【バイク乗り500人に聞く】理想の時間帯は?ハマったきっかけは?ツーリングに関するさまざまな調査!

2022年4月21日 木曜日 7:48 PM

日本トレンドリサーチ・ツーリングに関する調査

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)は、RIDEZ株式会社と共同で「ツーリング」に関するアンケートを実施し、結果をサイト内にて公開したので紹介します。



■ツーリング、ハマったきっかけは?
「友達の影響で」「ドラマや映画で見て」などなど、バイクにハマるきっかけは色々とあるでしょう。
また、バイク好きな方々の中でも、どのようなツーリングが好きかというのも人それぞれ違うかと思います。

ということで今回は、RIDEZ株式会社と共同で、全国の「バイク乗り」男女500名を対象に、「ツーリング」についてアンケートを実施しました。

※本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「日本トレンドリサーチとRIDEZ株式会社による調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13549/)へのリンク設置
・RIDEZ株式会社(https://ridez.jp/)へのリンク設置

「ツーリングに関するアンケート」調査概要
調査期間:2022年3月27日 ~3月29日
質問内容:
質問1:バイク乗り(バイクを走らせるのが好き)になったきっかけを教えてください。
質問2:ソロツーリングと2人以上でのツーリング、どちらが好きですか?
質問3:その理由を教えてください。
質問4:どのようなことを工夫しているか教えてください。
質問5:どのような時にバイクに乗りたくなりますか?
質問6:ツーリングをする理想の時間帯について、もっとも当てはまるものをお選びください。
質問7:その時間帯にツーリングしたい理由を教えてください。
集計対象人数:500人
集計対象:事前調査で「バイクが好き」と回答した全国の男女

※原則として小数点以下第2位を四捨五入し表記しているため、合計が100%にならない場合があります。

■バイク乗りになったきっかけは?
まずは、「バイク乗り(バイクを走らせるのが好き)」と回答した男女500人に、そのきっかけについて聞きました。

「バイク乗り(バイクを走らせるのが好き)」になったきっかけ


きっかけは、学生の時にかっこいい先輩が乗っていたから。(50代・女性)
以前勤務していた会社の女性の先輩が、旦那さんとバイクに乗っているという話をしてくれました。そのときとても楽しそうだなと思い、興味を持つようになりました。それから普通自動二輪の免許を取りに行きました。(30代・女性)
社会人になって初給料でバイクを買ったことから(70代・男性)
バイクの後ろに乗せてもらったのが嬉しくて、好きになった(40代・女性)
映画を見てバイクに取ってみたいと思い、免許を取りました。友達とツーリングに行って、はまりました。(60代・男性)
北海道に住んでいたのでバイクの爽快感を感じたくて乗るようになりました。(50代・男性)
16歳で免許をとって、バイクで自由に遠方に出かけられることで好きになりました。(70代・男性)
ドーベルマン刑事という漫画があり、その主人公がハーレーに乗っていて憧れていた(50代・男性)


学生の時にかっこいい先輩が乗っていたからや、社会人の初給料でバイクを買ったからなどのきっかけがありました。
その他にも映画や漫画の影響を受けてハマったという方もおり、そのきっかけはさまざまあるようです。


■ソロと2人以上どっちの方が良い?
次に、ソロツーリングと2人以上でのツーリングどちらの方が好きかについて聞きました。

「ソロツーリング」と回答した方が59.2%と、圧倒的に多い結果になりました。
それぞれの回答をした方に、その理由についても聞きました。

「ソロツーリング」が好きな理由


特に行き先を決めずに、何となく走るのが好きだから(50代・女性)
1人の方が気楽だし、いつどこで休憩しても寄り道してもいいのでソロの方がいいと考え選びました。(10代・女性)
一人が行動しやすく、気を使わなくてよいから(70代・男性)
人に合わせて乗るのが苦手。一人気ままに走らせるのが気持ちいい。(50代・男性)
気兼ねなく、マイペースで楽しいから。(50代・男性)
良さそうな店に気楽に自由に入れるから。気兼ねしなくて良い(40代・男性)
気を使わなくて良い。ルート変更も大丈夫(40代・男性)
自由気ままにツーリングすることで解放感が味わえるからです。(70代・男性)
好きな時間に出発できて、好きな時間に帰ることができるから(50代・男性)


「ソロツーリングが好き」と回答した方は、1人の方が気楽だからや、気を遣わなくていいからなどの理由があるようです。
自由気ままに好きなように走れるというのは、ソロツーリングの大きな魅力の一つですね。


「2人以上でのツーリング」が好きな理由


私は極度の方向音痴なので、誰かと一緒に行かないと、迷子になります。(30代・女性)
仲間がいた方が安心・安全だし、食事も美味しいし楽しみを共有できる。(60代・男性)
皆とわいわい言いながら走るのが楽しい(60代・男性)
誰かと一緒のほうが楽しいから。でも少人数が良いです。(30代・男性)
多人数で先頭を交替しながら走る方が楽しいです。(60代・男性)
恋人とのツーリングがほんと楽しいです。(40代・男性)
気の合う仲間と一緒に走らせるのが楽しい(60代・男性)


「2人以上でのツーリングが好き」と回答した方は、みんなとわいわい言いながら走るのが楽しいからや、食事などの楽しみも共有できるからなどの理由がありました。
走っている最中だけではなく、休憩や食事などで会話などを楽しめるのは複数人でのツーリングの良い所ですね!


