”旬”の味わいを楽しむ期間限定「春告げ弁当」予約受付開始!地産地消で自然に還る竹皮弁当

2022年2月25日 金曜日 6:19 PM

宮城県南三陸町入谷地区では今春、同区内にある飲食店から地産地消型のお弁当を自然に還る竹皮で包む「春告げ弁当」を期間限定で販売します。


春を告げる竹皮弁当
「春告げ弁当」は南三陸町の里山エリアにて販売します。飲食店や飲食に関わる事業者を中核に、入谷地区にある旧入谷村の村長も務めた須藤家の邸宅「松笠屋敷(旧須藤家)」を含むひころの里とともに入谷地区の活性化に寄与していくことを目指しています。

お弁当の名前である「春告げ弁当」は「季節の訪れを表す春告げ」と「この時期に採れる春告げ野菜」を掛け合わせた名称です。お弁当を通してにぎわいが生まれ、まちに活気をうみだす。そして、様々な人が、お弁当を通して自分の大切な人と一緒に時間を共有すると共に、地域の人々が自身の地域に誇りを持つことを目指しています。

【持続可能な取り組み】
地域の作り手や、事業者と連携しながら、地域の資源を活用して作り上げ、運営していくことで、地域内でのよい循環を生み出しながら、入谷地区魅力を発信していきます。地域の素材にこだわり、竹皮弁当で包むことで環境負荷を楽しく削減した取り組みとなっています。
このお弁当作りをする上で、下記のルールで持続可能な取り組みを行っています。
1.南三陸産の食材を使うこと。…地産地消を意識して作ります。(県内産8割を目標)
2.包装は竹皮を使用すること。…なるべく自然に帰るものを使用すること。
3.楽しみながら、弁当をつくること。…あまり無理しない商売をすること。


【お弁当出店者情報】
ひころの里/ばっかり茶屋、いりやど、校舎の宿さんさん館、まめ菜工房ビーンズくらぶ、パン・菓子工房oui



■ひころの里〈里山の温もりを詰め込んだほっこりお弁当〉
南三陸町の入谷地区は、かつて仙台藩養蚕発祥の地として絹の生産で栄えました。その繁栄をしのぶことができるのが、旧入谷村の村長も務めた須藤家の邸宅「松笠屋敷(旧須藤家)」を含むひころの里です。「ひころ」とは「ひかり」の意味。松笠屋敷の座敷や庭からは遠く保呂羽山を借景に、四季折々の美しい眺めを楽しむことができます。ぜひ、春の季節の風情を味わいにお立ち寄りください。
ひころの里では、地元の素材にこだわった料理を提供しています。 季節の旬と山里の幸を盛り込み、里の温もりたっぷりなお弁当を提供します。
ひころの里お弁当
◇内容:おにぎり二種/卵焼き/春告げのおひたし/とりつくね/わかめくき煮/きなこだんご


■いりやど〈春告げ野菜をふんだんに使ったお弁当〉
南三陸町の静かな里山に佇み、四季が愉しめる宿「南三陸まなびの里 いりやど」。研修センターとしての機能も併せ持ち、企業や学校の研修先としても選ばれる宿は、地域の木材を使って建てられた温もりを感じられる館内となっています。また、学びのヒントとなるような本が館内に多く置かれ、豊かな時間が楽しめます。
いりやどでは、この時期に採れる野菜に与えられる春告げブランドの野菜を多く使い、地域で育てられた古代米と一緒に味わえます。
いりやどのお弁当
◇内容:志津川産ばっけ入り焼売(春告げブランド フキノトウ使用)/志津川産菜花のクリームコロッケ(春告げブランド 菜花使用)/志津川産小松菜と茎ワカメの生春巻き(春告げブランド小松菜使用)/三陸産鱈の西京焼き/ゴボウの唐揚げ/入谷産古代米/志津川産いちご

■校舎の宿さんさん館〈ヴィーガン対応のお弁当〉
旧林際小学校を体験宿泊施設としてリノベーションし、2001年に「校舎の宿さんさん館」がオープンしました。
学校に泊まりながら各種収穫体験など里山ならではの体験ができます。また、宮城県内でも珍しくヴィーガン対応、ハラル対応も行っている宿泊施設です。今回の春告げ弁当では、南インドの料理を取り入れる等同じ里山の食材を異文化と融合させた楽しさたっぷりのお弁当です。ヴィーガンの方でも食べれる内容となっています。


