仏・パリから日本初上陸!「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」ついに開幕! 世界的なインテリアデザイナー21名の作品が一堂に!

2022年3月8日 火曜日 3:49 PM

”インテリアのパリコレ”とも称される「メゾン・エ・オブジェ」から、パオラ・ナヴォ―ネ、コンスタンチン・グルチッチ、フランクリン・アジ、nendo、吉岡徳仁など・・の作品が一堂に!

歴代の「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」受賞者の作品や、現地パリ展のハイライトである、ライフスタイルのその先を知る「ホワッツ・ニュー」の先行展示、次世代の創作活動に贈られる「ライジング・タレント・アワード」受賞者の作品など、盛りだくさんの本展の見どころをご紹介!


公式サイト:https://www.takashimaya.co.jp/store/special/maison-objet/

日本橋高島屋 S.C.では、3月3日(木)より開催中の「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」(~3月21日(月・祝)まで)を開催しています。
1995年にパリで生まれた「メゾン・エ・オブジェ」は、“インテリアのパリコレ”とも称される国際展示会のひとつです。世界中から約3,000 のインテリアブランドやメーカーなどが集結し、プロダクトを展示するほか、時代に影響を与える注目のデザイナーを表彰する「DESIGNER OF THE YEAR」、最も新しいライフスタイル、生活のデザインを表現する「WHATʼS NEW?」、次世代の創作活動に贈られる「RISING TALENT AWARDS」など、世界のデザイン活動に貢献するデザインのダイアローグ(対話)の場となっています。
本展は、今日のフランスや世界のデザイン分野における才能の多様性を知る機会として、「メゾン・エ・オブジェ」を誘致し、世界ではじめて展覧会として編集し、開催するものです。

【本展の見どころ】

イントロダクション



「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年
(写真)ル・コルビュジエ 「外部に倦怠が漲る」高島屋史料館所蔵
創業1831年の高島屋の歴史の中で最も印象深く、デザイン史に残る展覧会のひとつが、輸出工芸指導の顧問としての任務のために来日していたシャルロット・ぺリアンの1941年に開催された 『選擇・傳統・創造』展と題した展覧会です。シャルロット・ペリアンは1955年に再び高島屋に招かれ、その際に共に来日した建築家のル・コルビュジエ、画家のフェルナン・レジェとの大規模な合同展が開催されました。
今回、高島屋は、時代の象徴となったその展覧会の作品の中から、カッシーナ社によって復刻された家具ル・コルビュジエの創作によるタペストリーを展示いたします。


1部「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」 DESIGNER OF THE YEAR

パオラ・ナヴォ―ネ、コンスタンチン・グルチッチ、フランクリン・アジ、nendo、吉岡徳仁・・・
世界的なインテリアデザイナーの作品を一堂に!


吉岡徳仁
ノエ・デュショフール=ローランス 
過去に「デザイナー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、めざましい活躍を遂げるクリエーターのなかから、1999年から2022年までの受賞者21名の作品が集結。受賞年代順にご覧いただくことができます。
「椅子」は、シンプルかつ機能的な家具ですが技術的観点からみれば極めて複雑なもので、各デザイナーは椅子を通じて自らのコンセプトを表現しています。本展ではその「椅子」と、機能とテクノロジーのシンボルともいえる「照明」に焦点をあて、デザイナーたちの多様性や豊かな創造性を御覧いただきます。

2部「ホワッツ・ニュー」 WHATʼS NEW?

本国パリ会場での紹介に先駆けてお披露目。新しいライフスタイルの提案をご覧ください。

「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年
「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」2022年
全体演出および空間デザインを担当するエリザベス・ルリッシュ氏が、社会の兆候やトレンドを分析し、新しいライフスタイルを提案します。
本年は「Elements of Nature(自然の要素)」をテーマに、「Essential Nature(本質的な自然)」、「Contemplative Nature(瞑想的な自然)」、「Sculptural Nature(彫刻的な自然)」という3つのキーワードを掲げ、それぞれのコンセプトに沿った注目の新作家具や照明、インテリアアクセサリーなど、「メゾン・エ・オブジェ」出展社のなかから選択された約200点を展示しています。
パリの「メゾン・エ・オブジェ」の会場でもハイライトの1つです。本国の開催延期に伴いパリ会場に先駆けた展示となります


3「ライジング・タレント・アワード」 RISING TALENT AWARDS 

2022年「ライジング・タレント・アワード」受賞者 日仏次世代クリエーターの創作活動を紹介。

岩元航大
氷室友里
狩野佑真
次世代の創作活動に贈られる「ライジング・タレント・アワード」。本展では、2022年に「ライジング・タレント・アワード」に選出された岩元航大、氷室友里、坂下麦、狩野佑真、簑島さとみ、三澤遥の作品と、2020年に「ライジング・タレント・アワード」を受賞したフランスのクリエーターらの作品を展示。向き合う形で展示する「ダイアローグ〈対話〉」形式で作品をご覧いただきます。

岩元航大は着色した木の板を積層、接着し、接着剤が硬化する前に表層をパリパリと剥ぎ取ることで、樹木の表皮のようなランダムなパターンを生みだす「PARI PARI」シリーズ、氷室友里は生地を二重にし、表面の糸をハサミでカットすることでアレンジを楽しむことができるテキスタイル作品「SNIP SNAP」シリーズ、狩野佑真は用途のない木材資源や、小径木、枝葉、樹皮、根、実、その森の土など素材をそのままを使用したプロダクト「ForestBank」を展示。

また、2022年に新設された、アトリエ・ダール・ドゥ・フランスによる選出「ライジングタレント・アワード・クラフト」に選ばれた黒川徹の作品もご紹介しています。


「デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展」開催概要

■会期:2022年3月3日(木)~3月21日(月・祝)※会期中無休
■会場:日本橋高島屋 S.C. 本館8階ホール(〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1)
■入場時間:10:30~19:00(19:30閉場)※最終日3月21日(月・祝)は15:30まで(16:00閉場)
■お問い合わせ:03-3211-4111(代表)
■公式サイト:https://www.takashimaya.co.jp/store/special/maison-objet/
■巡回予定:
・高島屋京都店 2022年4月28日(木)~5月9日(月)
・ジェイアール名古屋タカシマヤ 2022年8月17日(水)~8月30日(火)

《お問い合わせ》 
日本橋高島屋 03-3211-4111(代表)


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内