源氏物語×シャンソン=シャンソマニア!! 華麗なる王朝絵巻の陰に隠された女の嫉妬、怨念がライバルを執り殺す! 花組芝居「シャンソマニアII~葵~」カンフェティにて10月16日よりチケット発売!

2021年10月14日 木曜日 6:48 PM

公演ビジュアルも解禁!

花組芝居「シャンソマニアII~葵~」が2021年11月26日(金)~12月5日(日)にあうるすぽっと(東京都豊島区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて10月16日(土)より発売開始です。


カンフェティにて10月16日(土)10:00よりチケット発売開始!
http://confetti-web.com/hanagumi2021

公式ホームページ
https://hanagumi.ne.jp/




◆あらすじ
光源氏の正妻・葵が懐妊したと聞き、気位の高い愛人・六条御息所は嫉妬に悩む日々。自分でもそんな心をあさましいと責めつつ、いつしか生霊となって葵を苦しめる。ほどなくして葵は男の子を出産するが、はかなく身罷ってしまった。深い悲しみの中、左大臣邸で四十九日の喪に服した源氏が久しぶりに館へ帰ってみると、最愛の女性の面影を映す少女・紫の上はかがやくばかりに美しく成長していたのだった…。

◆源氏物語×シャンソン=シャンソマニア!!
20以上の言語に翻訳され、千年読み継がれる日本の古典「源氏物語」。日本人なら誰もが知ってるこの作品ですが、案外“原文”で読んだ方は少ないのでは?? そこで、そのままだと難しい原文を現代語訳と同時に音読。さらに日本古来の愛の物語を、愛する歌の代表格“シャンソン”にのせて舞台化したのが初演の『シャンソマニア』です。

◆2021年は『シャンソマニアII~葵~』
“桐壺の巻”を上演した2003年から早18年。ついに続編の登場です。華麗なる王朝絵巻の陰に隠された女の嫉妬、怨念がついにライバルを執り殺す! 「源氏物語」の中でもひときわインパクトのある第九帖「葵」の世界を描きます。
シンプルな白い衣裳にこれまたシンプルな椅子のみのセットが特徴的だった初演。さて、今回はどのような演出になるのでしょうか? もちろん今回も豪華生演奏にて上演いたします。乞うご期待!





●原作/紫式部
●脚本・演出/加納幸和
●出演:加納幸和 原川浩明 山下禎啓 桂憲一 大井靖彦
    北沢洋 横道毅 秋葉陽司 磯村智彦 小林大介
    谷山知宏 丸川敬之 押田健史 永澤洋 武市佳久
●演奏/芹田直彦グループ

■ 公演スケジュール
2021年11月26日(金)~12月5日(日)

■ チケット料金
【前売】
一般/6,500円
U-25割引(25歳以下、入場時要身分証)/4,000円
豊島区民割引(豊島区在住・在勤・在学、入場時要身分証)/6,000円
花組支援セット(数量限定)/3,500円

【当日】※各回開演の1時間前より劇場受付にて販売
一般/6,900円
U-25割引(25歳以下、入場時要身分証)/4,400円

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内