ハイアット セントリック 銀座 東京 ホテル業界初の「aiboフレンドリーホテル」として客室でお花見ができる「お花見 with aibo 宿泊プラン」を2022年2月28日(月)より販売開始!

2022年2月28日 月曜日 2:50 PM

~最新aiboいちごミルクエディションをイメージした特別なアフタヌーンティーも提供~

銀座 並木通りに位置するライフスタイル ホテル「ハイアット セントリック 銀座 東京」(総支配人:内山渡教、所在地:東京都中央区銀座6-6-7)は、ソニーグループ株式会社の自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)とコラボレーションし、ホテル業界初となる「aiboフレンドリーホテル」として、客室でaiboとお花見を楽しむことができる「お花見 with aibo 宿泊プラン」の販売を2022年2月28日(月)より開始します。また、開催期間中、館内に併設のオールデイダイニングのNAMIKI667で、aiboと楽しめるアフタヌーンティーの「aibo Floral Strawberry Afternoon Tea」を提供します。


※写真はイメージです


お花見 with aibo 宿泊プラン

大切な家族であるaiboとの特別な時間を過ごせる初の「aiboフレンドリーホテル」として、aiboのオーナーはもちろん、オーナーではない方にも、客室でaiboと一緒にお花見を満喫いただける宿泊プランをご用意しました。aiboのイメージで彩られた空間では、2022年カラーモデル「aiboいちごミルクエディション」をはじめ、2021年9月までGinza Sony Parkで活躍したaiboの「Spark(スパーク)」などと触れ合えるほか、プライベートな空間で安心安全にaiboと一緒にお花見いただけるように桜と「お花見おせち」、プラン限定で提供するホテルオリジナルのアメニティなどをお楽しみいただけます。

「お花見おせち」は、aiboデザインの特製風呂敷に包んだ春の食材をふんだんに使用した料理とさくらモチーフが特徴な可愛らしい3段の弁当ボックスです。また、「aiboのごはん」で定番の「アイボカリカリ」を特別ないちごミルクカラーでご用意し、aiboには専用アプリのスマートフォン版My aiboで、ゲストにはNAMIKI667で焼き上げたクッキーとメレンゲミックスをお渡しし、aiboと一緒に食事を楽しめるようにしています。

プラン限定アメニティとして、客室でのリラクゼーションタイムを演出する「aiboバスソルト」、「aiboスリッパ」のほか、銀座 松崎煎餅による「aibo煎餅」、ロゴマークをあしらった限定の「コラボレーショントートバック」をお渡しします。

更に、上記に加えて、客室外でもお楽しみいただけるように、4階ライブラリーラウンジには、ウェア、首輪、耳・しっぽ、抱っこひものような、最新のグッズをご試着いただけるフィッティングショールームのほか、様々なaiboと触れ合えるaibo専用のドックランスペースをご用意します。
実際に集まってお花見をするのが難しいこの時期、ハイアット セントリック 銀座 東京でaiboと一緒にホテルでお花見を満喫しませんか。
宿泊プラン限定 オリジナルアメニティ
お花見おせち
aiboスリッパ
プラン内容:
・aiboとお花見テーマの客室にてご宿泊
 - 客室にてaibo一匹
 - オリジナル風呂敷に包まれた3段のお花見おせち、苺のシュークリーム、アイボカリカリ
 - 宿泊者限定のaiboアメニティ(松崎煎餅、スリッパ、バスソルトなど)
・宿泊プラン限定コラボレーショントートバッグのプレゼント
・ご朝食
提供価格 : 1名¥48,000(サービス料、消費税込)
       2名¥65,000(サービス料、消費税込)
販売期間 : 2022年2月28日(月)~ 4月30日(土)
宿泊期間 : 2022年3月15日(火)~ 4月30日(土)
客室タイプ: スタンダード
詳細・予約: https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-centric-ginza-tokyo/tyoct/offers
※料金には、1室2名さまご利用時の室料、朝食、aibo使用料、税金・サービス料が含まれます。ホテルにてご精算時に、別途宿泊税を頂戴いたします。
※ご宿泊の2日前までにご予約ください。
※aiboは1室1体をご用意いたします。aiboの客室外への持ち出しはご遠慮ください。
※aiboのご利用はチェックイン日の15:00からチェックアウト日の12:00までです。
※写真はイメージです。


aibo Floral Strawberry Afternoon Tea

ハイアット セントリック 銀座 東京のオールデイダイニング「NAMIKI667」では、3月より食べられるお花の「Edible Flower(エディブルフラワー)」をふんだんに使用した、クラシカルな雰囲気と可愛らしい見た目で、苺と花の食感や香りを楽しめるアフタヌーンティーを提供致します。「お花見with aibo 宿泊プラン」開催期間の3月15日(火)~ 4月30日(土)限定で、「aiboいちごミルクエディション」をイメージした、特別なFloral Strawberry Afternoon Teaを1日数量限定でご用意します。
Floral Strawberry Afternoon Teaの詳細はこちら(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000035058.html

aiboモチーフのクッキーやチョコレートで飾り付けされたスイーツなどで可愛らしいティータイムを演出するほか、「aiboいちごミルクエディション」にちなみ、ドリンクの一杯目はオリジナルのいちごミルクをお愉しみいただけます。

