品川区、初のコミュニティバス「しなバス」の試行運行を開始

2022年3月28日 月曜日 6:22 PM

~民間公共交通網を補完し、交通利便性のさらなる向上を目指します~

 品川区は3月28日、西大井駅~大森駅を結ぶ区間でコミュニティバス(愛称名=「しなバス」)の試行運行を開始しました。コミュニティバスの運行は品川区では初めてです。みなさん、ぜひご利用ください!






品川区コミュニティバス導入背景について

 品川区内は鉄道駅が延べ40駅、路線バスが61系統運行されていることから交通の利便性が高い環境にある一方で、バス停から距離がある地域や本数が少ない地域、道路幅員等の関係で大型バスを通せない地域なども存在しています。

 このような状況を受け、区の魅力を維持・継続していくため、区内の交通利便性のさらなる向上を目指し、民間公共交通網を補完する役割として区内初となるコミュニティバスを導入します。


コミュニティバス「しなバス」試行運行開始について

 3月28日に試行運行をスタートする品川区初のコミュニティバスの愛称は「しなバス」と命名しました。この愛称は公募を行い、幅広い世代に愛着をもってもらえるよう分かりやすく、覚えやすいものとして決定しました。

 区間は西大井駅から大森駅を結ぶルートで、1時間あたり2本運行します。運行は東急バス株式会社が行い、運賃は大人220円、小児110円、東京都シルバーパスも利用することができます。

 今後、試行運行は3年目の運行実績に基づき、本格導入や廃止も含めた見直しについて判断します。

 運行開始に先立ち、3月28日に式典を開催しました。式典には、濱野区長をはじめ近隣の町会関係者などが参加しました。



 濱野区長は「しなバス」に対する思いを語りました。

濱野区長コメント
 「都市の利便性に交通は欠かせない要素です。この「しなバス」を一人でも多くの方にご利用いただき、地域の足として活躍してもらえるよう取り組みを進めて参ります。」


・コミュニティバス概要
・愛称:しなバス
・試行運行開始日:令和4年3月28日(月)
・運航本数:1時間あたり2本
・運行企業:東急バス株式会社
・運賃:大人220円、小児110円、東京都シルバーパスも利用可

運行路線図



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内