『知れば知るほど面白い 神話のクニ出雲』阪急交通社「旅コト塾」で神話大好き歴女が出雲神話の物語を語ります!

2022年2月28日 月曜日 1:19 PM


出雲の国には、古代から語り継がれ、古事記や日本書紀、出雲国風土記などにも記録が見られる数々の神話が残されています。出雲大社を中心とする多くの神社仏閣はもちろん、海岸線や巨岩、かつてはひんぱんに氾濫したといわれる川などの大自然も、それぞれが出雲神話の構成要素として太古のロマンを感じさせてくれる物語を秘めています。

このたび、旅行をより楽しむための情報をお届けする講座として阪急交通社が開催している「旅コト塾」にて、こうした出雲の神々の物語を紹介させていただくことになりました。
講師は、自他ともに認める神話大好き歴女の前田みのりさん。出雲地方の神社や神話のみならず、薬草や特産品などに関する深い知識を活かした観光ガイドや観光プランナーとして活躍中です。
旧暦10月は神「無」月ではなく神「在」月? 出雲に集まった神様たちが縁結び会議後に大宴会? そんな、知れば知るほど面白い神話のクニ出雲のお話をお届けします。

●開催日 令和4年3月12日(土)
●時 間 14時~15時30分
●会 場 阪急交通社グランドビル30階 トラベルセンター
     (大阪市北区角田町8-47)
●講 師 このはなプラン代表 前田みのり氏
     演題「知れば知るほど面白い 神話のクニ出雲」
     ※前田氏は出雲市からリモートでの出演予定
●定 員 38名
●申 込 阪急交通社 旅コト塾HPから
●料 金 無料

阪急交通社 旅コト塾HP
https://hankyu-travel.com/tour/detail_d_setsu.php?p_course_no=1639685

また、3月12日(土)13日(日)は阪急交通社梅田支店にて出雲市の観光PRブースを設置。来訪された方にステキなプレゼントもご用意しております。



「歴女」前田みのりさんは観光ガイドとしても活躍中
国引き神話の舞台 薗の長浜
神在月にお集まりになった神々が最後に立ち寄られる万九千神社


出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」運行中!
「冬の出雲「うさぎ号」特集その3~温かい温泉で美肌になろう~」


出雲観光協会は、コロナ禍でも安心して出雲市内の各所を巡ることができる「出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」」を運行しています。密を避けながら電車・バスでは訪れられないご利益・開運の地を巡るなど、「森・海・郷・湯」をテーマに7コースを設定。新型コロナウイルス感染症予防対策を徹底しながら『今だけ、ここだけ、あなただけ』の出雲旅を、ウィズコロナ時代における新たな旅行スタイルとしてご提案します。






『今だけ、ここだけ、あなただけの出雲旅』を。「うさぎ号」のメリット 


『今だけ』の出雲旅 季節の食材を使用した特別な食事でおもてなし
全てのコースに、予約をいただいてから準備する地産地消の食材を使った四季のお料理、または郷土料理や食文化を楽しめる「うさぎ号」だけの特別メニューをご用意します。
また、どのコースを何度ご利用いただいても飽きないよう、四季それぞれの出雲の魅力が満載です。

『ここだけ』の出雲旅 バスや電車では訪れにくいパワースポットへご案内 
パワースポットの宝庫、出雲。しかし、中には交通の便が不便なところにあったり、ご朱印をいただく場所が神社と離れた場所もあったりします。「うさぎ号」はタクシーならではの小回りをきかせて、そんな訪れにくいパワースポットへご案内。出雲でしか味わうことができない神々の物語を深く深く感じてください。

『あなただけ』の出雲旅 出雲を知り尽くしたガイドが旅をコーディネート
7コース全てを出雲旅に精通したコーディネーターが企画していることに加え、専属ガイド1名が同行し、出雲神話の物語からお薦めのお店まで、コアな出雲を「あなただけ」にご案内します。
また、発着場所が選べ、食事や体験、各施設での待ち時間もないことから、ストレスのないスムーズな旅が楽しめます。

■コース一覧



※料金は参加人数によって変わります。
※現在のコースは令和4年3月末までの催行となり、その後コース内容変更の可能性があります。


今回は、7つのコースの中で訪れる温泉に注目して紹介します。
島根県は、大手化粧品会社が発表している「ニッポン美肌県グランプリ」で、何度もグランプリを獲得している、全国有数の美肌県です。しっとりとした空気や日照時間の短さなどの気象条件とともに、島根県を美肌県たらしめているのが、各地の温泉。
「うさぎ号」では、「湯の出雲 美肌と国譲り神話ゆかりの地」などのコースで、こうした温泉を堪能することができます。また、温泉宿によっては、美肌に特化した、特別なお食事メニュー開発や、地域ぐるみでの美肌商品開発などに積極的に取り組まれています。ぜひ一度お試しください。



