引退後の雛人形のセカンドライフを応援する「福よせ雛プロジェクト」がついに東京初進出!

2022年2月15日 火曜日 6:49 PM

~希少な鳥取県オリジナルいちご「とっておき」を使ったひな祭り限定スイーツも~

鳥取県は、2月15日(火)~3月3日(木)の期間、東京・新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」にて、全国で話題となっている「福よせ雛」の展示を行います。2009年のプロジェクト開始以来、東京都内での開催は今回が初めてです。



名古屋在住の主婦が中心となってスタートした「福よせ雛プロジェクト」は、家庭での役割を終えた雛人形に「第2の人生」をテーマに新たな命を吹き込む取り組みで、コミカルかつ独創的な姿がSNSや海外でも話題となっています。
鳥取県の日野町は本プロジェクトに賛同し、2019年より開催地の一つに。過疎を食い止めるために「人口補完計画」と題してお雛様に住民票を発行した結果、町人口(約3,000人)を超える約3,500体が “移住”するなど注目を集めています。こうした鳥取県と福よせ雛との縁により今回のイベントが実現しました。イベント期間中は、2階「ビストロカフェ ももてなし家」にて、ひな祭りをテーマに希少な鳥取県オリジナルいちご「とっておき」を使用したスペシャルスイーツも提供します。

■ イベント概要


名 称:福よせ雛 はじめての上京 in とっとり・おかやま新橋館
場 所:とっとり・おかやま新橋館 1階/2階(メイン会場は2階)
住 所:東京都港区新橋一丁目11番7号 新橋センタープレイス
電話番号:1階ショップ 03-6280-6474
2階ビストロ・カフェ「ももてなし家」 03-6280-6475
公開期間:2022年2月15日(火) ~ 3月3日(木)
公開時間:10:00~20:00(2階 メイン会場は11:00~)
入場料金:無料
公式HP:https://www.torioka.com/

■福よせ雛プロジェクトとは?


現代の諸事情によりご家庭で飾ることができなくなったお雛様や、まだ美しいままやむをえず手放さなければならないお雛様をもう一度何かの役に立ててあげたいという持ち主様の思い受けて名古屋在住の主婦を中心に発案されたプロジェクトです。
全国各地から届けられた雛人形の第二の人生を有効に活用するため福よせ雛として再生し活躍の場を作ることを理念とし、生まれ変わった福よせ雛を使って福よせ雛事業を推進することで人や施設や地域をつなぎ活性化を図り、ひいては日本の観光事業の一助となすことを目的とします。2009年のプロジェクト開始以来、延べ約12万体のお雛様が福よせ雛として生まれ変わりました。

12回目となる今年は、名古屋市・愛知県・岐阜県・鳥取県・広島県・滋賀県・岩手県・兵庫県・北海道の全32会場に加え、東京・新橋にある鳥取県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」での開催も決定しました。

■人口3,000人の町にお雛様3,500体!?型破りな移住計画を進める鳥取県日野町


過疎化が進む中「増やすのは人間でなくてもいいのでは」と、鳥取県日野郡日野町の商工会が福よせ雛プロジェクトに相談。日野町では「人口補完計画」と銘打ち、全国各地から雛人形の “移住” を受け入れています。2018年4月に受け入れを開始し、2019年より福よせ雛プロジェクトの開催地の一つに。人形には全国初の「おひな様住民票」を交付するなど、あくまで真剣に関係人口を増やすための取り組みを行っています。 現在では町人口(約3,000人)を超える約3,500体が移住してきました。

■希少な鳥取県オリジナルいちご「とっておき」を使ったひな祭りスイーツ


上品な甘みとほどよい酸味が特徴の鳥取県オリジナルいちご「とっておき」をひな人形に見立て、流しびなのさん俵をイメージしたパイの上に乗せました。パイの中には鳥取県産牛乳とイチゴをふんだんに使用した特製ソースが詰まっています。
価格:980円(税込) ※前日までに要予約
期間:2月15日(火)~3月3日(木)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内