メディカルイラストレーターのレジェンド「レオン佐久間」の原画展、紀伊國屋書店グランフロント大阪店にて3月22日より開催!

2022年2月22日 火曜日 11:20 AM

~ 的確でわかりやすく美しいと医師より大絶賛! 40年以上臨床・研究に寄り添い続けたメディカルイラストレーター「レオン佐久間」の原画を厳選して展示~

L&Kメディカルアートクリエイターズ株式会社(本社:埼玉県東松山市、代表取締役:佐久間研人)は、「レオン佐久間原画展」を2022(令和4)年3月22日(火)より紀伊國屋書店グランフロント大阪店(医学書売場)にて開催することを決定いたしました。40年以上医療に寄り添い続けているメディカルイラストレーター「レオン佐久間」の原画を間近で見られる貴重な機会ですので、この期間中にぜひ足をお運びください。






メディカルイラストレーターの第一人者「レオン佐久間」の原画展 in 紀伊國屋書店グランフロント大阪店

 医学医療の情報を的確に表現し、視覚的にわかりやすく示すメディカルイラストレーション。
 その先駆けとして40年以上前から活動を始め、今なお第一線で活躍をし続けるメディカルイラストレーター「レオン佐久間」の原画を紀伊國屋書店グランフロント大阪店の医学書売場にて展示いたします。
 レオン佐久間の代名詞ともいえる「消化器外科手術アトラス」( 月刊『消化器外科』;へるす出版)に掲載されたイラストなど、数々の原画を集めての展示は今回が初。医療従事者の方はもちろん、メディカルイラストレーションに興味のある方やこれから医療従事者を目指す方など、実用に主眼を置いたメディカルイラストレーションの迫力と美しさをぜひとも体験しにいらしてください。


【実施概要】
イベント名:レオン佐久間原画展 in 紀伊國屋書店グランフロント大阪店
開 催 期 間:2022(令和4)年3月22日(火)~5月中旬頃
会   場:紀伊國屋書店グランフロント大阪店 医学書売場
ア ク セ ス:JR大阪駅より徒歩2分(大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪ショップ&レストラン南館6階)





「レオン佐久間」の紹介



川崎医科大学学長付特任教授/日本メディカルイラストレーション学会初代会長/L&Kメディカルアートクリエイターズ株式会社取締役

日本におけるメディカルイラストレーターの草分け的存在であり、今なお現役で活躍するイラストレーター。月刊『消化器外科』(へるす出版)では、創刊より消化器外科アトラスを連載しているほか、今日まで数多くの書籍・論文のイラストを手掛ける。



1976年:フリーランスとして活動開始
1978年~:月刊『消化器外科』(へるす出版)の巻頭連載「消化器外科手術アトラス」を担当
2011~12年:川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部医療福祉デザイン学科 特任教授
2012~14年:川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部医療福祉デザイン学科 教授
2014~19年:川崎医療福祉大学 医療福祉マネジメント学部医療福祉デザイン学科 特任教授
2016年 :日本メディカルイラストレーション学会が発足。初代会長
2019年~:川崎医科大学学長付特任教授
2021年~:L&Kメディカルアートクリエイターズ取締役




メディカルイラストレーションとは

 研究・論文・記録・教育に資する医学医療の可視化に必要な図画図版のことで、医学医療の情報を視覚的に伝えることを役割としています。モノクロのシェーマやデジタルツールを用いたカラーイラスト、3DCGやアニメーションなど様々な手法をその用途に適した形で使用していきます。

【レオン佐久間のメディカルイラストレーションの特徴】
 レオン佐久間のイラストの特徴は何といっても、鉛筆の濃淡を利用した重厚かつリアルな描画です。そして、必要な部分を強調し、紛らわしい部分を省略することで、本当に訴えたい部分を見る人に伝えていきます。そのため、あえてあるものを描かなかったり、形を変えてわかりやすく表現をしていますが、その際にも解剖的に誤りのないよう調整していきます。
 この絶妙な匙加減と的確な表現方法をモノクロの濃淡で表現します。

<なぜモノクロにこだわるのか>
 カラーはとても見栄えが良いのですが、色付けはあくまで模式的に示したもので、実際の臓器の色とは異なります。レオン佐久間によると、色を付けることによってイメージが色に引っ張られ、術者の手術イメージを邪魔してしまうというのです。そこであえて白黒にすることによって、術者がもっているイメージにすんなりと融合するため、術者を助けることにつながるということです。
 当社のパンフレットや雑誌の表紙などには、着色をした作品も使用しますが、これはあくまで見栄えのためであり、本来のレオン佐久間の真骨頂はモノクロでありながら見る者を圧倒する説得力にあります。
左は鉛筆画、右はデジタル処理をしてカラー着色



主催社:L&Kメディカルアートクリエイターズ株式会社について

【メディカルイラストレーションが身近にあり、だれもが同じ理解をもって医療に向き合える社会を目指して】
 私たちが目指す未来は、「医療者」も「患者」も「大人」も「子ども」も、だれもが理解のできるメディカルイラストレーションが身近のある世界です。「知識」も「環境」も「年代」も違う人たちがそれぞれのニーズにあったメディカルイラストレーションやデザインを当たり前に使用できる世界です。そのために当社がやるべきことは、メディカルイラストレーターがより活躍しやすい環境づくり、これからの時代を担うメディカルイラストレーターの育成、そしてなにより、“的確”で“伝わる”メディカルイラストレーションを皆様に提供していくことだと思っています。

 L&Kメディカルアートクリエイターズ株式会社は、メディカルイラストレーションで皆様に寄り添い、皆様の医学・医療に貢献してまいります。


【会社概要】



会社名:L&Kメディカルアートクリエイターズ株式会社 (英語名:L&K Medical Art Creators, Inc. 略称:LKMAC)
所在地:埼玉県東松山市箭弓町1-11-7 ハイムグランデ東松山2階
代表者:佐久間研人
設 立:2021年1月7日
U R L :https://www.lkmac.jp

【事業内容】
メディカルイラストレーション・デザインの受注・制作・販売、メディカルイラストレーターのマネジメント・プロモート並びに育成、メディカルイラストレーションの普及・啓発など、イラスト・デザインを通じて医学・医療に貢献する事業


【本件に関するお問い合わせ】

当社ホームページのメールフォームか下記メールアドレスにお問い合わせください

e-mail:info@lkmac.jp

内容を確認ご返信申し上げます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内