京都府文化賞受賞者木ノ下裕一スペシャルトーク「古典と現代のインターセクション(交差点)」を開催

2022年2月9日 水曜日 4:49 PM

京都府では、京都の文化の向上に寄与された方を称えるため、昭和57年度から「京都府文化賞」を創設しているところです。この度、受賞者の活動や成果等を広く府民の方々に知っていただくため、令和元年度に京都府文化賞奨励賞を受賞された木ノ下裕一(きのした ゆういち)氏をお招きし、スペシャルトークイベントを開催いたします。 是非ご参加ください。





概要

日時:令和4年3月16日(水)午後6時~8時30分(午後5時受付開始)
会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール(京都市左京区下鴨半木町1-29)
内容:木ノ下裕一スペシャルトーク 古典と現代のインターセクション(交差点)
定員:240名(事前申込要(先着順)・入場無料)
主催:京都府
HPhttps://www.pref.kyoto.jp/bunsei/news/press/2022/01/bunkasyosyoreisyo.html
チラシhttps://prtimes.jp/a/?f=d5484-20220127-9774d70d4997496540bea75dccbd3723.pdf


【第一部】講演

「オープニングトーク」木ノ下裕一
「古典×現代で見る近現代演劇史~活歴から木ノ下歌舞伎まで~」早稲田大学教授 
「関西演劇界と古典芸能の交わりについて」毎日新聞社学芸部専門編集委員 
「古典の現代化について~実作者の立場から~」大蔵流茂山千五郎家狂言師 


【第二部】クロストーク

木ノ下裕一×児玉竜一×畑律江×茂山千之丞


京都府文化賞とは

「京都府文化賞」は、昭和57年度に創設され、以来、京都府における文化の振興と発展を図るため、京都文化の向上に寄与された方の顕彰を行っています。これまでに特別功労賞、功労賞、奨励賞を延べ661名の方に受賞いただいている。

特別功労賞
文化芸術活動において顕著な業績をあげられ、文化の高揚に多大の功労があった方に授与するものです。
功労賞
長年の文化芸術活動を通じ、文化の向上に功労があった方に授与するものです。
奨励賞
新進の芸術家等で、文化芸術活動における業績が特に顕著である方に授与するものです。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内