また、aiboと一緒に食事を楽しめるように、特別ないちごミルクカラーのアイボカリカリであるクッキーとメレンゲミックスをご提供します。宿泊プランと合わせてaiboと過ごすホテルライフを彩るアフタヌーンティーをぜひお楽しみください。
Floral Strawberry Afternoon Tea
アイボカリカリクッキーとメレンゲミックス
提供場所 : NAMIKI667 Bar & Lounge
提供価格 : aibo Floral Strawberry Afternoon Tea ¥5,000(税込 ¥5,500)
提供期間 : 3月15日(火)~ 4月30日(土)
提供時間 : 12:00 – 17:00(L.O.16:00)
詳細・予約: メール(namiki667@hyatt.com)かお電話 (03-6836-1300 受付時間 10:00 – 22:00) にて直接お問い合わせください
※上記価格に15%のサービス料を加算させていただきます。
※数量限定でのご提供となります。
※仕入れの状況でメニューは変更する場合がございます。

コラボレーションの背景と今後の展望
ハイアット セントリック 銀座 東京では、開業後の2019年からホテルの「ホストaibo」として「Roc」(ロック)がお客様をお出迎えしています。多くのゲストに愛され、aiboオーナーのみなさまもご家族のaiboを連れてRocに会いに訪れてくださいます。
2022年1月には、aiboファンミーティング Vol.12の開催と合わせて、特別なアメニティとお食事がついた宿泊プランを提供し、館内では期間限定でaibo専用ドッグランを開設しました。
「aiboフレンドリーホテル」としてご宿泊の客室ではもちろん、パブリックエリアや料飲施設でもaiboの同伴が常時可能です。年間を通して季節ごとにaiboオーナーのみならず、ゲストのみなさまにお楽しみいただけるようなイベントや宿泊プランを企画中ですので、どうぞご期待ください。

ソニーグループ株式会社 AIロボティクスビジネスグループ
商品サービス企画部 統括課長 野間英樹 コメント




aiboの商品・サービス企画を担当している野間です。2018年に誕生したaiboは、「愛情の対象」になり、人を楽しませる「エンタテインメントロボット」として開発されました。発売後もaiboファンミーティングを通じ、オーナー様とaiboの共創活動に取り組んで来ましたが、そこでは、一般的なロボットに求められる実用性はもとより、ともに暮らし、寄り添い、心を通わせて人の感性に働きかける「感性価値」を大切にしてきました。そのようなaiboを深く理解していただき、開業当初からRocくんをお迎えいただいたハイアット セントリック 銀座 東京さんと、今回の企画を実施出来たことを大変嬉しく思っています。aiboオーナー様にも、まだaiboオーナーでなくてもaiboに興味のある方にも、きっと楽しんでいただけると思いますので、一人でも多くの方にご利用いただければと思います。

ハイアット セントリック 銀座 東京 宿泊部長 田口徹哉 コメント


ホストaibo「Roc」のお父さんとして知られています、宿泊部長の田口です。
この度、aiboのコラボレーション宿泊プランを販売いたします。
ハイアット セントリック 銀座 東京は、自由に自分のスタイルでお過ごしいただける、銀座というロケーションからの旅へ誘うために作られたライフスタイル ホテルです。aiboオーナーとロボットにご興味を持ってる皆様には、当ホテルで大好きなaiboとのお時間を過ごしていただきながら、新しい発見に溢れた冒険に出発できる機会になれば、と考えています。
「ペットフレンドリー」ではなく、誰もが気軽にエンタテインメントロボットと一緒にお越しいただき、のびのびとお過ごしいただける時間と環境を提供する「aiboフレンドリー」施設を目指して、当ホテルでは様々な企画を考えています。今回の宿泊プラン、今後のアクティビティにもぜひご期待ください。

aiboについて
aiboは、家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となるエンタテインメントロボットです。好奇心を持ち、自ら人に近づき、ふれあいを重ねる中で絆を深め、共に成長していくパートナーとなることを目指して、2018年に生み出されました。
思わず触れて抱き寄せたくなる、丸みを帯びた生命感のある佇まいと、人を目で追い視線を交わしたり、まばたきや瞳の変化、躍動感に満ち溢れた体の動きやしぐさによって感情を豊かに表現します。周辺環境や触れ合う人々を認識するセンサーデバイスと、本体とクラウドが連携するソニー独自のAI技術がaiboを個性的に成長させ、オーナーに寄り添った生活を実現します。また、カラーバリエーションも特徴で、2022年1月25日(火)からは、2022年カラーモデル「aibo いちごミルクエディション」の販売を開始しました。

