-solo-exhibition.html
IG.    @watowagallery https://www.instagram.com/watowagallery/

問合せ先 info@watowa.jp *メールのみ


ARTIST's PROFILE
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


GIL KUNO ギル久野

アメリカ・ロサンゼルス出身。UCLAでメディアアートを専攻、ニューヨーク在住。オルタナアートサイト UNSOUND.COM、インターネットバンド WIGGLE、 FLOW、Six String Sonics, The (ギター解体ユニット)など、活動は広く世界的に評価されている。

HP. http://www.unsound.com
IG.  @gilkuno https://www.instagram.com/gilkuno/


【アートフェスティバル】
文化庁メディア芸術祭(過去4回受賞)、Ars Electronica(3回招聘)、恵比寿映像祭、六本木アートナイト、Rotterdam国際映画祭、 World Wide Video Festival(Amsterdam)、Fringe Festival NYC、Glow Festival(Los Angeles)、WRO Festival(Poland) 他

【展示・パフォーマンス】
国立新美術館(東京)、東京都写真美術館(東京)、Zerospace(New York)、Waterfall Gallery(New York)、The Hammer Museum(L.A.)、Castillo de Rivoli(Italy)、Center for Contemporary Art Zamek Ujazdowski(Warsaw, Poland)、CSW Torun(Poland)、New York Fringe Festival、Torrance Art Museum(L.A.)、JACCC(L.A.)、MCM Gallery(Serbia)、House of Legacy(Serbia)、New Wight Gallery(L.A.)、LACE Gallery(L.A.)Laforet Harajuku(東京)、Panke Gallery(Berlin)、ORF(Austria)、Art|Sci Gallery(L.A.)、Fuji Rock Festival(苗場)、Melkweg(Amsterdam)、Schouwburg(Rotterdam)、The Sprawl(London)、Liquid Room(東京)、Womb(東京)、Club Asia(東京) 他

【コラボレーション】
EYƎ Yamantaka(Boredoms)、Yoshimi(Boredoms, OOIOO)、Ken Ishii)、山川冬樹、Merzbow、大友良英、Battles、Vincent Gallo、吉田達也 (Ruins)、Carl Stone、Alec Empire(Atari Teenage Riot)、Steve Albini(Big Black, Shellac)、Cristian Vogel、Zbigniew Karkowski、Atau Tanaka、GX Jupitter Larsen(The Haters)、Nissennenmondai、Christian Galarreta、Joseph Hammer 他




STATEMENT
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


我々は社会によって、特定の思考「パターン」を強いられてきた。私は、これらのパブロフの「パターン」から心の流れを変えたいと思っている。作品を通して、自然現象をその文脈から抜粋、これまでの「パターン」の中で見られなかった不条理なメタファーをあらわにしたい。

偶然性(チャンスオペレーション)を促すシステム、誇張された知覚、脱線した現実、一般的な「体験」の再構築など、さまざまなテーマや方法論を通じて人々をパラダイム的思考(パターン)から遠ざけることを目指しています。

GIL KUNO


from WATOWA GALLERY
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギル久野が生み出すアートやパフォーマンス、インスタレーションは、原始的な部分とテクノロジー、歴史と今が程よく交差し、それでいて子供心を思い出させてくれる発明と言える。

そして、なんといっても感覚が日本的である。ウォーターフォール・シリーズにおける掛け軸的な発想、妊娠ギターとインポテンツギターにおける漫画ちっくさ、この絶妙な感覚バランスは、JAPANESE POP ARTと表現しても良いのではないだろう か。ギル久野の、日本的感覚を持つ発明の数々を、観て、感じて、遊んでほしいと思う。

WATOWA GALLERY 代表
小松隆宏


about WATOWA GALLERY
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



WATOWA GALLERY は、現在の日本のストリートカルチャーやファッション、あるいは独創的かつ先進的なテクノロジーやジャパニーズフィロソフィーを取り入れた新しい感性を持つ若手の作家を中心に、アート・コミュニケーションの場を提供するアートプロジェクトプロデュース集団です。アートがファッションのように親しみやすいカルチャーとなり、ひとりひとりのライフスタイルに溶け込む社会を拓くため、新しい感覚のエキシビションや、アートプロジェクトのプロデュース・演出を行い、アートに触れるタッチポイントを拡大します。

現在も国内外で評価されている主要なアートムーブメントの多くは、ミュージアムの外で、そして多様なジャンルのアーティストと支援者との交流によって生まれています。わたしたちは特定のアートスペースを持たず、あらゆる空間をギャラリーと捉え、アートをミュージアムからコミュニティへ、都市へ、住空間へ開放し、ミュージアムの外からさまざまな分野のプロフェッショナルと横断的なアートプロジェクトを発信します。さらに、日本の若手アーティストの活躍と日本の若手コレクターの参入をサポートし、アーティストと支援者の交流を促進します。

WATOWA GALLERY を媒介とした新しいコミュニケーションやコミュニティによって、次の時代のアートシーンを創造し、市場の活性化を目指します。

HP.  http://www.watowa.jp/news/index.html
IG.  @watowagallery https://www.instagram.com/watowagallery/
CONTACT.  info@watowa.jp


ART IN TIMES OF CORONAVIRUS
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WATOWA INC. / elephant STUDIO では、アートは社会を豊かにする力を持っていると信じております。 危機的状況にある社会の中、困難な時だからこそ、アートを部屋に飾ることで、少しでも "HOPEFUL" な気持ちになっていただければ幸いです。開催にあたり、感染症の被害拡大の防止策として、アルコールジェルを用意させていただき、下記の通り運営させていただきたます。ソーシャルディスタンスを保ちながら、作品を鑑賞いただきますようお願いいたします。

*出入口にて、入場者の検温・消毒・人数カウントを実施いたします。また、発熱症状等が認められた場合は入場をお断りさせていただきます。
*アポイント制となります。1フロアの入場人数を制限しておりますので、お待ちいただく可能性があります。 ご予約のないお客様のご来廊は遠慮させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。
*1,2F とフロアがございますが、1フロアあたりに入場いただくお客様は最大 5 名とさせていただきます。それ以上になる場合は入場制限をさせていただく可能性がございます。
*マスク着用にご協力ください。
*会場内ではこまめな手洗い、アルコール等による手指消毒をお願いします。
*発熱や咳等の症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
*コロナ感染拡大予防のため、ご来場の皆さまのご署名、ご連絡先をいただきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内