三重県桑名市博物館で幻の企画展「刀剣幻想曲・再演(とうけんファンタジア・アンコール)」開催中

2022年3月22日 火曜日 6:49 PM

桑名市博物館では、春の企画展「刀剣幻想曲・再演(とうけんファンタジア・アンコール)」を3月12日(土)から5月8日(日)まで開催しています。


【桑名市指定文化財】《刀 銘 備前介藤原宗次》(天武天皇社蔵)
近年、刀剣への注目度が高まっており、特に若い世代を中心に刀剣ブームが広がりをみせています。その一方で、刀剣は鑑賞する上で専門用語が多く、初心者の方にとっては親しみづらい分野でもあります。そこで当館では2020年3月に当館所蔵の刀剣を通じて刀剣鑑賞のイロハを紹介する「刀剣幻想曲」展を企画するも、COVID-19の影響によりあえなく中止。文字通り”幻”となった企画ですが、実現を望む声が数多く寄せられたことから、このたび、「刀剣幻想曲・再演」として展覧会を開催することとなりました。
本展では、村正をはじめとした桑名ゆかりの刀工や、近年調査して明らかになった伊勢国ゆかりの刀剣を披露します。さらに、過去に出品した後「もう一度見たい」というご要望を多く頂戴した刀剣を展観いたします。刀剣・刀装具の鑑賞方法はもちろん、刀剣の由来や、刀工による技法の違いなど、知っているとより楽しめる刀剣の奥深い魅力を紹介します。題名にある「幻想曲」とは、特定の形式にとらわれず、自由に楽想を展開させた楽曲を指します。本展が、刀剣鑑賞を思い思いに楽しんでいただく「幻想曲」への序奏となれば幸いです。

春の企画展「刀剣幻想曲・再演」
2階特集陳列 桑名市出土品展 -地面の下には何がある?-

●期間
令和4年(2022年)3月12日(土)~5月8日(日)
●会場
桑名市博物館(桑名市京町37番地1)
●休館日
毎週月曜日(ただし3月21日(月・祝)は開館、翌22日(火)休館)
●開館時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
●入館料
大人[高校生以上]150円、中学生以下無料
●関連行事
桑名市博物館・桑名市立中央図書館連携事業
セミナー「『刀剣幻想曲・再演』展の見どころ」
日時:3月26日(土) 13:30~
会場:くわなメディアライヴ(桑名市中央町3丁目79)
講師:服部早希(桑名市博物館)
申込方法:桑名市立中央図書館へ電話(0594-22-0562)※定員になり次第、締め切りとなります
●関連サイト
https://www.city.kuwana.lg.jp/bunka/bunkashisetsu/hakubutsukan/




「本物力こそ、桑名力」をキャッチフレーズとして掲げる三重県桑名市。三重県桑名市東京PR事務局を運営する(株)ポニーキャニオンは、「魅力みつけびと」やメディアを通し、桑名市のさまざまな魅力や旬の情報を発信しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内