世界初、「AIと人間がアート作品を共創する」アートイベント開催。AIが描いた絵画展示と、ダンサーやアーティストが「AIとの共創」にライブで挑戦

2022年4月15日 金曜日 2:49 PM

4/22(金)~4/24(日) 羽田イノベーションシティにて開催。AIによるライブペインティングや、トークセッションも開催予定

株式会社クリエイターズネクスト(本社:東京都港区、代表取締役:窪田望)は2022年4月22日(金)から4月24日(日)まで、羽田イノベーションシティにて開催される「イノベーションEXPO2022春」にて、『題名のないAI絵画展』を出展いたします。本絵画展は、 「人間とAIが共創する世界」をテーマに、AIの技術を使って描かれた絵画作品を展示。一般観覧者は、絵画に題名をつけながら作品を鑑賞するなど、感性を刺激する仕掛けが用意されています。また、東京シティ・バレエ団バレエダンサーの中弥智博氏や氷染めアーティストSAYAKA ASAI氏などとの創作ライブセッションや、各業界のトップリーダーとの対談も開催予定です。


AIの技術を使って描かれた絵画作品


ただ作品を見るだけではなく、『題名のない絵画』にタイトルをつけながら鑑賞する。
観覧者 参加型の作品展示で、 「人間の感性を拡張するAIの可能性」を体感


将来、人間の仕事を奪うことを懸念されることもあるAIですが、人間の感性を拡張してくれるAIの素晴らしさをお伝えすることが本絵画展のコンセプトです。展示されている作品には題名がつけられていません。固定観念や知覚、身体的な限界を持たないAIは、何をテーマに、この作品を描いたのか?観覧者の方々には、実際に自分の考える絵画の題名をステッカーに書き、作品の傍に貼り付けながら鑑賞いただきます。また、絵画展ではAIによる創作プロセスについても映像化して展示。ライブペインティングでは、参加者が考えたテーマをもとに、AIが作品を創っていく様子を観察できます。

AIが絵画を描くプロセスの一部

本絵画展のプロモーション映像:https://vimeo.com/698540095/404ecfa231


様々なプロフェッショナルと、本イベントのプロデューサー窪田望とのコラボレーションで、
「AIが人間の感性を刺激し、新たな会話やアートが生まれる瞬間」をお届けします



様々なプロフェッショナルと、プロデューサー窪田望とのコラボセッション
■4月22日(金)
11:00~:目が見えない人と楽しむ絵画のワークショップ
14:00~:「東京シティ・バレエ団 中弥智博氏がAIが描いた絵画に触れるとどんな踊りをするのか」
16:00~:建築家 山村健氏、起業家 殿崎亜美氏と語る「Alがひろげる建築の芸術性」

■4月23日(土)
13:00~:大田区 産業経済部長 山田良司氏 との対談「前例をぶち壊せ。アートとイノベーションと行政」
16:00~:NFT鳴門美術館代表理事 山口大世氏との対談「NFTの未来を語ろう」

■4月24日(日)
13:00~:氷染めアーティスト SAYAKA ASAI氏との対談とライブでの作品制作「DEEPARTコラボ」
16:00~:元スクウェア・エニックスCTO 橋本善久氏との対談「メタバース・NFTについて語り合うDEEPな夜なべ」


本絵画展のプロデューサー 窪田 望(くぼた のぞむ)について

本絵画展のプロデューサー 窪田 望


・株式会社クリエイターズネクスト 代表取締役
・大正大学 招聘教授
・デジタルハリウッド大学大学院 客員准教授

米国NY州生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。15歳の時に初めてプログラミング開発を行い、ユーザージェネレーテッドメディアを構築。大学在学中の19歳の時に起業し、現在17年目。2019年、2020年には4万5000名の中から日本一のウェブ解析士(Best of the Best)として2年連続で選出し、2021年には初の殿堂入りを果たす。

「イノベーションEXPO2022春」開催概要

日程:2022年4月22日(金)11:00~17:00、4月23日(土)・24日(日) 10:00~17:00
場所:羽田イノベーションシティ
主催:羽田みらい開発 協賛:城南信用金庫
後援:大田区


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内