和歌山の演劇を盛り上げる。「きのくに舞台芸術演劇祭」開催決定。カンフェティでチケット発売。

2021年7月21日 水曜日 8:18 PM

劇団ZERO(代表:島田忠)主催による「きのくに舞台芸術演劇祭」が2021年11月17日(水) ~11月20日(土)に和歌山城ホール(和歌山県和歌山市)にて開催されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松大剛)にて7月15日(木)より発売開始いたしました。一部カンフェティ限定割引チケットも販売します。


「きのくに舞台芸術演劇祭」4公演
カンフェティでチケット発売中


『 愛と奇跡の舞台 』
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61709&
『 結社わだち/KN企画公演 花咲く乙女の子守唄 』
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61710&
『 さくらさくらカンパニー公演 リトル・プリンス 』
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61711&
『古代わかやまの女王伝説「名草姫」 』★カンフェティ席1,000円割引!
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61712&

公式ホームページ
https://gekidan-zero.jimdofree.com/





■団体概要
劇団ZERO(公式ホームページより)
1989年、良質の舞台作品を創り出し、世に送り出すという目的のもとに劇団を結成以来、私たちは、観る人の心に華やかな世界を送り続けるべく、和歌山市を中心に作品を制作上演してきました。心に残る音楽とダンス、華麗な舞台は確実にファンを増やしてきています。
現在団員は約20名。団員一同、皆様に夢と感動を与える舞台創りをモットーに新しい舞台創りに挑戦していきます。
また舞台をとおし夢と感動を共有する、そのために最大限の努力を尽くすことが私たちの姿勢です。
そして今後も舞台文化と市民社会との触れ合いを広く深く浸透することを目指し、舞台芸術界に新しい流れを創り出していきたいと思います。

劇団代表 島田 忠


『愛と奇跡の舞台』

公演日時:11月17日(水)14:30
チケット:前売 1,000円
     当日 1,500円(全席自由・税込)

第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会
きのくに舞台芸術演劇祭

1 新感覚朗読劇で語る伝わる物語集「きのくに夢物語」
出演 渚会
2 シャンソン歌手MIYAが歌と語りで綴る感動の半生
「歌ある限り」
3 中西健志による英語スピーチ
「Picture The Future(夢を描く)茶道の心を持って~」
4 ストーリーテラー サヤ佳が心を込めて贈る朗読劇
「ランプの夜~学芸会のための一幕劇~」「いのち」
5 児童文学作家たかだゆき子のゆっこりん一座&劇団ZER
Oによる演劇
「ゆっこりんと思いやりの花を咲かせよう」作たかだゆき子

スタッフ:愛と奇跡の舞台実行委員会


『結社わだち/KN企画公演 花咲く乙女の子守唄』

公演日時:11月18日(木)18:00
チケット:前売 1,000円
     当日 1,500円(全席自由・税込)

第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会
きのくに舞台芸術演劇祭

大切な日に交わされる母と娘の優しい会話。美しい花だけが知っている。彼女の秘密の物語。これは、私とお母さんが生きた物語。これは、私があなたに伝えたい想い。「ねえ、あなたの人生は幸せだった?」

出演:寺嶌奈穂美(結社わだち/KN企画) / 岩切志穂(シアターOM)
音楽・ピアノ: 松本有加

演出: 衣川博志

<結社わだち/KN企画>
「名作文学を身体パフォーマンス、せりふ、歌、朗読、楽器の生演奏等で再構成し舞台上に五感化したい」その欲求達成のため結成された演劇ユニットです。立つ、座る、歩く、転ぶ、這う、転がる、飛ぶ、浮かぶ、捻る、歌う、喋る、叫ぶ。舞台上には役者の軌跡だけが残る。をコンセプトとして、現在はオリジナル作品の公演にも力を入れています。


『さくらさくらカンパニー公演 リトル・プリンス』

公演日時:11月19日(金)18:30
チケット:前売 1,000円
     当日 1,500円(全席自由・税込)

第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会
きのくに舞台芸術演劇祭

「ねえ、羊の絵をかいて」飛行機のトラブルで砂漠に落ちた私の前に突然現れたひとりの少年。彼は星の王子さま。地球から遠く離れた星から旅をしながらやってきたのだという。どうして星は笑っているの?どうして砂漠はきれいなのか。「本当に大切なものは、目にみえないんだよ」彼の話を聞きながら、私は私の中の「僕」を探し始める

出演:さくらさくらカンパニー
脚本・演出: 中野圭子

<さくらさくらカンパニー>
枚方市に拠点を置き、関西を中心に東京でも上演を行うエンターテインメント集団。2003年に結成してから年に2~3本の演劇・ミュージカルステージと各種イベント公演を行っています。2006年ニューヨーク国際演劇祭にて代表作「さくらのごとく~新選組桜新説~」を上演し、審査員特別賞を受賞。


『劇団ZERO公演 古代わかやまの女王伝説「名草姫」』

公演日時:11月20日(土)17:00
チケット:全席自由(前売):2,000円(税込)→ 1, 000円割引!カンフェティ席:1, 000円!

第36回国民文化祭・わかやま2021 第21回全国障害者芸術・文化祭わかやま大会
きのくに舞台芸術演劇祭

第36回国民文化祭 きのくに舞台芸術演劇祭
劇団ZEROの「名草姫」は、わかやまで永く語り継がれてきた古代わかやまの女王伝承を元に創作したものです。
名草戸畔とは、名草郡(現在の和歌山市、海南市)にはるか紀元前に実在したといわれる女性首長のことです。

出演:藤本理恵 / 島田忠 / 川端恵 / 山田浩二 / 石村渚 / 山田也華 / 児島良孝 / 野田和豊 / 他
スタッフ:島田万里子 / 石原直盛 / 中口正浩

<劇団ZERO>
1989年、良質の舞台作品を創り出し、世に送り出すという目的のもとに島田忠を中心に劇団を結成。代表作にシェイクスピアシリーズ他。
和歌山県文化奨励賞・和歌山市文化奨励賞・大桑文化奨励賞を受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内