手話を取り入れた謎解きゲームを開発する異言語Lab.が、新作『うしなわれたこころさがし』のチケットを販売開始

2022年1月5日 水曜日 10:48 AM

「あなたに伝えたい、あなたのことを分かりたい」の本質が詰まった3年ぶりのリアル自主公演! 渋谷100BANCHが、視覚言語に溢れる異世界へ

パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーが運営する100年先を豊かにするための実験区・100BANCHで活動する異言語Lab.は、手話を取り入れた謎解きゲーム「異言語脱出ゲーム」の最新作「うしなわれたこころさがし」を、東京・渋谷の100BANCHで、3月20日、21日の2日間に渡って開催します。



「うしなわれたこころさがし」申し込みページ
https://igengolab-lostheart2022.peatix.com/

異言語脱出ゲームは、体験型エンターテイメントとして人気を集めている謎解きゲームに、手話や筆談、身振り、音声などを組み合わせた新感覚スタイルの体験型ゲームです。謎解きに手話を取り入れることで、聴者とろう者・難聴者が一緒に参加し、コミュニケ―ションを取りながらミッションをクリアしていくという、これまでになかった全く新しい『非日常』を体験できます。

100BANCHでは3年ぶりの新作公演となる今回は、手話を知らない・習得していない方を対象にした、体験型エンターテインメントとなっています。

本公演では、視覚言語の世界に没入し、ゲームをアテンドするろう者と、手話や身振り、絵を描くなど音声言語では成しえない方法でコミュニケーションをとりながら謎解きをし、うしわれたこころを取り戻し、様々な【真実】に迫っていきます。

謎解きの面白さやミッションクリアの達成感を味わうと同時に、視覚言語の特徴や奥深さ、そしてコミュニケーションをとることの楽しさを存分に体感頂けます。

前売りチケットを絶賛販売中。

【STORY】

温暖な南の海域に浮かぶ「静穏たる楽園」と謳われている、とある島。
そんな島が未曾有の災禍に見舞われたという。
医師の要請で島へ駆けつけたあなたは目の当たりにする。
ある日突然こころを失い、力なく横たわる虚ろな人を…。

こころと記憶を研究している、ココロシル研究所が開発した、こころの奥底に触れることのできる装置「ココロフレール」と研究員のあなたに島の未来は託されたー

あなたの手で漕ぎ出そう。うしなわれたこころを探る旅が今、始まるー



【開催日時】
2022年3月20日(日)・21日(月・祝)

3月20日(日)
1.10:30~12:20(受付10:10~)
2.13:50~15:40(受付13:30~)
3.16:50~18:40(受付16:30~)

3月21日(月・祝)
1.10:30~12:20(受付10:10~)
2.14:00~15:50(受付13:40~)

【料金】
前売りチケット: 1名3,800円 (中学生から)、2,800円(小学生)
前売りグループチケット:15,200円 (定員4名)
※グループチケットには2名よりお申し込み可

【会場】
100BANCH(〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1 JR渋谷駅新南口から徒歩2分)


【注意事項】
※本公演は、手話を知らない・使ったことがない方を対象にした構成になっています。ゲーム中は手話等の視覚言語でやり取りをしながら謎解きをして頂きますが、説明・解説等は音声や文字で進行致します。
※ろう者、日常的に手話を使用される聴者で手話を知っている者同士でチームを組み、手話で謎解きを楽しみたい!と言う方は2022年初夏に開催予定の同公演に参加されることをおススメ致します。
※本公演に参加される方で情報保障が必要な方は備考欄にご記載ください。説明・解説時に情報保障(台本提供・手話通訳)を致しますが、ゲーム中は同じチームの皆様と直接やり取りをすることになる旨をご承知おきください。
※身体などに不安がある方は大変お手数ですがご予約する前に一度お問い合わせ先までご相談ください。できる範囲内でのご配慮を検討させていただきます。

お申し込み方法
下記サイトよりお申し込みください。
https://igengolab-lostheart2022.peatix.com/

主催:一般社団法人異言語Lab.
会場提供:100BANCH
後援:渋谷区




【「異言語Lab.」とは】


2018年4月設立。スタッフは、ろう者である菊永を代表に、聴者・ろう者・難聴者で構成され、異言語同士の接点が社会に与えるイノベーションを探求しています。「手話」を第一言語として活動していますが、手話や音声だけでは成しえないことや、より豊かに発想し創り伝えあうことのできる方法を探っていきます。

活動内容は、主に2点あります。

(1)手話などさまざまな「IGENGO」を謎に取り入れた「異言語脱出ゲーム」の企画・運営
(2)伝えたいことを相手に伝えることが可能なツール開発に取り組む

http://igengo.com/
http://igengoescapegame.com/
http://100banch.com/projects/igengo_lab/




【未来をつくる実験区「100BANCH」とは】




「100年先の世界を豊かにするための実験区」というコンセプトのもとに、これからの時代を担う若い世代とともに新しい価値の創造に取り組む複合施設です。パナソニック株式会社が創業100周年を迎えることを機に、「常識にとらわれない若いエネルギーの集まりが、100年先の未来を豊かにしていく」という思いから、株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社と共同で2017年7月7日に設立。

以来、野心的な若者が未来を創造していく一歩を、24時間365日実験可能な「場所」とともに、各分野の第一人者であるメンターによるアドバイス、年間100を超えるイベントや大型展示会などでの発信の「機会」を提供して支援。応募総数760件のうち、237プロジェクトを採択し(2021年10月31日現在)の加速支援を行っています。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内