【雲ノ茶KUMONOCHA】清水三年坂店限定 ⽼舗茶舗「堀井七茗園」の宇治茶を使用 厳選された日本茶をもっと身近に 

2022年4月22日 金曜日 8:48 PM

先月26日にリニューアルオープンした「雲ノ茶KUMONOCHA」清水三年坂店。「和らぐ、お茶を、京都で。」をコンセプトに、日本茶をより若者に、より日常にて楽しんでもらうことをモットーとしている雲ノ茶KUMONOCHAは、京都宇治の老舗茶商「堀井七茗園」のお茶を使用。観光名所清水寺にて、園主が厳選した老舗のお茶の味わいを提供いたします。



「堀井七茗園」の抹茶を使用 極上抹茶清水・極上宇治抹茶ラテ

日本茶カフェ「雲ノ茶KUMONOCHA」清水三年坂店は取り扱うお茶にこだわりを持っており、宇治抹茶のみを使用しています。中でも「極上抹茶清水」、「極上宇治抹茶ラテ」二商品は、老舗「堀井七茗園」のお茶を使用しております。




■極上抹茶清水
老舗「堀井七茗園」の厳選された極上宇治抹茶を使用。優しい甘さと宇治抹茶の香りは飲みやすくお子様からご年配の方まで楽しんでいただけます。現在ボトルバージョンで販売しており、気軽に持ち運べてどこでも飲めるスタイルになっています。また、日本茶そのまんまを楽しみたい方のために、無糖極上抹茶清水も販売しています。




■極上宇治抹茶ラテ
老舗「堀井七茗園」の厳選された極上宇治抹茶を使用し、雲ノ抹茶ラテを楽しみたいが、本格的なお抹茶も味わいたい方に最適な一品。ふんわり可愛い雲型ラテアート(ホットの場合のみ)は、インスタで話題に。奥深い甘みのある特製ミルクと、香り豊かで上品な宇治抹茶の風味をお楽しみ下さい。






■堀井七茗園とは
室町時代足利将軍(義満)が宇治で優れた茶園を七か所指定した「宇治七茗園」の中で現在唯一残る、宇治茶のルーツとも云うべき茶園「奥ノ山」。その「奥ノ山茶園」を代々守り受け継ぐ宇治有数の茶舗です。現在多くの茶園は機械を取り入れ摘採を行うが、当園は昔ながらの手摘みを継承し続けています。またさらにお茶の品質にこだわり、一年の最初に採れる、旨味を最も多く含んだ「一番茶」のみを取り扱っています。




堀井七茗園では、京都府内産の一番茶のみを使用し、1時間で40gしか挽き上がらない石臼でゆっくりと入念に挽いていきます。色・味・香り、すべてにこだわった深みのある抹茶が仕上がります。そんな老舗茶舗の宇治抹茶を、京都の観光名所である清水寺にて皆さんにご提供します。






5月中旬発売予定ーー「柚子煎茶茶葉 x 風呂敷セット」特別宇治新茶バージョン





清水三年坂より雲ノ茶KUMONOCHA店内に足を踏み入れると目に入るお土産コーナーでは、下記3種類のお茶を揃えております。




◆「桃がころころ桜の坂道」 極品白桃烏龍茶葉 x 風呂敷セット
◆「八坂のゆず月」 葡萄煎茶茶葉 x 風呂敷セット
◆「清水寺のぶどう雨」 柚子煎茶茶葉 x 風呂敷セット


これから迎える新茶の時期に向けて、「柚子煎茶茶葉 x 風呂敷セット」特別宇治新茶バージョンを、5月中旬にアップ予定です。



■新茶とは
お茶の葉は、1年に何度か摘採が行われますが、年に1度訪れる新茶の時期は、お茶農家にとって特別な季節です。この時期に摘採される新茶は品質が最も高く、厳しい冬の間じっくり養分を蓄えた茶葉には、健康維持に欠かせない栄養分が豊富に含まれており、昔から「新茶を飲むと1年間無病息災で過ごせる」との言われがあるほどです。
雲ノ茶KUMONOCHAでは、堀井七茗園さんの選りすぐった新茶を取扱い、こだわりのあるお茶をトレンドに合わせた風呂敷で包み上げ、今の時代に合った新たなお茶の楽しみ方を消費者に提供していきます。




雲ノ茶KUMONOCHA 概要




店舗名 : 雲ノ茶 KUMONOCHA 清水三年坂店
所在地 :
〒605-0862 
京都市東山区産寧坂松原上る入清水3丁目317番地
ホームページ:https://www.kumonocha.com/
Instagram:@kumonocha_kyoto
運営企業:株式会社金平堂
お問い合わせE-mail : kumonocha@ksdg.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内