どちらともいえない理由


1人もいいが仲間と走るのもいい(40代・男性)
一人で自由気ままに走るのも良し、皆と心を通わせて走るのもよし。(70代・男性)
旦那さんの後ろに乗って日帰り2人旅がしたいから(40代・女性)
自由な一人旅もいいし、仲間と皆でツーリングするのも楽しい。ソロは開拓で、グループは親交が目的。(50代・男性)
一人は自由でどこにでも立ち寄ることができる。相手に気を遣わなくていいが時には旅先でのことなど共有したいとも思うからどちらともいえない。(60代・女性)
ソロツーリングもマスツーリングもどちらも好き、一人の時は行く先を決めずに自由気ままに走れるし、多人数の時はインカムを繋ぎワイワイ言いながら楽しく走れる(50代・男性)


「どちらともいえない」と回答した方は、一人で自由気ままに走るのも、みんなと心を通わせて走るのも良いからなどの理由がありました。
ソロでも複数人でも違った良さが感じられるというのも、ツーリングの魅力になっているようです。


■どんな時に乗りたくなる?理想の時間帯は?
続いて、どのような時にバイクに乗りたくなるかについて聞きました。

バイクに乗りたくなる時


平日は仕事を一生懸命頑張っていました。そのストレスを解消するために、休日はバイクに乗っていました。仕事が忙しいときほど、バイクに乗りたくなっていました。(30代・女性)
一人で考えたい時とか、ストレスの解消とか、天気がいい時とかです。(10代・女性)
快晴で、埃っぽくなく風が殆どないとバイクで走りたくなります。(60代・男性)
何も考えたくない時、なにかに悩んでいた時(10代・女性)
気候が良く、ちょっと人のいないところに行きたい時(50代・男性)
春から晩秋にかけてのある程度気温の温かい晴れた日(60代・男性)
あちこちを見てみたいときです。花のきれいな時期とか、行事があるときなどは、乗りたくなりますね。(70代・男性)
気分が落ち込んだ後、いい天気の時、気分転換に出かけたくなる(30代・男性)


天気が良いときや、気分が落ち込んだり悩んだりしている時にバイクに乗りたくなる方も少なくないようです。
ツーリングをする理想の時間帯についても聞きました。



「9~12時」が38.2%と、もっとも多い結果になりました。
合わせて62%の方が「9~15時」の時間帯を回答しており、日中の明るい時間帯にツーリングしたい方が多いようです。
それぞれの回答をした方に、その理由についても聞きました。

理想の時間帯とその理由




「6~9時」と回答した方は、日の出を浴びながらのツーリングが最高だからという理由があるようです。
また、夜~深夜の時間帯が良いと回答した方は、交通量が少なくて空いているからなどの理由がありました。


■まとめ
今回は、バイク乗りになったきっかけや、ツーリングについてのさまざまな調査を実施しました。
学生の時にかっこいい先輩が乗っていたから、社会人の初給料でバイクを買ったから、映画や漫画の影響を受けたなどなど人それぞれ色々なきっかけがあるようです。

ソロツーリングと複数人でのツーリングではどちらの方が良いかの質問では、「ソロツーリング」と回答した方が59.2%と、圧倒的に多い結果になりました。
その理由としては、1人の方が気楽だからや、気を遣わなくていいからなどの理由があるようです。

とはいえ、もちろん複数人でのツーリングにも魅力はたくさんあります。
時間帯や誰と行くかなどによって色んな楽しみ方が出来るというのも、ツーリングの大きな魅力かもしれません。


本プレスリリースの内容は、弊社運営サイト「日本トレンドリサーチ」にて公開しております。
https://trend-research.jp/13549/

<記事等でのご利用にあたって>
・引用元が「日本トレンドリサーチとRIDEZ株式会社による調査」である旨の記載
・「日本トレンドリサーチ」の該当記事(https://trend-research.jp/13549/)へのリンク設置
・RIDEZ株式会社(https://ridez.jp/)へのリンク設置

【RIDEZ株式会社について】
本社:〒221-0862 神奈川県横浜市神奈川区三枚町33番地新横浜MTビル5階
代表取締役:鳥巣 一広
Tel:045-628-9666
URL:https://ridez.jp/
事業内容:モーターサイクルグッズの企画・販売

【日本トレンドリサーチについて】
『日本トレンドリサーチ』では、弊社運営のアンケートサイト「ボイスノート」などの調査サービスを使用し、各種サービス・商品などの満足度や、最近の出来事に関する意識調査の結果を公開しています。

日本トレンドリサーチ:https://trend-research.jp/

【株式会社NEXERについて】
本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F
代表取締役:宮田 裕也
Tel:03-6890-4757
URL:https://www.nexer.co.jp
事業内容:インターネットリサーチ、SEO、WEBブランディング、レビューコンテンツ、リアルショップサポート、WEBサイト制作

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内