東京や日本の魅力を国内外に発信するツーリスト・コミュニケーション・センター「Have a Nice TOKYO!」開業

2021年9月14日 火曜日 3:18 PM

~地域との出会いの場を創出し、日本の技術向上や次世代支援、地方創生に寄与~

 三菱地所株式会社は、東京や日本の魅力を国内外に向けて発信するツーリスト・コミュニケーション・センター「Have a Nice TOKYO!(ハブ ア ナイス トウキョウ) 」(略称:HaNT(ハント))を本日9月14日にグランドオープンしました。


(左から)三菱ビル1F「Have a Nice TOKYO!」入口、内観
 本施設は、東京や日本全国の観光資源・文化・食・技術といった多彩な魅力を国内外に向けて発信する場として、(1)観光機能、(2)情報発信機能、(3)物販機能の3つの機能を有しています。コロナ収束後の需要拡大を見据え、丸の内エリアの就業者や来街者、国内外の旅行者等が各地の魅力と偶発的に出会うリアルなハブ拠点となることを目指し、「東京」駅徒歩3分の三菱ビル1階に誕生しました。近接するカフェスタンド「Marunouchi Happ. Stand & Gallery(以下、Happ.)」では提携施設として企画と連動したメニューを提供する等、東京に居ながら日本各地の魅力を感じられる仕掛けをまちぐるみで展開していきます。
公式サイト:https://haveanice.jp/






「Have a Nice TOKYO!」について


 本施設は、東京や日本全国の観光資源、文化・食・技術といった多彩な魅力を五感で体験することで、その地を訪れたいという興味を持っていただく場として、観光・情報発信・物販の3つの機能を有しています。
 施設名称には、多面的な魅力を持つ東京をより深く楽しんでもらい、東京にいながら日本各地の魅力を五感で体験できるサービスを提供したいという想いを込めて「Have a Nice TOKYO!」としました。
本施設ロゴ


【各ゾーンについて】


<内装について>
・和歌山産の木材や大谷石など、古くから日本で利用されている天然素材を活かした作りとなっており、企画内容に合わせて「積木」で作られた壁面に展示棚やテーブルを組み込むことで自由なレイアウトができるほか、エントランスには約10mの「広告暖簾」を掲出することが可能です。

<POP UP ZONE>
・入れ替わり制の情報提供スペース「POP UP ZONE」(約120平方メートル )では、各種展示やオンラインツアー、ワークショップ等のコンセプト発信型イベントが実施可能。大型4Kモニターを活用し、HaNTに居ながら各地の観光地を巡るツアーの開催場所としてもご利用いただけます。
(左から)オンラインイベントも可能な大型4Kモニター、可変性のある什器、木を基調としたデザインの空間
・「POP UP ZONE」の出展者は、主に地方行政・伝統工芸技術者・観光事業者等を想定。出展者にとって“上質・本質・ホンモノ”の観光資源・名産品・技術・サービスを紹介する場所として本施設を活用いただけます。また、丸の内を行き交う人々から展示内容の感想等を直接ヒアリングしたり、アンケートの実施などでフィードバックを得たりすることで、技術・商品・サービス向上に繋げることが可能です。そうした循環により日本の技術向上や次世代支援、地方創生を支援する“接点の場”となることを目指しています。なお、「POP UP ZONE」には、展示用の棚・椅子・テーブルが事前に準備されており、出展者の設営の時間や負担を大幅に軽減できます。
・来訪者には、地方の観光資源や工芸品や新技術を手に取り、見て体験することで地方訪問や支援などへのきっかけを提供します。リモートワークやワーケーション、多拠点生活など働き方やライフスタイルが多様化する中で、本施設が日本各地の魅力を知り、その土地に関わるきっかけとなることも企図しており、HaNTで体験して気に入った各地の商品や取り組みを、その場で二次元コードからクラウドファンディングを実施できたり、ふるさと納税等のWebサイトにアクセスして応援できたりする仕組みも導入を検討中です。

<情報カウンター>
・東京と日本の魅力を伝える「情報カウンター」(1ブース2.5m×9ブース)では、エリアマップ・店舗ガイド・イベント情報等のパンフレットコーナーを設置。将来的には、多様なツアーや観光ビークルの提供、チケット販売や荷物預かりサービス等を提供する予定です。
(左から)9ブースある「情報カウンター」、企画に関連するパンフレットコーナーとして活用可能

<ユーティリティスペース>
・「ユーティリティスペース」(約30平方メートル )では、クローズドなイベントの開催や、観光系の教育プログラムの会場としての利用も可能です。
着席形式で10名程度が利用可能

<SHOP ZONE>
・「SHOP ZONE」(約90平方メートル )は、「POP UP ZONE」で開催する催事やイベント企画等と連動し、日本全国の名産品等の物販が可能なスペースとして活用いただけます。なお、名産品の試食サービスにも対応した設備が整っています。
三菱ビル1階共用廊下に面する「SHOP ZONE」は行き交う人々が立ち寄りやすい開かれた空間



施設概要

<施設名称
Have a Nice TOKYO!(ハブ ア ナイス トウキョウ)(略称:HaNT)

<所在地>
東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル1階

<アクセス>
JR「東京」駅徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「東京」駅徒歩3分、東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅徒歩1分

<運営>
グッドモーニングス株式会社

<グランドオープン>
2021年9月14日

<営業時間>
平日・土日祝9:00~21:00(開催イベントにより変動)

<利用用途>
POP UPスペース・物販スペース

<公式サイト>
https://haveanice.jp/

<公式Instagram>
https://www.instagram.com/haveanicetokyo/

<公式Facebook>
https://www.facebook.com/HaveaNiceTOKYO

<公式Twitter>
https://twitter.com/haveanicetokyo




の内エリアのまちづくりコンセプト:「丸の内Reデザイン」



三菱地所は、2020年以降の丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)におけるまちづくりを「丸の内NEXTステージ※」と位置付け、“人・企業が集まり交わることで新たな「価値」を生み出す舞台”を創造していきます。「丸の内Reデザイン」はその実現に向け、まちづくりのあり方から変えていくコンセプトワードです。
※始動リリース: https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec200124_marunouchinext.pdf


【参考1】提携施設「Marunouchi Happ. Stand & Gallery(Happ.)」について 

 2018年5月、丸の内仲通り沿いに誕生したHapp.は、単なる貸出スペースやシェアプレイスとは異なり、季節に応じて企業や地域とのコラボレーションにより、“うつりかわる季節の体感”や“これまで丸の内になかったもの”をコンセプトにフードメニュー、ドリンクメニューやカフェ空間のレイアウト等が変化するパブリックカフェです。丸の内エリアの「賑わい創造の拠点」として利用者にデイリーユースいただきながら、これまで丸の内で出会えなかったモノ・コトと遭遇し、新たな発見や刺激を体感いただけるように、客席スペースをギャラリースペースとしても活用。ポップアップショップや展示企画、トークショー、ワークショップ等様々な取り組みを企画・展開しています。
・所在地:東京都千代田区丸の内2丁目5-1 丸の内二丁目ビル1階
・URL:http://marunouchi-happ.jp/
*新型コロナウイルスの影響により、営業時間を変更している場合があります。




【参考2】HaNT活用イメージ ※プレオープン期間での活用例(一部) 




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内