レジャー・旅先での「まさか」に備える ラジオ大阪「防災特別企画」3月11日放送

2022年3月10日 木曜日 12:51 PM

「防災ラジオステーション」を宣言したラジオ大阪(OBC、産経新聞グループ)は、東日本大震災から11年の3月11日(金)、今年2回目の防災特別企画「明日のために、今できること。」を放送します。今回はこれまでと趣向を変えて、自宅や職場を離れた「レジャー・旅先での備え」について考えます。




災害はいつ、どこで起こるかわかりません。とはいえ、常に万全の備えや心構えでいることは難しいのが現実です。今回の防災特別企画では、レジャー施設や旅行先で思わぬ災害に遭った時、どのように身を守るか、何に気を付けるべきか、また、意外と便利なグッズなど、ふと思い出すだけで役立つかもしれないヒントをご紹介します。主な内容は以下のとおりです。

「”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス」(7:00~11:00)出演:若宮テイ子
○遊園地・水族館などの娯楽施設での被災。その時、私たちができることは? (出演:阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター 主任研究員 寅屋敷哲也さん)

「原田年晴 かぶりつきフライデー!」(11:00~14:00)出演:原田年晴アナウンサー、和田麻実子アナウンサー
○天王寺動物園(大阪市)の動物や来場者の災害対策(電話出演:天王寺動物園 職員)
○幻の貝 陸前高田のエゾイシカゲ貝。東日本大震災で壊滅的打撃を受けた養殖施設の復旧。懸命の努力が実らせたその味とは(ご当地かぶりつきの旅)

「Hit&Hit!」(14:00~16:30)出演:笑福亭松喬、小川恵理子
○東日本大震災発生時、東京ディズニーランドで被災し、帰宅困難になった方の経験談から、レジャー施設での被災時の対応について考える
○ともいきの国 伊勢忍者キングダム(三重県伊勢市)の防災対策(電話出演:伊勢忍者キングダム 役者 大山百合子さん)

[旅に備えるべきもの、旅先で役立つもの](3番組共通)
○なるべく荷物を減らしたい旅。それでも備えるべきモノ・コト、そして意外に役立つグッズをご紹介
※各番組は、ラジオ大阪(AM1314、FM91.9)のほか、radikoなら全国から放送後1週間まで聴取可能。(エリア外聴取は有料会員のみ)


ラジオ大阪は、2021年1月15日に「防災ラジオステーション」を宣言しました。これは、数々の災害の記憶を風化させることなく、明日来るかもしれない災害に備えるために、放送やSNS等を通して、これまで以上に防災・減災のための情報発信や呼び掛けに力を注ぎ、リスナーの皆さんとともに、防災への意識を高める取り組みを行うことを宣言するものです。「防災特別企画」は今年2回目、宣言前からの通算では11回目の実施となります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内