【恵比寿に大人が通うカウンター中華】極上中華料理店「中華Aoki」OPEN

2022年4月11日 月曜日 10:18 AM

"株式会社そら(本社:東京都渋谷区、代表取締役:都築学)は、中華料理店「中華 Aoki」を2022年4月21日、恵比寿(日比谷線恵比寿駅5番出口徒歩1分)にオープンします。"





~伝統的な中華料理と特注カウンター席で会話が弾む特別なお食事体験~

伝統的な四川料理をベースに、日本人が真心(愛情)を込めて作る中華料理店「中華Aoki」。
麻婆豆腐やエビチリなど、痺れと辛さが食欲をそそる定番・四川料理や、色鮮やかな多種類の小籠包、さらにフカヒレ等の高級食材を用いた贅沢な内容をリーズナブルな価格帯でご提供致します。
また、中華料理と日本料理の技法や食材を組み合わせたオリジナルメニューも揃えております。






店内は開放的な空間が広がり、竹製のせいろから漂う竹皮の香りでお客様をお迎えいたします。
存在感のある特注カウンター席は、目の前の厨房で盛り付けをする料理人達の姿を観られる特等席です。
会話が弾み、自然と距離を縮めさせてくれることこそがカウンター席の醍醐味。
距離をグッと近づけたい大人の男女へ、「中華Aoki」ならではの体験をご提供致します。

◆クラウドファンディングサイト「makuake」にて、中華 Aoki の『定額コース会員』様を数量限定で募集致します。makuake会員様限定でフリーフローコースというスタイルで極上中華をお楽しみ頂けます。

~香辛料特有の痺れる中華料理の数々~




【正宗麻婆豆腐】
麻婆豆腐の味の決め手となるのは麻(痺れ)と辣(辛さ)です。
3年以上熟成させた郫県(ピーシェン)豆板醤を使用し、熟成の深みがコクとあと引く辛さを感じさせます。
更に、香りが引き立つように直前に粉砕した花山椒と4種の香料を掛け合わせた五香(ウーシャン)が、本格麻婆豆腐特有の痺れを感じさせます。
口に入れた瞬間に花山椒の痺れを感じ、後から豆板醤や自家製辣油の辛さが追いかけてくる、辛さの奥に深みを感じる一品です。




【小籠包】
自家製の皮の中に熱々のスープと豚肉を閉じ込めた小籠包は、口に入れた瞬間、肉の旨味をストレートに感じることが出来ます。
季節ごとに3~5種類の味を用意しており、彩り豊かな小籠包を楽しめるのも特徴の一つです。
蒸したてを提供しますので熱々をご堪能ください。





【フカヒレ煮込み 白湯スープ】
当店では、繊維が細く歯切れの良いヨシキリザメを使用しております。
口に含んだ途端にほどける繊維は、噛むごとにプリっとした歯応えをお楽しみ頂けます。
伝統的な醤油餡と一緒にお召し上がりください。




【岩中豚の叉焼】
弾力と脂のサシが特徴の「岩手県岩中豚の肩ロース」を使用しており、 ジューシーな叉焼に仕上がっています。
メークワイル(薔薇のお酒)を使用したタレで焼き上げることにより、花の香りと優しい甘みをほんのり感じます。
”プチプチ”とした食感が特徴のタスマニア産・粒マスタードの程よい酸味が、叉焼ととても合います。





【大海老のチリソース】
豆板醤ベースのチリソースに溶き卵を入れることにより、マイルドな口当たりとなっています。
王道のエビチリをお楽しみください。




【SPF特選岩中豚の東坡肉 深黒ソース】
東坡肉(トンポーロー)とは、中国の歴史ある料理のひとつで皮付き豚の角煮のことをいいます。
国産の皮付き豚を5時間弱火で煮込み、とろけるほど柔らかくした後、高温の油で揚げることにより外はカリっと中はトロっとした仕上がりです。
黒酢ソースにはヴィンコットと3種類の酢を使用しており、フルーティな甘みと爽やかな酸味が口いっぱいに広がります。
大粒の梅干しと一緒にマリアージュをお楽しみください。




【北京ダック】
低温でじっくりと焼くことにより、パリパリで香ばしい皮に仕上げました。 皮に合わせる自家製甜面醤は2種類の味噌と季節のジャムを使用している為、フルーティな甘味とコクがあります。 パリパリの食感、香ばしい香り、自家製甜面醤の甘味にクレープのもちもち感がマッチし、五感が刺激される一品です。


~男女の特別な夜のひとときを~




天井高3.8mある開放的な空間には、特注カウンターとアイランドキッチンがあり、目の前で手際よく盛り付けをする料理人の姿は、まるで劇場にいるかのようなライブ感を感じます。
食事と共に自然と会話が弾む、楽しいディナーをエスコートするのに打って付けな空間です。






店内奥には、4名テーブル席や8名席の個室をご用意しております。
個室にはターンテーブルがあり、接待や合コン等様々なシーンで使い分けることが出来ます。
更に、ソファ席も用意している為、大切な方との語らい空間としてお過ごし頂けます。


~一期一会の料理を食べて「おいしい」って言ってもらいたい~



シェフ 青木良輔
埼玉県出身。
17歳から中華料理の門をたたき、18歳で東京赤坂の名店『四川飯店』で伝統的な中華料理を一から修行する。
その後、”スーツァン・レストラン陳”で10年の修行を経て伝統的な中華料理を極める。
お客様に感動して頂く料理を提供することにこだわり、自身の店舗を通じてお客様が味わったことのない体験をしてお客様の笑顔を引き出したいと日々の技術革新に努めている。
中華の名店譲りの正統な中華料理を大事にしながら、新しい技法などを用いて枠にとらわれずチャレンジし、世界にひとつだけの中華料理店を目指す。

【店舗概要】
店名:中華Aoki
所在地:150-0022
 東京都渋谷区恵比寿南2丁目2番7号 TS山本ビル2階
TEL:03-6303-4940
営業時間:17:00~23:30(LO22:30)
※政府の緊急事態宣言の要請状況によって変動
定休日:不定休
instagram:https://www.instagram.com/chuuka_aoki/

【会社概要】
会社名: 株式会社そら
所在地: 東京都渋谷区広尾5-4-16 GEMS広尾 54号
代表者: 都築 学
URL: https://www.sola-japan.co.jp
事業内容:飲食事業 スポーツストレッチ事業 フィットネス事業部 顔トレーニング事業部 カーセールス事業 シェアハウス&シェアオフィス事業 コンサルティング事業

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内