日本初!ドライブスルー可能な食のアミューズメントパーク「フードトラックパーク」が神奈川県秦野市に12月18日プレオープン

2021年11月26日 金曜日 10:49 AM

- お好みのフードトラックからモバイルオーダーシステムを使って並ばずに注文できます -

キナリノ縁株式会社(本社:神奈川県秦野市、代表取締役:清水麻美子)は、お気に入りのフードトラックが見つかる 「フードトラックパーク」を神奈川県秦野市に 2021 年 12 月 18 日(土)にプレオープン致します。





「フードトラックパーク」3つの特徴・こだわり

1.モバイルオーダーで注文から決済、受け渡しまで完結
2.曜日ごと、月ごとに替わるフードトラック
3.ご飯は毎日店内の釜戸で炊いたご飯を提供


フードトラックパーク誕生の背景

フードトラックオーナーとしてピザ・おみそ汁の販売をしていた代表の清水。


主にイベントにて出店していましたが、コロナ禍の影響を受けて出店場所を失うこととなりました。
『どこかで出店したい』
『美味しいものを食べて笑顔になるお客様を見たい』
『そうだ、自分で出店場所を確保しよう』。
そんな時に、店内調理やイートインスペース、そして敷地内駐車場を確保できる、まさしく条件が揃っているファミレス跡地に出会い、そうして誕生したのがフードトラックパークです。


フードトラックパークとは

毎日5台、こだわりのフードトラックが、昼の部・夜の部で交代して出店します。
曜日で入れ替わるので、毎日違うフードトラックが楽しめます。
さらに、曜日ごと、月ごとで替わるので、翌月にはまた新しいフードトラックに出逢えます。
美味しいものをいっぱい食べて、みんなで元気に笑顔になって明日の力をチャージしてもらえたら嬉しいです。
出店したいと思ってくださるフードトラックオーナーさんもぜひお越しください。


フードトラックパーク誕生の必要性

経済産業省が公表する統計から、飲食料品に関する経済指標(フード・ビジネス・インデックス 通称FBI)の動向に、コロナ禍が大いに影響を及ぼしているのは明らか。FBI は「食料品工業」、「食料品流通業」、「飲食店,飲食サービス業」の3つに大別され、その中でも「飲食店,飲食サービス業」に与える影響がその他と比べても非常に大きいことがわかります。

【経済産業省 経済解析室ニュースより】


相次ぐ飲食店の閉店を受け、店舗を持たないフードトラックへと転換する飲食店オーナーも多く、フードトラックの台数こそ増えていますが、緊急事態宣言を受け出店場所が限られ、思うように出店できないフードトラックオーナーが存在する事も事実。

そのような状況から、フードトラックパークが必要とされる場所になると確信しています。コロナ禍の影響で閉店したファミレスの空き店舗を有効活用すべく、ここにフードトラックパークを誕生させる運びとなりました。


店舗概要
店名:フードトラックパーク
所在地:神奈川県秦野市名古木383−1
アクセス:東名高速道路 秦野中井インターから車で約 12 分 国道 246 号沿い
プレオープン日:2021年12月18日(土)(予定)
グランドオープン日:2022 年1月11日(火)(予定)
営業時間:(昼の部)11:00~16:00 (夜の部)17:00~21:00 定休日:月曜日
URL:https://foodtruckpark.jp/
参考:駐車場10台(予定) イートイン可能

会社概要
会社名:キナリノ縁株式会社
所在地:神奈川県秦野市名古木 383-1
代表者:清水麻美子
設立:2021年2月5日
URL:https://kinarinowa.com/
事業内容:移動販売および移動販売におけるプロデュース事業

お客様および本リリースに関する報道お問い合わせ先
問い合わせ先:キナリノ縁株式会社
担当者:多田ゆかり
e-mail:kinarinowa0205@outlook.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内