【JAF愛知】学生が考えた愛知県の航空宇宙がテーマのスタンプラリー「宇宙を巡るスペースラリー ~ミライで未来に飛び立とう~」を開催中

2022年2月7日 月曜日 4:19 PM

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は、1月20日(木)から5月8日(日)まで、ドライブスタンプラリーシステム(※)を使用し、中京大学の学生が考案した「宇宙を巡るスタンプラリー ~ミライで未来に飛び立とう~(協賛:一般社団法人 愛知県観光協会)」を開催しています。



スタンプラリーのテーマ

宇宙にちなんだ施設を太陽系に見立て、惑星ポイント(スタンプスポット)を巡りながらミッションをクリア(スタンプ獲得)することで宇宙への関心を高め、愛知県の航空宇宙産業に興味を持つきっかけづくりをテーマとしたスタンプラリーです。また、スタンプを集めて応募すると抽選で愛知県内企業が提供する宇宙グッズなどが当たります。





コース原案は中京大学の学生が考案

このスタンプラリーは、昨年8月に開催した産学連携企画「あいち学生ドライブスタンプラリーコンテスト 2021(協賛:一般社団法人 愛知県観光協会)」から誕生しました。このコンテストは、若者に地域の魅力を伝えながら、地元愛知県のドライブを楽しんでもらうための各地域の特色を生かしたスタンプラリーを学生に企画してもらったもので、県内の学生チーム(47チーム)から応募がありました。

今回開催されるこのスタンプラリーは、上記コンテストで最優秀賞を受賞した中京大学のチーム「Galaxy」の学生2名が発表した企画を基にコースが作られ、開催が実現化したものです。スタンプスポットとして愛知県の航空宇宙に関する5か所を選定しており、スポットを巡ることで参加者に宇宙への関心を高めていただくことができます。


スタンプスポット(愛知県内5か所)

◆オアシス21(名古屋市)
水をたたえたガラスの大屋根「水の宇宙船」がシンボルの立体型公園。

◆あいち航空ミュージアム(西春日井郡豊山町)
県営名古屋空港内にある航空機をテーマとしたミュージアム。

◆スカイワードあさひ(尾張旭市)
太陽や星の観察を通じて、宇宙を身近に感じられる施設。8階には天体観測室があり、県内有数の大きさを誇る天体望遠鏡が設置されている。

◆スペースキッチンビジターズ(名古屋市)
UFOをテーマにしたダイナー。「UFOを見る会」などイベントも開催されている。

◆旭高原元気村(豊田市)
旭高原元気村では街の明かりも少なく、日頃見ることができない数の星々に出会うことができるかも。


※ドライブスタンプラリーシステムとは、ドライブを楽しみながら周遊型観光を促進するJAFオリジナルのスタンプラリーシステムです。各スポットにあるポスターの二次元コードをスマートフォンで読み込むことで、スタンプを非接触で取得できます。


「宇宙を巡るスペースラリー ~ミライで未来に飛び立とう~」開催概要

【開催期間】    
2022年1月20日(木)~5月8日(日)

【スタンプスポット】
愛知県内5か所

【特典】    
3スタンプ…宇宙食&宇宙水セット(8名様)
4スタンプ…宇宙船モチーフのペンケースと宇宙飛行士の消しゴムセット(7名様)
5スタンプ…トヨタMIRAI 12時間レンタル券(1名様)または、スペースキッチンビジターズ親子Tシャツ3枚セット(3名様)

【参加条件】    
JAF会員の方・一般の方を問わず、スマートフォンをお持ちであれば、どなたでも参加できるスタンプラリーです。(参加費無料・別途通信料がかかります。)

【協賛】    
一般社団法人 愛知県観光協会

【賞品提供】    
株式会社トヨタレンタリース名古屋、スペースキッチンビジターズ、セトクラフト株式会社、サガミレストランツ株式会社、株式会社ユニケミー(順不同)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内