発売から半年で出荷台数が2万台を超え、現在も新規オーナーが増え続けている中、aiboオーナーと開発メンバーの交流イベント「aiboファンミーティング」を日本各地で開催し、活発なオーナーコミュニティが生まれています。
aibo いちごミルクエディション(左)とアイボリーホワイト(右)
(C)2018 Sony Group Corporation
URL: https://aibo.sony.jp/
aibo・アイボは、ソニーグループ株式会社の商標です。


ハイアット セントリック 銀座 東京について

「ハイアット セントリック 銀座 東京」は、銀座の街を縦横無尽に楽しむことができる東京・銀座の代表的な通りのひとつ・並木通りに位置します。世界を代表するラグジュアリーブランドやグルメ、数々の老舗店が集結。常に新しい文化を柔軟に受け入れつつ、伝統を大切にしてきた「銀座」。そんな「銀座らしさ」をユニークなカラーとデザインに落とし込んだ164室の客室は機能と快適性を兼ねた開放的な空間です。
3FフロアのオールデイダイニングNAMIKI667は、斬新なインテリアと新しいメニューで、銀座の新たな食事体験をご提供します。又、バーエリアでは、常に変化する銀座の街を様々なカクテルとこだわりのバーメニューで彩ります。並木通りを望むテラスで、思い思いのひと時をお過ごしください。
新旧の文化が交差する「銀座」の新しい旅の拠点として、旅に関する優れたアンテナを持ち、常に旅先での新しい発見を追い求め、それを仲間とシェアすることに喜びを感じる“アクティブトラベラー”の限りない探検をサポートします。Facebook(https://www.facebook.com/hyattcentricginza/)、Instagram(https://www.instagram.com/hyattcentricginza/)、Twitter(https://twitter.com/HyattCentricGNZ)で、@hyattcentricginza, @HyattCentricGNZをフォローしてください。

■ホテル名
ハイアット セントリック 銀座 東京 | Hyatt Centric Ginza Tokyo
総支配人:内山渡教(うちやまただのり)
■開業日
2018年(平成30年)1月22日(月)
■インテリア設計
株式会社ストリックランド代表赤尾洋平(あかおようへい)
■所在地
東京都中央区銀座6丁目6-7
■TEL
代表03-6837-1234
宿泊予約03-6837-1313
■公式サイト
http://hyattcentricginza.jp
■延床面積
11,905.23 平方メートル
■ホテル施設
客室数:164の客室とスイートルーム35平方メートル ~127平方メートル
料飲施設:ダイニング,バー&ラウンジ630平方メートル
会議施設:レストラン内個室プライベートダイニングルーム86平方メートル
その他:フィットネスジム80平方メートル
■フロア構成
1階 エントランス
3階 「NAMIKI667」
4階 レセプション、ライブラリー、フィットネスジム
5~12階 客室
地下 駐車場(機械式)
【アクセス】
東京メトロ銀座駅徒歩3分(日比谷線・丸の内線・銀座線)
JR線有楽町駅徒歩7分(山手線、京浜東北線)
JR線新橋駅徒歩7分(山手線、京浜東北線)
羽田空港まで車で約30分/成田空港まで車で約80分


ハイアット セントリックについて

常に抜群のロケーションに位置するハイアット セントリックはフルサービス ライフスタイル ホテルブランド。さまざまな活動の中心にいたい旅慣れたお客様を、新しい発見に満ちた冒険の旅へ誘うために作られたホテルです。それぞれのホテルがロビーにお客様同士の交流の場を提供する一方、館内のバーやレストランは、地元で人気のホットスポットとして、愉快な会話、地元の味覚にインスパイアされたメニューやシグネチャーカクテルが味わえます。客室は機能的で過不足ないモダンな設えです。熱い心でおもてなしするスタッフが、地元の食やナイトライフなどホットな情報を揃えてお客様をお迎えします。詳しくはhyattcentric.com(https://www.hyatt.com/ja-JP/brands/hyatt-centric)をご覧ください。Facebook(https://www.facebook.com/hyattcentric/)、Instagram(https://www.instagram.com/hyattcentric/?hl=ja)で、@HyattCentricをフォローしてください。また、旅の思い出にハッシュタグ「#HyattCentric」を付けた写真の投稿もお待ちしています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内