栃木・日光の銘酒「鳳凰美田」× 武蔵野坐令和神社・拝殿天井画が唯一無二のコラボレーション

2022年4月25日 月曜日 5:18 PM

純米大吟醸酒「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice)」 武蔵野坐令和神社にて4/29(金)発売

公益財団法人 角川文化振興財団(所在地:東京都千代田区、理事長:角川歴彦、以下 角川文化振興財団)は、 「ところざわサクラタウン」内、「武蔵野坐令和神社」にて、栃木県の小林酒造「鳳凰美田」とコラボレーションした純米大吟醸酒「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice)」を4/29(金)に発売します。これに合わせて4/29(金)~5/8(日)に、武蔵野坐令和神社にて特別参拝を実施いたします。




武蔵野坐令和神社拝殿の天井には、日本が誇るRPG「ファイナルファンタジーシリーズ」のキャラクターデザインなどを手がけ、繊細かつ独特な世界観で世界中のファンを魅了し続けるクリエイター・天野喜孝氏による「鳳凰図」が描かれています。KADOKAWAのシンボルでもある「鳳凰」をモチーフに、未来から飛来した雌雄一対の霊鳥をイメージした作品です。
このたび、その「鳳凰」を名前に冠した栃木県の銘酒「鳳凰美田」のパッケージに武蔵野坐令和神社の「鳳凰図」を使用するコラボレーションが実現。「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice)」として、武蔵野坐令和神社社務所にて4月29日(金)より販売するはこびとなりました。


商品名  「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice) 」(醸造元:小林酒造)



価格    5,500円(税込)
発売日   2022年4月29日(金)
販売場所  武蔵野坐令和神社 社務所内
※1本からのご購入可能。おひとり様3本までご購入いただけます。

「鳳凰美田」の醸造元、小林酒造は、明治5年(1872)に創業し、 150年もの間、風土、歴史、感性を、唯一無二の価値として高品質な吟醸酒造りを続けてきました。国内外の日本酒コンテストのグランプリ常連蔵として、国際線のファーストクラスやビジネスクラスに採用されるなど、プレミアム酒の造り手として知られています。
吟醸酒「鳳凰美田」は、みずみずしくフルーティーな吟醸香が特徴的で、華やかで上質、女性にも親しみやすい味わいです。


4/29(金)~5/8(日)武蔵野坐令和神社で特別参拝を実施



武蔵野坐令和神社では4/29(金)~5/8(日)、「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice)」のパッケージに使用されている拝殿天井画「鳳凰図」を実際にご覧いただける特別参拝の時間を設けます。

<武蔵野坐令和神社・特別参拝>
期間: 4/29(金)~5/8(日)
時間: 第1回 11:00~、第2回 14:00~、第3回 16:00~
初穂料:500円
天井画のある拝殿内にて神職がお祓いした後、皆さまに御拝礼いただきます。その後、直会(なおらい)として「武蔵野鳳凰(Musashino Fenice)」をご試飲いただきます。
※感染症対策により参列人数の制限を設ける場合があります。事前の予約は必要ございません。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内