岐阜県東白川村に新キャンプエリア登場!キャンパー向け森林レンタルサービス「forenta」

2022年3月20日 日曜日 10:18 AM

エントリー受付期間3月19日(金)~4月4日(月)。内覧会は4月8日(金)、9日(土)に岐阜県東白川村で開催いたします。

キャンパー向け森林レンタルサービス「forenta」を展開する株式会社山共(本社:岐阜県東白川村、代表取締役:田口房国)は、岐阜県東白川村に新たなキャンプエリアをオープンいたします。2022年3月19日(金)からforenta公式ウェブサイトにてエントリーの受付を開始いたします。






forenta-GIFUの新エリア〈源藤(げんとう)21-28番地〉〈源藤29-40番地〉エントリー受付開始!



岐阜県東白川村。名古屋から車や電車でおよそ2時間。中津川ICより車で1時間の場所に位置します。
村域の約90%を森林が占めており、ヒノキやスギが植林されています。

源藤エリアは標高約700mの山の中に位置し、全体的になだらかな地形はキャンプに最適。
道からアクセスできるので乗用車でも十分訪れることができます。
車通りはほとんどなく、川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら静かにキャンプを楽しむことができます。

今回は以前からオープンしていました源藤1番地~20番地の近くに、
新たに源藤21番地~28番地、源藤29番地~40番地を設置しました。

年間利用料:個人契約 66,000円(税込)
      法人契約 99,000円(税込)
1区画の広さ:概ね200~300坪(区画によってばらつきがあります)


エントリー受付期間は3月19日(金)から4月4日(月)。
内覧会は4月8日(金)、9日(土)に現地で開催いたします。
詳細はforentaウェブサイト(https://www.forenta.net)をご覧ください。




〈源藤21-28番地〉樹齢50年~100年のスギ、ヒノキ、マツが立ち並ぶエリア






昔は畑などがあった土地で、今もその石垣が残っています。エリア内には谷があり、川のせせらぎが聞こえてきます。伐採して間もない丸太はブッシュクラフトに使用できます。舗装路からのアクセスも良いエリアです。
<紹介ページ https://www.forenta.net/gentou-21-28



〈源藤29-40番地〉寒陽気山を望む村有林エリア





標高1,108メートルの寒陽気山を望む開放感溢れるエリア。東白川村が所有する「村有林」です。東白川村は「日本で最も美しい村連合」に加盟し、FSC森林認証や100年の森林づくり計画、または企業との連携に力を入れています。その村有林の一部が、はじめて森林レンタルとして活用されます。forentaとしても初めての行政と連携したエリアとなりますが、今後の公有林の活用にも一石を投じるものになるかもしれません。
<紹介ページ https://www.forenta.net/gentou-29-40


forentaとは


forentaは、森林所有者の立場から考えた日本初のキャンパー向け森林レンタルサービスです。

従来、森林の価値は木材の価値で測られてきました。近年でこそウッドショックにより木材の価値は上がっていますが、それでも、一度伐採したら次の伐採までただ時間が過ぎていくだけの森林に価値を感じられず手放したい方が多くいらっしゃいます。

そうした背景の中、forenta発案者の田口(弊社代表)が林業の研修でドイツに行った際、週末になると市民がこぞって森に遊びに行く光景を見て、森林の新しい価値感を感じました。

近年ではキャンパーを中心に森林の需要が高まり、一般の方が山林を購入するケースが増えていますが、山林を購入することはその後の管理、税金や地元住民とのトラブルなどの課題もあります。その結果、利用されなくなった山林が放置されることが懸念されています。





山林を購入しなくても一般の方が手軽に森林に来て楽しみ、自然に慣れ親しんでほしい。
その想いから「forenta」が生まれました。

また、同じような森林所有者の方にも、森林には新しい価値観が確かに存在していることを証明し、村も自然もまだまだ捨てたものではないことを知っていただきたいです。

森林を負の遺産としてではなく、森林という素晴らしい資源を持つこの国で、多くの人とともに分かち合いながら、人の豊かさの象徴としての「森林」を後世に残していきたい。その想いでforentaは活動を広げていきます。






〈forentaの理念〉
・森林という資源、フィールドを一般の方々に開放する
・山主、林業関係者、田舎に住む人の意識改革を促す
・森林活用が文化として定着、醸成されることを目指す


私たちは森林の新しい活用方法を模索しながら、森林も人の暮らしも共に良くなることを考え、人の豊かさの象徴として「森林」を後世に遺していきたいと願っています。



forenta運営パートナーの募集



山林をキャンプエリアとして開放してから予想を大きく上回るエントリーがあり、今も新しいエリアの情報をお待ちいただいている方が多くいらっしゃいます。一度伐採したら次の伐採までただ時間が過ぎていくだけの森林に、
価値を感じてくれる人が大勢います。

森林には木材以外にも価値が存在することを証明し、豊かな財産として次世代に残したい。その思いで「forenta」を全国の森林に広げます。お持ちの山を活用しながら、森林の価値、延いては山村の価値を一緒に高めるパートナー様をお待ちしております。
ご興味をお持ちいただけましたら、forentaお問い合わせフォーム(https://www.forenta.net/contact)よりご連絡ください。




森林レンタルサービス発案者 田口房国より


forentaは森林空間に一般の方が気軽に入っていただけることを目指して始めました。
コロナ禍で密を避けながら楽しめるアウトドアレジャーはブームとも言えますが、デジタル化が急速に進む今日の社会にあって、人が心身ともに健康であるために森林空間が果たす役割はきっとこれからも大きくなっていくと思います。

一方で、そのために森林空間が人の手によってどんどん開発されてしまうのも違うと思っています。
そこに生えている植物、住んでいる動物、または林業をはじめ、これまでそこで営みを続けてきた先人の文化を大切にしながら、新たな活用方法をプラスしていくことがサスティナブルな事業につながると私は思っています。

国土の3分の2を占める森林が多くの一般市民によって活用されることになれば日本にとって計り知れない恩恵をもたらすに違いありません。
森林という素晴らしい資源を持つこの国で、多くの人とともに分かち合いながら、人の豊かさの象徴としての「森林」を後世に残していきたいと考えています。





◼️今後の予定
3月19日(土)~4月4日(月) forenta-GIFU源藤21-40番地 エントリー受付開始
4月8日(金),9日(土)   forenta-GIFU源藤21-40番地  内覧会

同時に既存エリアのエントリー受付も行います。
4月中にご利用契約完了予定。※予定は予告なく変更になることがあります。


◼️株式会社山共概要
(1) 名称:株式会社山共
(2) 所在地:岐阜県加茂郡東白川村越原976-10
(3) 代表者:代表取締役 田口房国
(4)主たる 事業内容:木材製造業
(5) 資本金:8百万円
(6) 設立年月日:1955年12月
(7) 山共URL:https://yamakyo.com
(8)forentaURL:https://www.forenta.net

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内