松竹が手がける東銀座の新たな芸術祭「アートコネクト東銀座」開催決定!

2021年11月24日 水曜日 7:19 PM

築地川の再現アートと、竹アートで造るスクリーンへのプロジェクションマッピングが共演

松竹株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 迫本 淳一)が運営する東銀座エリアマネジメントプロジェクトは、このたび108 ART PROJECTとともに、銀座松竹スクエアにて、2021年12月3日(金)から「アートコネクト東銀座」を開催する運びとなりました。


このプロジェクトでは、「今と昔をアートで結ぶ」ことをコンセプトに、アートオブジェとプロジェクションマッピングインスタレーションの2作品を展示します。歴史ある東銀座の魅力を、光と音、和と雅で彩る新しいアートの舞台が誕生します。
ポスタービジュアル

「アートコネクト東銀座」作品紹介

アート展示「川の橋、そして時々滝 ~銀座の今昔~」 原倫太郎+原游 

アートオブジェ 展示イメージ
<日時>
2021年12月3日(金)~ 終了日未定
※鑑賞無料

<内容>
かつての銀座は川が流れ、多くの橋が架かっていましたが、今ではその名残を感じる場所も少なくなりました。川と橋のアートオブジェは江戸から明治、大正、現代までの時代の変化を表現し、かつて水都であった銀座を思い起こします。

原倫太郎+原游
インスタレーション作家の原倫太郎と画家の原游によるアーティスト・ユニット。2019、2020年「水遊び博覧会」では川に船を流して遊べる「ウォーター・ビレッジ」を展開するなど、子どもから大人まで遊べる体験型の作品が多く、本作品では、ビルの中に川を再現するという新たなプロジェクトに挑戦します。


プロジェクションマッピングインスタレーション「月の音 風の光 COLORs CREATION×三橋 玄 

プロジェクションマッピング 展示イメージ
<日時>
2021年12月20日(月)~28日(火) 毎日17:00~21:00
※時間内常設上映 鑑賞無料

<内容>
満月から新月の期間だけの特別なデジタルアートインスタレーション。
竹アーティスト三橋玄が創作する「竹」という自然素材の柔らかくも力強い造形に映像が彩りを与え、
ゆったりとした時間と空間を生み出します。都会の喧騒の中で、月や森、海や空を見るように、この作品と空間に向かい合いながら、自然のゆらぎ、文化や歴史という年輪を感じて下さい。

三橋玄
2005年から「いのちのかたち」をテーマに竹の巨大造形を作り続けている。地域や文化、歴史をテーマにした様々なイベントでのアートやモニュメント制作、「フジロックフェスティバル」などの野外フェスの会場やステージ、店舗や公共空間の装飾などを幅広く手掛ける。2017年フランスで野外展示。

COLORs CREATION
国内外のメディアアートやデジタル領域のトップクリエイター・アーティストが集結した、国内屈指のグローバルクリエイティブカンパニー。

特別企画・立体音響の無料体験も実施!
株式会社松竹映像センターが制作する、「月の音 風の光」の世界観に合わせた立体音響も、会場にて配信いたします。ご自身のスマートフォンとイヤフォンで、和楽器や自然の音に“触れる”体験をお楽しみいただけます。(和楽器演奏: 尺八・長谷川将山、篠笛・玉置ひかり)





=====<参考>銀座松竹スクエアで同時開催するイベント=====
■ウィンターイルミネーション
2021年12月3日(金)~ 2022年2月中旬(予定) ※毎日15:30より点灯
EVENIG CONCERT × 和ジャズ(鑑賞無料)
2021年12月3日(金)第1部 17:15~17:45 / 第2部 18:15~18:45
出演者:中村仁樹(尺八)、一戸智之(ピアノ)、萩原みのり(ベース)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内