「味ぽん(R)プール」がアパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉にOPEN ー「味ぽん」ロゴがペイントされたテラスプール!ー

2022年2月3日 木曜日 1:49 PM



株式会社Mizkan (本社:愛知県半田市、代表取締役社長兼CEO:吉永 智征、以下:ミツカン)は、アパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 社長:元谷芙美子)とコラボレーションし、今年2月8日(火)に開業予定の地上19階建・全1,001室アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉に、「味ぽんプール」をオープンいたします。

【「味ぽんプール」について】
「味ぽん」を身近に感じて頂く為の取り組みとして、6.5m×横4.2m×深さ1mサイズの屋外プールの底面に「味ぽん」のロゴをペイントいたしました。本プールはホテル2階にあり、プールとしての遊泳は7月上旬~8月下旬まで「宿泊者」や「日帰りプラン利用者」限定で営業いたします。テラスとしては年中利用することができます。

【アパホテル&リゾート〈新潟駅前大通〉概要】



【アパグループ、ミツカングループについて】
アパグループ
アパホテルネットワークとして全国最大の685ホテル・105,357室※(海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開している。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では、東京都心でトップを取る戦略を開始。現在、東京23区内で直営ホテル82ホテル・19,719室※を展開している。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-II(第二次頂上戦略)」では、東京都心から地方中核都市へとエリアを広げ、大型タワーホテルの出店も積極的に進めていき、アパホテルネットワークとして10万室展開を達成。現在、首都圏・関西を中心に、タワーホテル2棟・3,764室を含む18棟・7,935室を建築・設計中である。2020年4月にスタートした「SUMMIT 5-III(第三次頂上戦略)」では、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2025年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。
※建築・設計中含む

ミツカングループ
1804年創業。「やがて、いのちに変わるもの。」というグループビジョンスローガンを掲げ、日本に留まらずグローバルに事業を展開している。株式会社Mizkanは日本+アジアにおける商品の企画開発、製造、販売を担う。
1964年には、“料亭の味を家庭にも”と開発された「味ぽん」を発売。鍋料理をはじめ、おろし焼肉・焼魚・ぎょうざ・冷奴など「つけて」「かけて」幅広くお使いいただける「味ぽん」は長きに渡りお客様にご愛顧いただき、2021年11月10日に発売57周年を迎えた。
2022年は「味ぽん」ブランドのイメージを、時代の変化に合わせて進化させる。これまでの家族団らんを中心としたブランドのイメージだけではなく、家での食事に限らず、気の合う人同士で集まる場面に「味ぽん」を介在させる訴求を通し、「新しい団らん」と「味ぽん」のイメージを結びつけ、唯一無二のブランドとして広く支持される存在を目指す。
「味ぽん」ブランドサイトURL:https://www.mizkan.co.jp/ajipon/about/history/


ミツカンは、企業理念である「買う身になって まごころこめて よい品を」に基づき、商品やメニューを通じて、お客様へ「おいしさと健康」を提供してまいります。

<商品に関する一般の方のお問い合わせ先>
ミツカングループお客様相談センターHP:https://faq.mizkan.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内