さんさん館
◇内容:大豆ミートと地元野菜のキーマカレー/菜花とターメリックのライス/小松菜とたけのこのアチャール/春告げ天ぷら(パコラ)/じゃがいもの焼き野菜/にんじんラぺ/ほうれん草の胡麻和え


■まめ菜工房ビーンズくらぶ〈郷土料理を活用した彩豊かな弁当〉
南三陸町入谷地区で農業を営む女性たちが結成したビーンズくらぶ。休耕田に大豆を作付けする活動をしており、今や納豆作り、豆腐作り、きな粉作りに発展しています。メンバーは、地域のお母さんたちで、お弁当は女性ならではの色使いなどに定評があります。お弁当でのイチオシポイントは、お母さん視点の栄養満点のレシピ。宮城県の郷土料理である「ばっけ味噌」と自分たちで作った豆腐を合わせた一品とメンバーが育てるリンゴのデザートです。是非、お母さんの味でほっこりしてください。
ビーンズくらぶのお弁当
◇内容:春告げのちらし寿司/春キャベツと豚バラ春巻き/豆腐とばっけ味噌の田楽/ほうれん草の胡麻和え/漬物/リンゴのコンポート


■パン・菓子工房oui〈インスタ映えも!素材にこだわるランチボックス〉
パン・菓子工房oui(ウィ)では、水・金・土曜の週3回、パンや焼き菓子、ジャムなどを販売しています。WEのパンは、国産小麦、天然酵母、自然塩をつかった身体にやさしく、美味しさにこだわったパンです。今回は、春のキッシュはあっさりヘルシーで春告げ野菜を使用して仕上げました。苺のベーグルサンドはスイーツとして春を感じてほしいと思いが込められています。今までの春告げ野菜弁当で一番映えるお弁当になったと語っているので、是非、お弁当を食べる際はSNSで共有してみてください。
パン菓子工房ouiのお弁当
◇内容:春のキッシュとベーグルサンド

<概要>
名称 : 春告げ弁当
販売期間:2月28日(月)~3月6日(月)※要予約
受け渡し場所 :ひころの里〒986-0782宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢442
アクセス : (車)志津川IC より6分
主催:入谷の里山活性化協議会(https://iriyanosatoyama.com/
入谷の里山活性化協議会は、入谷地区の豊かな里山の地域資源を有効活用
し、農山村地域の活性化を推進するとともに、持続可能な交流促進事業及びそ
の基盤となる農山村の振興を図ることを目的に本年8月10日に設立しました。

シルクフラワーフェスタ同時開催

同時開催のシルクフラワーフェスタ ひころの里内にあるシルク館にて、まゆ細工展示・即売会の実施します。
繭盆栽や、コサージュ、ブローチなど繭細工の様々な作品をお楽しみいただけます。
また、3月2日~4日の午後1時~2時にて、ひころの里内にある松笠屋敷にて民話を聴ける体験も提供します。通常のお客様は、参加費500円ですが、春告げ弁当ご購入の方は特典として無料で体験いただけます。



【プレスリリースに関するお問合せ】
一般社団法人南三陸町観光協会
0226-47-2550( 9:00~18:00)
post@m-kankou.jp

【春告げ弁当のご予約に関して】
各店に直接電話にてお問い合わせください
・ひころの里 0226-46-4310
・いりやど 0226-25-9501
・校舎の宿さんさん館 0226-46-5633
他チラシ参照

■一般社団法人南三陸町観光協会について<https://www.m-kankou.jp/
一般社団法人南三陸町観光協会は、20009年に設立。南三陸町及びその周辺地域の有する文化的、社会的、経済的特性を活かし、観光客の誘致促進を図ると共に、観光地及び観光物産の紹介宣伝、 観光施設の整備促進、観光関係者の資質の向上を図り、もって地域の生活文化の向上及び産業経済の発展に寄与することを目的とし、その目的を達成するために事業を行っています。

※本リリースに記載の情報は、発表日時点の計画であり、今後変更となる場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内