【ザ・リッツ・カールトン京都】世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR(アースアワー)」に参加

2022年3月23日 水曜日 4:48 PM

~お客様と共に、地球温暖化防止と環境保全について考える~

ザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区鴨川二条大橋畔、総支配人:シャビ・ゴンザレス)は、ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニーが継続的に行なっている社会・環境保全活動「コミュニティ・フットプリント」の一環として、2022年3月26日(土)に開催される世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR(アースアワー)」に参加いたします。


「EARTH HOUR」ロゴマーク(左)、ザ・リッツ・カールトン京都 外観(右)
「EARTH HOUR」は、WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)が提唱し、世界の人々が、「地球温暖化を止めたい」「地球の環境を守りたい」という思いをわかちあう、世界最大級の消灯アクションで、2021年には192の国と地域が参加しました。今年は3月26日(土)現地時間の午後8時30分から午後9時30分まで、世界各地でライトダウンが行われます。

ザ・リッツ・カールトン京都では、同日午後8時30分から午後9時30分まで、エントランスエリアや回廊などパブリックエリアを中心に照明の減光・消灯を行い、CO2、エネルギーの削減に協力します。 また1階「ザ・ロビーラウンジ」では同時間、キャンドルを灯した空間の中で、京都市の協力のもと環境保全について考えるきっかけとなる資料を配布します。ご宿泊のお客様には、同時間に客室の電気を消して会場へお越しいただくよう呼びかけ、地球温暖化防止と環境保全について共に考えるひとときをご提案します。

当日会場では、このイベントのために考案した「サステナブルモクテル」をご提供します。「バカルディ レガシー カクテル コンペティション2020」日本大会での優勝経験を有する「ザ・バー」ヘッドバーテンダー浅野陽亮が考案したサステナブルモクテルは、カクテルなどに使用するフレッシュジュースを作るために絞ったライムやレモン、グレープフルーツ、オレンジの皮やパイナップルの芯に生姜などのスパイスを加え、さらに砂糖と水を合わせて煮詰めた「スパイスド シトラスストック」にトニックウォーターを加えた、オリジナルのノンアルコールカクテルです。

地球の未来に思いを馳せるひとときを、ザ・リッツ・カールトン京都でお過ごしください。

ザ・リッツ・カールトン京都 「EARTH HOUR 2022」
日 程:2022年3月26日(土)
時 間:午後8時30分から午後9時30分まで
内 容:
・パブリックエリアの減光・消灯
・ザ・ロビーラウンジにて「サステナブルモクテル」の提供 ※ご宿泊のお客様限定
料 金:無料
「EARTH HOUR」について:https://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour-info/2022/

「コミュニティ・フットプリント」について
「グローバルシチズンシップの拡大」を約束とし、ザ・リッツ・カールトンの社会責任と環境責任のプログラムであるコミュニティ・フットプリントは、当社のサービス価値、長期計画、事業運営に組み込まれています。この取り組みは、子供たちの幸福、環境保全、飢餓と貧困救済に重点を置いています。詳しくは、www.communityfootprints.com (英語)をご覧になるか、Twitter: www.twitter.com/RitzCarltonCSRで
ザ・リッツ・カールトン・コミュニティ・フットプリントをフォローしてください。

ザ・リッツ・カールトン京都について
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、祇園や河原町、先斗町など繁華街に近く、観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、ここでしか味わえない上質な時間を提供します。総客室数は134室。客室平均面積は50平米と京都市内最高水準の広さを誇り、レストランやバー、宴会場、スパをご用意しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内