伊豆下田 海辺のワーケーションハウス「Beachside Base Sotoura」モニター会員募集開始!

2022年2月16日 水曜日 6:19 PM

~「空き家活用」×「ワーケーション」で地域活性化の新たな可能性を探ります~

静岡県内を中心に空き家を活用した関係人口創出に取り組む、合同会社コアキナイ研究所(本社:静岡県下田市、代表社員:森田陸)は、下田市外浦海岸の美しいビーチから徒歩20秒に立地する築60年超の空き家を改修し、コロナ禍により変容したライフ・ワークスタイルの新たなニーズに対応したタイムシェア型ワーケーションハウス「Beachside Base Sotoura(以下、BBS)」を、2022年4月に開業するにあたり、モニター会員の募集を開始いたします。



BBSは、リノベーションした一軒家を約30名のメンバーが区分に応じた日数タイムシェアできる仕組みで、主にワーケーション目的の方にターゲットを絞っています。また、メンバーによる利用がない日には一般の方によるスペースレンタルも可能です。

2021年7月以降、様々な方に体験利用していただき、新たなライフ・ワークスタイルに応じたニーズをキャッチアップしてきました。



キャッチアップした主なニーズ

・「ワーケーションという言葉が独り歩きしているものの、実際には単にワークできる場所があるだけという施設がほとんどで、家族連れでは行きにくい。一棟貸切利用でき、大人も子供も楽しめる施設が欲しい。」といった『ファミリーワーケーション』ニーズ。
・「静岡市の繁華街で飲食店をやってきたが、コロナ禍の影響でお客さんが激減した。これまで、ほとんど休暇を取ることが出来なかったので、この機会に夏場だけ人出の多い観光地で温泉なども楽しみながら期間限定出店してみたい。」といった『飲食店のワーケーション』ニーズ。
・「首都圏の企業で働いているが、テレワークの機会が増えてきた。月額定額制で全国に住めるサービスなどが出てきたものの、アドレスホッパーのような生活は向いていない。自分の好きな地域に深く入り込み、その地でプロジェクトに参画し仕事を創っていきたい。」といった『第二のふるさと』ニーズ。


これらのニーズに対応するだけでなく、空き家問題や観光業の繁閑ギャップ、関係人口創出などの社会的課題にも対応した仕組づくりを考え、サービスを構築しました。




サービスの概要

・タイムシェアメンバー(一口畳主)
 一般的なシェアハウスが複数人で空間をシェアするのに対し、BBSを時間でシェアするサービス。会員区分に応じてポイントが付与され、日ごとに定められたポイントを消化することで施設を利用可能。また、カーシェアやSUP、街中の駐車場などの付帯設備も利用できるうえ、追加料金にて宿泊利用も可能。
・スポット利用
 タイムシェアメンバーの利用が無い繁忙期以外に限り、事前予約することでBBSを一棟貸切利用可能。

利用に関しては、電子キーやIoTを活用し、基本的にすべて非接触で行います。





施設の概要

施設名:Beachside Base Sotoura(ビーチサイドベイス外浦)

住所:静岡県下田市柿崎798
設備:4室12席のワークスペース、Wi-Fi、自転車、駐車場、等
営業時間:9時~18時 ※シェアメンバーは24時間利用可
利用定員:10名 
交通:伊豆急下田駅よりバスと徒歩で15分程度




お問い合わせ


Beachside Base Sotoura
Mail: coakinailab@gmail.com
FB:   https://facebook.com/sotoura
Line: https://lin.ee/HyWqNPP

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内