【ホテル日航大阪】 プラスチックごみ削減に向け、バイオマス原料を使用した客室アメニティを順次導入

2022年4月8日 金曜日 3:18 PM

プラスチック資源循環法の施行に伴い、持続可能な社会実現に向けた取り組みの一環として

大阪 心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋1-3-3、代表取締役社長・総支配人:呉服 弘晶)は、2022年4月1日に施行された「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック資源循環法)」に伴い、プラスチック使用製品廃棄物の排出抑制のため、ヘアブラシ、かみそり、歯ブラシなどの客室アメニティをバイオマス原料、再生プラスチックなどを使用した製品へ順次移行いたします。ホテル日航大阪の客室プラスチックごみ排出量は年間約7.6トン。(※1)下記6品目の全客室への移行が完了した際には、最大約40%削減となる見込みです。





ホテル日航大阪 特定プラスチック使用製品の切り替え内容

【ヘアブラシ】本体:藁40%、再生プラスチック60% 包材:サトウキビ由来成分30%
【かみそり】本体(刀部除く):エコプラスチック50%
【歯ブラシ】本体:藁40%、再生プラスチック60% チューブ容器・包材:サトウキビ由来成分30%
【シャワーキャップ】本体・包材:サトウキビ由来成分30%
【クシ】本体:藁40%、再生プラスチック60% 包材:サトウキビ由来成分30%
【マドラー】本体:木100% 包材:紙100%


そのほか、プラスチック削減への取り組み

1. 紙製ストローの導入
ホテル直営レストラン・バーラウンジ、および宴会場では2019年より紙製ストローを提供しています。
2. 客室バスアメニティのミニボトル廃止
10階~19階の客室において、シャンプーなどのミニボトルを廃止し、ポンプボトルを使用しています。
3. 忘れ物(傘)の再利用
お客様の忘れ物として破棄されるビニール傘をJR尼崎駅へ置き傘として寄付しています。(年間50~100本)

ホテル日航大阪SDGsへの取り組みについて詳しくはこちら
https://www.hno.co.jp/other/sdgs.html



(※1)2019年度ホテル客室からのプラスチックごみ排出量

【ホテル日航大阪について】
開 業 :1982 年(昭和57 年)9 月4 日
所在地:542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-3-3
アクセス:大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅8.号出口直結
施設紹介:地上32 階、地下4 階。客室数603 室、料飲施設9 店舗、大小13 の宴会場、チャペル、エステティックサロンなどを備える総合施設。テイクアウト、およびオンラインショップでの商品販売も行う。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアライアンスホテル。
ホテル日航大阪公式サイト https://www.hno.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内