4月1日から日光・鬼怒川エリアで実質再生可能エネルギー100%の電車運行をスタートします

2022年3月16日 水曜日 3:20 PM

「NIKKO MaaS」EVカーシェアリングとセットで、都心から奥日光までCO2排出ゼロのエシカルトラベルを実現!

東武鉄道(本社:東京都墨田区、社長:根津嘉澄)では、2022年4月1日(金)から、日光・鬼怒川エリアで運行する電車及び駅施設、並びに浅草から同エリアへ運行しているすべての特急列車にかかる使用電力相当を、実質的に再生可能エネルギー由来の電力に置き換えます。これにより、同エリアの電車運行にかかるCO2排出量実質ゼロを実現します。


東武グループでは、日光・鬼怒川エリアを世界唯一の「歴史・文化・伝統と自然が共生する国際エコリゾート」にするべく、沿線自治体と協働しながら環境負荷ゼロを目指しています。
同エリアでは沿線自治体等とともに環境配慮型・観光MaaS「NIKKO MaaS」を提供しており、MaaSで利用できるEVカーシェアリングと、今般スタートする実質再生可能エネルギー100%の電車運行を利用することで、CO2排出量実質ゼロで周遊できるエシカルトラベルが可能となります。
本施策では、東京電力エナジーパートナー(株)のFIT非化石証書を活用したメニューなどを使用し、一部の電力はトラッキング付FIT非化石証書を用いることで、東武グループが保有する太陽光発電由来の環境価値が付いた電力を活用するほか、沿線地域の太陽光発電の環境価値も積極的に取り込み、地域の脱炭素化に貢献します。
より環境にやさしくなった鉄道とEVカーシェアリングなどをご利用いただき、歴史・文化・伝統・自然が織りなす日光・鬼怒川エリアへお出かけください。
日光・鬼怒川エリアを走行する特急リバティ


「NIKKO MaaS」EVカーシェアリング

■日光・鬼怒川エリア 実質再生可能エネルギー100%の電車運行開始について
1.対象区間・列車等
(1)東武日光線 下今市~東武日光間、東武鬼怒川線 下今市~新藤原間(合計23.3km)で運行する全電車
(2)同エリア内の駅等
(3)浅草~日光・鬼怒川エリア間で運行している特急リバティ・スペーシアなどすべての特急列車


2.スキーム
東京電力エナジーパートナー(株)のFIT非化石証書を活用したメニューなどを使用し、CO2排出量実質「ゼロ」となる電力に置き換えます。なお、供給される非化石証明書付電力の一部については、トラッキング付FIT非化石証書を用いて東武グループが保有する太陽光発電由来の環境価値が付いた電力を活用するほか、沿線地域の太陽光発電の環境価値も積極的に取り込み、地域の脱炭素化に貢献します。


3.開始日
2022年4月1日(金)

4.「NIKKO MaaS」について
「NIKKO MaaS」は、東武線各駅から日光までのフリーパスをはじめ、日光地域でのカーシェア・観光コンテンツ等をすべてスマートフォン1台でスムーズに検索・購入・利用できる新しい旅の形をサポートするシステムです。従来のようにチケット手配・レンタカー予約・観光コンテンツ検索をそれぞれのサイトで個別に行うことなく、「NIKKO MaaS WEBサイト」経由で検索・購入・利用することができます。


日光地域の交通と観光コンテンツをワンストップで検索・購入(イメージ)

5.カーシェアリング
「NIKKO MaaS」では、環境にやさしい最新のEV・PHVカーシェアを日光エリアに導入、「NIKKO MaaS WEBサイト」経由で、24時間365日貸出・返却できます。東武日光駅前や中禅寺バスターミナルなど、交通結節の良い場所にカーシェアポートを設置し、利便性を高めます。
CO2排出量実質「ゼロ」となる特急列車と合わせてEVカーを利用すれば、東京から奥日光までCO2排出ゼロで移動できるエシカルトラベルが可能となります。





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内