【ハンドレッドステイ 東京新宿】レトロからモダンまで、ホテルを拠点に都会で銭湯めぐり 宿泊プラン「銭湯ライフプラン」の販売開始

2022年3月29日 火曜日 5:20 PM

レジャーやビジネスの後は、疲れを癒やす自分好みのサウナや入浴を

オリックス・ホテルマネジメント株式会社が運営する、ホテルとサービスアパートメントが一体となった滞在型ホテル「ハンドレッドステイ 東京新宿」(所在地:東京都新宿区、総支配人:増渕 弥太郎)は、2022年4月1日(金)~6月30日(木)の期間、東京都内にある約470軒の銭湯で利用可能な共通入浴券付きの宿泊プラン「銭湯ライフプラン」を販売しますのでお知らせします。本日より、ホテル公式ウェブサイト(https://www.hundredstay.com/jp)にて、予約受付を開始します。


銭湯「万年湯」(新宿区大久保)
客室(Comfort Queen Room)
当ホテルが位置する、高層ビルが建ち並ぶ東京の副都心“新宿”には、数多くの銭湯があります。銭湯は、古くからその地域に根付き、住む人たちにとって、なくてはならない交流の場としても親しまれてきました。旅行者にとっても、旅の疲れを癒すだけでなく、旅先の新しい魅力を発見する場所として楽しまれています。また、最近では、銭湯文化を盛り上げるため、老舗の銭湯がリニューアルし、更なる人気を博しています。

本プランは、古き良き日本文化である「銭湯」で、ゆったりと時間をお過ごしいただくとともに、“新宿”の人や街を存分に知っていただきたいという思いで企画しました。プランには、東京都内の約470軒で利用可能な「共通入浴券」と「新宿区銭湯ガイドブック」が付いており、番台のある昔ながらの銭湯や日替わりで薬湯がある銭湯、タイル絵や富士山のペンキ絵を視覚的に楽しめる銭湯など、新宿区だけでも19軒の銭湯がそろいます。当ホテルを拠点に都会の銭湯めぐりをご堪能ください。

ハンドレットステイ 東京新宿は、地域の魅力を発信し、地域と施設の長期的なブランド価値向上を目指す「地域共創プロジェクト」に取り組んでいます。地域と旅行者をつなげる拠点として、心に残る滞在体験のご提供に努めてまいります。



1. 宿泊プラン「銭湯ライフプラン」概要

多彩な魅力をもつ「銭湯」を体験いただける、「都内共通入浴券」と「新宿区銭湯ガイドブック」が付いた宿泊プランです。周辺は交通の利便性もあり、翌朝1時過ぎまで営業する銭湯もあり、観光、ビジネス、レジャー後の好きな時間に楽しんでいただける、中長期滞在におすすめのプランです。ご自分なりの“銭湯ライフ”を満喫してください。


銭湯受付(イメージ)








2. 「ハンドレッドステイ 東京新宿」について

国内では希少な、ホテルとサービスアパートメントが一体となった滞在型ホテルです。多様な間取りの客室には、キッチン、電子レンジ、調理器具、洗濯機などが備わる部屋もあり、長期滞在でも快適にお過ごしいただける仕様となっています。館内には24時間コンシェルジュ、フィットネスジム、カフェラウンジ、ミーティングルームなども完備し、今までのホテルステイのスタイルではなく、「泊まる」から「暮らす」へ一味違う新しい滞在をご提案しています。

外観





3. 「地域共創プロジェクト」について

オリックスグループが運営する旅館・ホテル、水族館、研修施設の計21施設、11地域において、地域の企業や自治体との連携やオリックスグループのリソースを活用して、新たな観光資源の発掘・創出を行うプロジェクトです。地域の新たな魅力を発信することで、地域と運営施設の長期的で安定的なファン作りと地域活性化により、「訪れるお客さま」「地域」「当社施設」にとっての好循環を促すことを目指しています。
https://www.orix-realestate.co.jp/news/2021/05/release_002039.html



4. オリックスの「クレンリネスポリシー」について

すべてのお客さまに、安心・安全にご利用いただけるよう、オリックス不動産株式会社とオリックス・ホテルマネジメント株式会社では、クレンリネスポリシー(『With COVID-19』下における運営・サービス指針)を策定し実践しています。
https://www.orixhotelsandresorts.com/info/2020/09/16/3604/

<取り組み例>
1.衛生管理推進責任者の配置
衛生管理推進責任者は、お客さまを万全な状態でお迎えできる体制の整備に努めるとともに、クレンリネスポリシーの遵守状況をチェックし、また、従業員への周知徹底を図ります。

2.クリーンステイ・ルームシール
クリーンステイ・ルームシールは、客室をガイドラインに基づき清掃・消毒し、それらに加えてお客さまの手などが触れる頻度が高い箇所を専用クリーナーなどで丁寧に拭き上げたことを保証する目印です。客室清掃完了後、ドア部に貼付し、客室の衛生管理状態を確保します。

そのほか、アルコール消毒液の設置や入店の際の検温の徹底、テーブル間のソーシャルディスタンスの確保などお客さまに安心してお過ごしいただけるよう感染対策を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内