「WHAT MUSEUM」、2022年4月28日(木)よりOKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」展を開催

2022年3月14日 月曜日 2:19 PM

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)」は、2022年4月28日(木)から7月3日(日)までOKETA COLLECTION「Mariage (マリアージュ)−骨董から現代アート−」展を開催いたします。



このたび、長年ファッションビジネスに携わってきたコレクターの桶田俊⼆・聖子夫妻が、約20年の年月をかけて収集してきた骨董や現代アートのコレクション「OKETA COLLECTION」を、前期・後期に分けた2つの全く異なるテーマの展覧会でご紹介します。

前期となる「Mariage −骨董から現代アート−」展では、桶田夫妻のアート収集の入り口である骨董と現代アートを中心に、本展覧会で初出展となる作品や作家の新作を含む約40点を「身体」「モノクローム」「カラー」の3テーマに分けて展示します。李朝の陶磁器にはじまり、北大路魯山人、河井寛次郎、岡部嶺男など日本を代表する陶芸家の逸品と、名和晃平、KAWS(カウズ)、TIDE(タイド)、ダニエル・アーシャム、チャバララ・セルフをはじめとする現代アーティストたちの作品が集結。国や年代、素材も異なる多種多様な作品を一つの空間で「Mariage(マリアージュ)」することで、作品の新たな魅力を発見する機会を提供します。

なお、後期展覧会OKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展は、2022年8月6日(土)から10月16日(日)までの開催を予定しています。後期展覧会および展覧会開催中に実施するイベントの詳細については、順次お知らせいたします。

*Mariage(マリアージュ):フランス語で「結婚」や「婚姻」を意味する。別々の存在が、互いに高め合い引き立て合い、調和した状態を指す。

【開催概要】

展覧会名:OKETA COLLECTION「Mariage −骨董から現代アート−」展
会期:2022年4月28日(木)~7月3日(日)
会場:WHAT MUSEUM 2階 (〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号)
開館時間:火~日 11時~18時(最終入場17時)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料:一般1,200円、大学生/専門学生 700円、高校生以下 無料
※同時開催の展覧会の観覧料を含みます
※チケットは2022年4月上旬より発売開始予定。 詳細はWHAT MUSEUM公式サイトをご確認ください
主催:WHAT MUSEUM
企画:OKETA COLLECTION、WHAT MUSEUM
展示協力:MMA Inc.
協力:Sandwich Inc.
URL:https://what.warehouseofart.org/exhibitions/oketa-collection_mariage

【本展覧会の見どころ】

名和晃平はじめ、多くの立体作品が登場。ユニークな展示デザインをほどこした空間の中で味わう、新鮮な鑑賞体験
彫刻家・名和晃平の代表作のひとつである《PixCell-Deer#48》のみを展示した、本展覧会だけの空間は必見です。また、鑑賞者が鏡に映り込むことで作品が完成するマンゴ・トムソン《November 14, 2016 (The End is Near)》やユニークな展示台に置かれた立体作品を発見することができる楽しい空間構成となっています。

名和晃平《PixCell-Deer#48》(C)Kohei Nawa | SandwichPhoto: Nobutada OMOTE | Sandwich


マンゴ・トムソン《November 14, 2016 (The End is Near)》Courtesy the artist, MAKI Gallery, and galerie frank elbaz.

骨董から現代アートまで、多岐にわたる作品を一同に紹介
桶田夫妻の”一目惚れのコレクション”を通じて、時を経ても変わらない作品の魅力を堪能できます。

北大路魯山人《椿鉢》 Photo by Keizo KIOKU


桶谷寧《曜変天目茶碗》 Photo by Keizo KIOKU

本展覧会で初出展となる作品・作家が登場
OKETA COLLECTIONとしては初出展となるチャバララ・セルフ《Wash N' Set 2》が登場します。アーティストの新作で初出展のVERDY(ヴェルディ)《VICK》、TIDE(タイド)《COMPO:L》、また、現在制作中であるクレイグ・クチアの作品など、初公開となる現代アート作品を鑑賞できます。

チャバララ・セルフ《Wash N' Set 2》Courtesy of the artist and Pilar Corrias Gallery, London. Copyright of the artist


VERDY(ヴェルディ) 《VICK》(C)︎VERDY Courtesy of Kaikai Kiki Gallery


TIDE(タイド) 《COMPO:L》(C)TIDE / (C)HENKYO

コレクター自身が作品を紹介する音声ガイド
桶田夫妻がコレクションにまつわるエピソード紹介や作品の解説をした音声ガイドを用意しています。WHAT MUSEUM公式アプリをダウンロードすると来館時に音声ガイドが利用可能です。(利用料:無料)

【出展作家(予定)】(敬称略・姓の五十音順)

ダニエル・アーシャム、ヴァージル・アブロー、飯塚琅玕齋、VERDY(ヴェルディ)、岡部嶺男、桶谷寧、ジョーディー・カーウィック、KAWS(カウズ)、ハビア・カジェハ、上條晋、加守田章二、ブライアン・カルヴァン、河井寛次郎、北大路魯山人、クレイグ・クチア、クララ・クリスタローヴァ、五木田智央、セイヤー・ゴメス、阪口宗雲斎、マシュー・デイ・ジャクソン、ジャン・ジュリアン、ラッシード・ジョンソン、チャバララ・セルフ、TIDE(タイド)、マンゴ・トムソン、名和晃平、ブライアン・ハート、シュテファン・バルケンホール、平子雄一、Futura(フューチュラ)、マリウス・ブルチーア、アダム・ペンドルトン、メル・ボックナー、エヴァン・ホロウェイ、Mr.(ミスター)、オースティン・リー、ネイト・ロウマン、カシン・ローン、ジェニファー・ロックリンなど

【OKETA COLLECTIONについて】
桶田俊二・聖子夫妻が2000年代より始めたコレクション。長年、ファッションビジネスに携わってきた夫妻が、骨董の収集からスタートし、2010年、草間彌生の作品との出会いをきっかけに、コンテンポラリーアートの本格的なコレクションへと大きく踏み出した。「一目惚れ(love at first sight)」のように強くインスパイアされた作品をピックアップする桶田夫妻のセンスが、時代を反映したユニークなコレクションを形成している。国内外の巨匠の逸品から、ファッション、ストリート・カルチャーとアートまで、勢いのあるラインナップがOKETA COLLECTIONの特徴です。

【WHAT MUSEUMについて】 https://what.warehouseofart.org
2020年12月、東京・天王洲にオープンした「WHAT MUSEUM」。寺田倉庫が作家やコレクターからお預かりしている貴重なアート作品を公開する芸術文化発信施設です。倉庫会社としての美術施設はどう在るべきかを模索し、たどり着いたのは「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」というユニークなコンセプトでした。作家の思いはもちろん、作品をするコレクターのこだわりを大切な作品とともに展示。アートとの出会いの場を創出します。倉庫内で静かに光を放つ文化的価値を暗示した、WHAT(WAREHOUSE OF ART TERRADA)の名のもとに展示されるのは、平面や立体のアート作品をはじめ、建築模型、写真、映像、文学、インスタレーションの数々。これらの多様な芸術文化を、倉庫会社ならではの美術館のかたちとして、新たな切り口で企画・展示を行っています。


【寺田倉庫について】
社名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設立:1950年10月
URL:https://www.terrada.co.jp

【本展覧会およびWHAT MUSEUMに関するお問い合わせ先】
寺田倉庫 WHAT MUSEUMチーム E-MAIL:info.what@terrada.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内