STAND with ウクライナ 『バトルフィールド クルーティの戦い』緊急チャリティ上映会 4/12(火)開催決定!

2022年4月4日 月曜日 10:18 AM

【収益は全額ウクライナの人道支援団体に寄付】                                      ソ連の侵攻に立ち向かったウクライナ兵たちの雄志と戦いの悲惨さを描いたウクライナ映画

現在ロシアによるウクライナ侵攻でウクライナ各地では子供を含む多くの犠牲者が出ており、たくさんのウクライナ人が大きな困難に直面しています。一方的なロシアのウクライナ侵攻、それに対して祖国を守るために銃を持ちロシアに立ち向かうウクライナの人たち。 しかし今日起こっているこの戦争と同じ事が実は100年前にも起こっていました。ロシア帝国の崩壊の後、ソ連軍はウクライナに侵攻しました。その侵攻を阻止するために戦争未経験の学生たちは銃を持ちソ連の大軍に立ち向かっていったのでした。 この勇敢なウクライナやウクライナ兵の姿を映画を通じて見直すことによって私たちのウクライナへの連帯の気持ちを表したいと思います。 そのために100年前に起きた「クルーティの戦い」を映画化した『バトルフィールド クルーティの戦い』(2019製作)のチャリティ上映会を企画いたしました。 是非このチャリティ上映会の情報を周知されるべくご協力をよろしくお願いいたします。


『バトルフィールド クルーティの戦い』緊急チャリティ上映会



日時:4月12日(火) 19時開場 19時15分開演 21時5分終演予定
場所ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷区渋1-23-16 ココチビル7・8階)
チケット発売月5日(火)19時よりヒューマントラストシネマ渋谷HP (https://ttcg.jp/human_shibuya/)にて発売開始
料金一般1900円 大学・専門1500円 他
※今回は特別上映のため各種割引はありません
※収益は全額ウクライナの人道支援団体に寄付いたします

映画『バトルフィールド クルーティの戦い』


1918年ウクライナ。キエフ郊外のクルーティに侵攻してくる4000人のソ連兵に立ち向かうわずか400人のウクライナ兵。しかもその大半は志願をした戦争未経験の学生たちだった。史実に基づく「クルーティの戦い」を完全映画化。
【STORY】1918年。ロシア帝国崩壊とともに独立したウクライナ人民共和国にムラヴィヨフ率いるソビエト軍の侵攻がはじまった。大学生の青年・アンドリーは学徒部隊として志願する仲間達を見送りながら、自らを平和主義者だと主張し出征を拒否していた。しかし、軍人である父と兄を持つアンドリーはある晩、ソビエト軍侵攻の記録フィルムを観せられ、学徒志願を決意する。数日間の短い軍事訓練を受け、戦地へと送られる若き新兵たち。その行先には首都・キエフ侵攻を狙うムラヴィヨフ大佐の軍勢が待ち受けていた。4000人のソビエト軍と、僅か400人のウクライナの兵士たち。祖国の運命を賭けた激戦がはじまった。

監督:アレクセイ・シャパレフ
出演:エヴヘニー・ラマフ、アンドレイ・フェディンチク、ナディア・コヴェルスカ、ヴィタリー・サリー、オレクシー・トライテンコ
2019年/ウクライナ/ウクライナ語/ 110分/ オリジナル5.1ch/スコープサイズ
原題:Kruty 1918
配給:ハーク
(c) Ukrainian State Film Agency,2019 (c) GOOD MORNING DISTRIBUTION LLC,2019 All Rights Reserved

参考資料 「クルーティの戦い」
1918年1月29日、キエフの東北130キロにあるクルーティ駅で起こった戦い。
この戦いは、4000人の兵士のソ連ボルシェビキ軍とわずか400人のウクライナの部隊(約300人は学生)の間で行われた。クルーティの戦いはウクライナ人の心の中で特別な意味を持ち、ウクライナの若者の英雄的行為とされている。約400人の半数が戦闘で殺され、戦闘後にボルシェビキに捕獲された27人の学生は処刑された。この戦いの真実は長らくソビエト連邦政府によって隠されていた。
しかし近年、戦いより80周年を記念してアスコルドの墓に位置したクルーティの戦いの碑を作成し、記念フリヴニャコインが鋳造された。

4月12日(火)ヒューマントラストシネマ渋谷にて19時開場!!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内