美肌の湯~はたご小田温泉~

「湯の出雲~美肌の湯と国譲り神話ゆかりの地~」で訪れる「はたご小田温泉」は、美肌と食、さらに小田川のほとりで四季の花とせせらぎの音に囲まれた環境でのおもてなしにこだわる、創業100年の温泉宿です。
各所に癒しの工夫が凝らされた貸切風呂でリラックスした後は、地元の食材や調味料に徹底的にこだわった、冬限定のオリジナル料理「うにめし御膳」を堪能できます。
小田温泉がある多伎地域では、美肌をテーマに様々な事業が行われてきました。こうした取り組みを面的につないで地域ブランド力と発信力を向上させるため、令和4年2月7日に「小田温泉」「井山屋製菓」「むすびや」の3者による「玉肌協定」が締結されました。玉肌とは、いにしえより使われる美肌の雅な表現。3者が連携して、美肌に関する温泉・食事・スイーツ・体験・旅行プランなどを発信・提供していくことを目指しています。

小田温泉 外観
小田温泉 ロビー
冬限定「うにめし御膳」
美肌にまつわる取組を進める3者での玉肌協定
島根県産ビーツパウダーを使った長春色が美しい玉肌ロール



日本三美人の湯~湯の川温泉~  


「郷の出雲 出雲路縁結び3社参りの旅」で訪れる湯の川温泉は、日本三美人の湯として知られています。ホウ酸を多く含んだアルカリ性の泉質は、入ると肌がしっとりツルツルになるといわれています。
出雲大社の祭神、大国主命(オオクニヌシノミコト)と恋に落ちた八上姫(ヤカミヒメ)が、出雲の国へ向かわれる途中、旅の疲れを癒され、いっそう美しい美人神になられたと伝えられています。
出雲空港からほど近く、日帰り入浴可能な温泉施設もありますので、ぜひお立ち寄りください。
※「うさぎ号」では食事に立ち寄りますが入浴時間は含まれていません。


道の駅湯の川内に設置されている八上姫の像




出雲の旬な特産品情報をお届け!
冬の出雲で美肌効果の高い「いちご」が収穫期を迎えています!!
出雲を代表する特産品「デラウェア」は春の出荷に向けて準備中!!!


出雲は島根県を代表する農業が盛んな地域です。お米や果物、野菜、乳牛、肉牛など、幅広い農畜産物が1年を通して育まれ、食卓を彩ります。
そんな中から、今回はまさに旬を迎えている「いちご」と、春先の出荷に向けて準備が進められている、出雲を代表する特産品「デラウェア」を紹介します。


いちご 

出雲では、主に紅ほっぺや章姫(あきひめ)、そして近年では「おくに」という島根県オリジナルの品種も栽培されており、2月に収穫・出荷の時期を迎えています。
決して大規模ではありませんが、それぞれの農家で丹精込めて作られたいちごは糖度が高く、口の中に果汁が溢れます。今年はいちご特有の病気も少なく、できは上々とのこと。
コラーゲンの生成を助けるビタミンCを豊富に含んでいることから、美肌効果も期待できます。


島根県オリジナル品種「おくに」
いちご農家の高田さん。摘み方にもコツがあります。

きれいに積められて出荷を待ちます



ぶどう(デラウェア) 

小さな粒が房にたくさんくっついたデラウェア。出雲のぶどうは、全国に先駆けて毎年4月には出荷が始まります。そのため、冬のこの時期はハウス内を加温して栽培しています。島根県のハウス加温栽培面積は全国一!その8割が出雲に集中しています。
ハウス内には数千にも及ぶぶどうの房がなり、その一つひとつの成長具合やその日の天気を見ながら、芽かきやジベレリン処理(種をなくして、成長を促す液体に漬ける)という作業が行われます。
果物の中でもトップクラスの糖度があり、ポリフェノールが豊富なデラウェア。スーパーなどで今年最初にデラウェアを見かけたら、それは出雲の農家さんが育ててくれたものかもしれません。


加温されたハウス内でぶどうの花が咲いています
ぶどうの房1つひとつに手作業でジベレリン処理を施していきます
ぶどう農家の伊藤さんたち


【出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のお申込み・お問い合わせ】
一般社団法人 出雲観光協会
電話:0853-31-9466(8:30-17:15 休日/日曜)

【各コースについて詳しくは】
URL:https://www.izumo-kankou.gr.jp/11643
※「うさぎ号」各コースの記事を過去のPR TIMES配信記事に掲載しておりますので、そちらも参照してください。

【うさぎ号 プロモーション映像】



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内