歴代シリーズ販売台数 累計2,700万台を誇るCIVICは今年発売から50周年/『AUTOMOBILE COUNCIL 2022』に Hondaブース出展

2022年3月31日 木曜日 3:49 PM

~初代CIVICや貴重な歴代デザインスケッチを展示/2022年4月15日(金)~17日(日)開催~

本田技研工業株式会社(本社:港区、取締役代表執行役社長:三部敏宏)は、2022年4月15日(金)から17日(日)まで、千葉県千葉市の幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2022(オートモビル カウンシル 2022)」に、今年で発売から50周年を迎えるCIVIC(シビック)をテーマに出展します。


YAMATO CIVIC
CIVIC50周年ロゴ
1972年7月12日に日本で初代モデルが発売されたCIVICは、Honda四輪車の中で最も長い歴史を持ちます。その歴代シリーズ累計の販売台数は2,700万台を超え、「市民の」という意味の名前の通りにグローバルでご愛顧頂いています。
今回のHondaブースでは、1972年発売の初代CIVICと、1970年代後半から80年代前半にかけてレース活動で活躍したYAMATO CIVIC(ヤマト シビック)を展示します。

初代CIVICは世界の四輪市場への本格的な参入を目指していたHondaが、「世界市民のベイシック・カー」づくりに挑戦したモデルです。その後CIVICはHondaに受け継がれている“人間中心のものづくり”の思想を核として、時代の要請に応えるためにスタイルやサイズを変化させながら進化してきました。初代モデルの展示を通じ、Hondaのチャレンジする企業姿勢を伝えていきます。

もう一台の展示車両であるYAMATO CIVICは、初代CIVICをベースにHonda社内の有志がレース参戦のために製作した車両です。今も脈々と受け継がれる研究開発に携わるメンバーの「走る喜び」を追求した思いを伝えます。

発売から50年間の皆様への感謝を胸に、CIVIC そしてHondaはこれからも新たな価値にチャレンジし続けます。

■CIVIC 50周年特設サイト:https://www.honda.co.jp/CIVIC/50th/


「AUTOMOBILE COUNCIL 2022(オートモビル カウンシル 2022)」開催概要

■開催日時: 
 2022年
 4月15日(金) 10:00~18:00(プレスタイム10:00~12:30)
 4月16日(土) 10:00~18:00
 4月17日(日) 10:00~17:00
■会 場: 幕張メッセ (千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
■公式サイト: https://automobile-council.com/events/ac2022/
■主 催: AUTOMOBILE COUNCIL 実行委員会


Hondaブース情報/展示車両・おもな展示物


初代CIVIC
1972年 初代 CIVIC
「世界市民のベイシック・カー」を目指した初代CIVICには、FF・横置きエンジン、ハッチバックスタイル、ストラット方式四輪独立懸架サスペンションなどのさまざまな先進技術が導入されました。これにより、経済性・機能性・合理性の総合バランスに優れたモデルが誕生。当時の小型車市場に新風を巻き起こし、世界中でご愛用いただくロングセラーシリーズの礎を築きました。

YAMATO CIVIC
1984年 YAMATO CIVIC
本田技術研究所の社内自己啓発チームとして1965年に創部されたTEAM YAMATOが、当時人気を博していた富士グランチャンピオンレースの前座であるマイナーツーリングなどに参戦するために、初代CIVICをベースに1974年に製作されました。市販車のCIVICでは2代目が役目を終えた1984年まで活躍し、その間で2度マイナーツーリングでの年間王者に輝きました。

初代CIVICデザインスケッチ
歴代CIVIC デザインスケッチギャラリー
CIVIC発売50周年を記念して、歴代CIVICのデザインスケッチをそれぞれの世代ごとにまとめた11枚の連作です。開発初期のアイデアスケッチからファイナルデザインに至る数々のビジュアルが、たずさわったデザイナーたちのCIVICにかけた思いを物語ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内