マザーハウス横浜ベイクォーター店が拡張リニューアルオープン

2022年3月10日 木曜日 6:20 PM

『途上国から世界に通用するブランドをつくる』を理念とするマザーハウスは、2022年3月10日、横浜ベイクォーター店(所在地:神奈川県横浜市)を拡張リニューアルオープンします。面積はこれまでの約2倍に広がり、アパレルブランドE.(イードット)を含む、すべての商品が揃う旗艦店となります。


約70坪の広さで、開放感を感じる売場。マザーハウスのすべての商品が揃う。


マザーハウスのすべての世界観が楽しめる、横浜の旗艦店に。

2013年にオープンしたマザーハウス横浜ベイクォーター店が、記念日の2022年3月10日(木)、拡張リニューアルオープンいたします。定番のジュートバッグ、レザーバッグに加え、これまで取り扱いのなかったアパレルブランドE.(イードット)のお洋服を扱うほか、ジュエリーゾーンも大幅に拡大。ブライダルリングの受付も開始するなど、マザーハウスのすべての商品が揃う大型店になります。

ジュエリーラインアップが大幅に拡張。ブライダルリングの受付も。
広々とした充実のメンズバッグゾーン



「重なり合う波」をイメージして作られた多様な空間

お店のコンセプトは、「世界とつながる海の広場」。6か国の生産地で作られるプロダクトが並び、それぞれの空間が重なり合うことで、世界との繋がりを感じられような、マザーハウスらしい空間が誕生しました。お子様がゆっくり過ごせるキッズスペースもあり、老若男女問わずいつ訪れても楽しい、横浜の旗艦店を目指します。

店舗デザインは、国内外で数々の賞を受賞する若手建築家ユニット “o+h” の大西麻貴氏、百田有希氏が監修。長い立面を生かし、波が重なるように空間が連なって、マザーハウスの様々な国でのものづくりや、多様な商品展開が伝わるような場づくりが行われました。
波が重なり合うイメージで作られた空間。波の中ごとに、性格の異なる場が生まれる。



横浜のイメージカラーをテーマにした限定商品が登場

回収したレザーから生まれ、すべてが1点モノのリメイクシリーズ「RINNE(リンネ)」。リニューアルオープンを記念して、横浜のイメージカラー=ブルーが印象的なRINNEシリーズのバッグを特別にご用意しました。横浜にて、リニューアルオープンに合わせて特別に作られたRINNEと、一期一会の出会いをお楽しみください。

※特別に作られたRINNE3型を数量限定発売。すべてが1点モノのため、配色は在庫状況によって異なります。

【マザーハウス 横浜ベイクォーター店 店舗概要】
リニューアルオープン日:2022年3月10日
住所:神奈川県横浜市神奈川区金港街1-10 横浜ベイクォーター3F
営業時間:11:00-20:00
定休日:無休(年末年始を除く) ※横浜ベイクォーターの休館日に準ずる
取り扱い商品:バッグ、革小物、ジュエリー、アパレル、フード
ショップページ:‎https://www.mother-house.jp/shoplist/yokohama/

【マザーハウスについて】
『途上国から世界に通用するブランドをつくる』という理念を掲げ、「途上国」の可能性を「モノづくり」を通じて世界中のお客様にお届けしています。2006年の設立以来、バングラデシュをはじめ、ネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマーの計6か国で、それぞれの素材や文化を活かしたものづくりを続けています。2022年2月現在、国内36店舗、台湾4店舗、香港1店舗、シンガポール1店舗を展開しています。

【会社概要】
会社名  株式会社マザーハウス
所在地  東京都台東区台東2-27-3 NSKビル2F
設立   2006年3月9日
資本金  27,950,000円
事業内容 発展途上国におけるアパレル製品及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売
代表   山口絵理子
公式ウェブサイト http://www.mother-house.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内