META- XENAKIS 「クセナキスと舞」

2022年4月26日 火曜日 8:48 PM

加藤訓子がプロデュースするクセナキス生誕100周年記念イベント、5月12・13日 彩の国さいたま芸術劇場 

稀代のパーカッショニスト加藤訓子がプロデュースする世紀のクセナキス・イベント第二弾は、Meta Xenakis (メタ・クセナキス)「クセナキスと舞」。二十世紀の偉大作曲家ヤニス・クセナキス生誕100周年を記念して5月12日(木)、13日(金)は、彩の国さいたま芸術劇場にてクセナキスの傑作をダンスとともにお届けします。


クセナキスと舞
昨年都内で開催し好評を博した Xenakis et le Japon (クセナキスと日本)に引き続き、クセナキス生誕100周年本年である2022年は、生涯「能」に憧れていたというクセナキスと舞(ダンス)をフィーチャーした二日間のスペシャルイベントを彩の国さいたま芸術劇場との共同主催で開催する。このイベントは、メタ・クセナキスコンソーシアム*のオフィシャルイベントとして世界発信されると共に同コンソーシアムへ正式アーカイブされる。実力派アーティストが集い、世界でも滅多に観られない演目をラインアップ。ダンスも楽しむ、クセナキスに浸る二日間。

出演、加藤訓子、中村恩恵(ダンス)、中所宜夫(能楽師)、般若佳子(ヴィオラ)、北井千都代(ダンス)、他、日本を代表する若手パーカッショニスト14名。

【日 時】 2022年5月12日(木)・13日(金) 各 15:00開演(14:30開場)
【会 場】 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
【曲 目】

『響・花・間』  
寒河江勇志(音響デザイン) + 須藤崇規(映像)

『エンベリ』  
般若佳子(ヴィオラ) + 北井千都代(ダンス)

『ルボン a . b . 』
中所宜夫(能舞) + 加藤訓子(パーカッション)

『プサッファ』
中村恩恵(ダンス) + 加藤訓子(パーカッション)

『プレイアデス』  
東 廉悟・齋藤綾乃・篠崎陽子・戸崎可梨・富田真以子・中野志保・新野将之・藤本亮平・古屋千尋・細野幸一・眞鍋華子・三神絵里子・横内 奏・濱仲陽香(パーカッション)

【主催】特定非営利活動法人芸術文化ワークス
【共催】公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
【後援】ギリシャ大使館、特定非営利活動法人日本現代音楽協会、Olympolis Art Project、Centre Iannis Xenakis、Meta Xenakis Consortium
【協力】アダムス、パール楽器製造株式会社、ヤマハミュージックジャパン、ファーム株式会社、ボーズ合同会社、株式会社リンジャパン、ナクソスジャパン株式会社

* 20世紀の偉大な作曲家ヤニス・クセナキスの生誕100周年を記念してセンターヤニスクセナキス(フランス)を中心にメタ・クセナキスコンソーシアムが2021年に設立される。日本より加藤訓子がアーティスティックコミッティーメンバーへ選任され、加藤訓子が代表理事を務める芸術文化ワークスもパートナー団体として参画している。日・米・仏・メキシコ・ギリシャに跨る国際共同事業体。
https://meta-xenakis.org


【チケット情報】 一般:5,000円・U-25:3,000円 (全席自由)
           ※U-25 公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書要提示。
【チケット取扱い】

SAFチケットセンター tel. 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場 休館日除く10:00~19:00)
SAFオンラインチケット  https://ticket.aserv.jp/saf/
窓口 彩の国さいたま芸術劇場(休館日除く10:00~19:00)・埼玉会館(休館日除く10:00~19:00)

【プレイガイド】


teket(電子チケット)https://teket.jp/314/11433


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内