西陣織・細尾がもつ2万点もの帯図案にSPREADが着彩、特別企画展「MILESTONESー余白の図案」を京都伝統産業ミュージアムにて開催

2022年4月6日 水曜日 12:48 PM

京都伝統産業ミュージアム(運営:株式会社京都産業振興センター 所在地:京都市左京区)では、特別企画展「MILESTONESー余白の図案」(主催:株式会社京都産業振興センター)を、2022年4月23日(土)より開催いたします。本展は、京都・西陣の株式会社 細尾(代表取締役社長 細尾真孝 所在地:京都市中京区)に残された約2万点にもおよぶ帯図案がもつ「余白」のデザインに着目する展覧会です。




特別企画展「MILESTONES ー 余白の図案」
会期:2022年4月23(土)~7月18日(月祝)
  (休館日:4月25日、5月30日、6月27日)
開館時間:9:00-17:00(入館は16:30まで)
会場:京都伝統産業ミュージアム 企画展示室
  (〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 みやこめっせ B1F)
観覧料 :一般当日|800円(18歳以下無料)
      前売り・学生・各種割引|500円
https://kmtc.jp

主催:株式会社京都産業振興センター
共催:京都市
協賛:デビス株式会社
協力:株式会社細尾・京都芸術大学
ディレクター:細尾 真孝
キュレーター:井高 久美子
空間構成:周防 貴之
グラフィックデザイン:SPREAD
参加作家:堂園 翔矢

株式会社細尾は、 2014年から京都芸術大学と「MILESTONES」プロジェクトとして、次世代が活用できるアイデアソースとするため、約2万点に及ぶ帯図案のデジタルアーカイヴに取り組んできました。
本展では、この膨大なデータを活用し、堂園 翔矢氏(コンピュテーショナル・デザイナー/プログラマー)が機械学習によって生成した新たな図案と、「カラーとコンセプト」を特徴とするクリエイティヴ・ユニットSPREAD(https://spread-web.jp)が、独自の解釈で着彩した過去の図案をインスタレーションとして公開する展覧会です。

「図案」という言葉は、明治期に「デザイン」の訳語として生まれました。その源流の一つは、京都における工芸の近代化です。以来、図案を土台とした工芸の創作活動は、産業、教育の両面から一般に普及していきました。
西陣織もその例に漏れず、約20もの分業された工程は、図案の作成から始まります。本展で紹介する約2万点の図案は、その下書きにあたる未着彩の図案です。それは、まさに図案家が後世のクリエイションのために残した「余白」であり、今を生きる私たちがデザインの可能性を再考するための一つの道標となるでしょう。

本展にて、機械学習と着彩による図案の解釈を通じ、デザインとは何かをぜひ考察していただきたいと思います。



細尾×京都芸術大学で取り組むプロジェクト「MILESTONES」


京都芸術大学では、さまざまな造形加工整備や機材を有する制作支援工房「ウルトラファクトリー」にて、第一線で活躍するアーティストやクリエイターが学生とともに活動する実践型授業「ウルトラプロジェクト」が展開されており、学年や学科を問わず多くの学生が参加しています。そのプロジェクトの1つである2014年にスタートした「MILESTONES」は、株式会社細尾が所蔵する約2万点の伝統的な図案をデジタルアーカイヴすることで後世に残すとともに、学生のダイナミックな感性で、帯図案を新しいデザインに展開することを目指すプロジェクトです。参加する学生は、細尾 真孝氏の主導のもと、代々受け継がれてきた手書きの帯図案を一枚一枚手作業でスキャニングし、デジタルアーカイヴすると同時に、各図案 (吉祥文様や季節のモチーフなど) に込められた意味のリサーチを進めています。


MILESTONES



アーカイヴ図案



インスタレーションに参加するアーティストのご紹介


過去の図案家たちが残した「余白」に、クリエイションするアーティストをご紹介いたします。


堂園 翔矢氏 
コンピュテーショナル・デザイナー/プログラマー
1988年生まれ、東京都在住。データやアルゴリズム、機械学習を用いた領域横断的なデザインやリサーチを中心に活動。直近のプロジェクトに深地宏昌との共作「4D DRAWING」(2021) 西陣織の老舗・細尾との共同研究開発 「Quasicrystal」(2020) がある。アルスエレクトロニカ、文化庁メディア芸術祭など受賞多数。



SPREAD
山田春奈と小林弘和によるクリエイティブ・ユニット。長い時間軸で 環境を捉えるランドスケープデザインの思考と鮮烈な印象を視覚に伝えるグラフィックデザインの手法を融合。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD = 広げる」 クリエイティブを行う。主な仕事に「国立新美術館開館10周年」記念ビジュアル工場見学イベント「燕三条 工場の祭典」など。
https://spread-web.jp





本展のディレクションを担当する西陣織・細尾について


「細尾」は元禄年間(1688年)、京都西陣において大寺院御用達の織屋として創業。京都の先染め織物である西陣織は1200年前より貴族をはじめ、武士階級、さらには裕福な町人達の圧倒的な支持を受けて育まれてきました。「細尾」は今、「帯」や「きもの」といった伝統的な西陣織の技術を継承しながら、革新的な技術とタイムレスなデザイン感性を加えることによって、唯一無二のテキスタイルを生み出し、国内外のラグジュアリーマーケットに向けて展開しています。
https://www.hosoo.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内