『Reborn-Art Festival 2021-22』[後期]の詳細発表! 小谷元彦によるキービジュアルを初公開!

2022年4月26日 火曜日 8:18 PM

記者発表会にて、川俣正、風間サチコ、加藤泉、SIDE COREなど参加アーティスト18組、「音楽」と「食」のコンテンツについて発表!

一般社団法人Reborn-Art Festivalは、4月25日(月)、石巻、仙台、東京の3会場をオンラインで繋いで「Reborn-Art Festival 2021-22 [後期] 」記者発表会を実施。 石巻市からは本イベントの実行委員長の齋藤正美石巻市長、宮城県行政庁舎からは名誉実行委員長の村井嘉浩宮城県知事、東京からは[後期]アートキュレーターの和多利恵津子・和多利浩一(ワタリウム美術館)と実行委員長の小林武史が登壇し、8月20日(土)からの開催に向けたメッセージと「アート」「音楽」「食」各コンテンツの最新情報を発表いたしました。




キュレーターの和多利恵津子・和多利浩一からは、記者発表で公開となった[後期]のキービジュアルを、天使の⽻の先に希望の光が灯る小谷元彦による全長約6mで現在も制作中の新作彫刻作品《Surf Angel -provisional monument 2》に決めた想いや、参加アーティスト18組、市街地のメイン展示エリアが「石巻南浜津波復興祈念公園」周辺となること、ウクライナ侵攻を受けて「ウクライナ戦後復興支援プロジェクト」を実施することが発表されました。
今後も参加アーティストは随時追加されます。
また、これまで発表された作品の一部が、常設作品として[後期]も6作品展示予定です。


小林武史からは、「食」のコンテンツとして、さまざまな「出会い」から石巻の食の魅力を発信していくフードセッション・リーダーズ、さらに全国の才能あふれるゲストシェフと共に生み出す石巻でしか味わうことの出来ない食体験となる「リボーンアート・フードセッション」について発表。

「音楽」コンテンツとしては、回復や再生をイメージしたライブ開催を企画中。コロナ禍での開催を踏まえて大規模なイベントではない、限られた人数のスペシャルな空間でゲストアーティストを招いた未来へと繋がっていくための始まりの「音」をお届けします。詳細情報は追って発表となります。

宮城県の県政150周年を迎える記念すべき年に、総合芸術祭として宮城県の美しい自然や豊かな食の魅力も共に発信していきます。
今後もオフィシャルサイト、SNSにて随時最新情報を発表していきます。ぜひご注目ください。




【名誉実行委員長  村井嘉浩 宮城県知事からのメッセージ】


昨年に続き、Reborn-Art Festival 2021-22[後期]が宮城県で開催されること、大変嬉しく思います。
前期は、「アート」「食」「音楽」の総合芸術祭として、延べ約10万人の方が石巻・女川地域を訪れ、東日本大震災から10年の節目を迎え、復興に取り組んできた姿や新たな魅力を発信する機会となりました。
後期においても前期から引き続き、文化芸術の力が人々の生きがいや明日への活力に繋がる「心の復興」に向けた大きな力になるものと強く感じております。
共催の市町をはじめ、関係する県内のあらゆる主体と連携し、リボーンアート・フェスティバルを通じて、県政150周年を迎える宮城県の更なる魅力を発信し、感じていただけるよう努めてまいります。是⾮足をお運びいただきお楽しみください。



【実行委員長  齋藤正美 石巻市長からのメッセージ】


今回で第3回目の本祭となりますReborn-Art Festival 2021-22[後期]の開催まで、約4か月となりました。
リボーンアート・フェスティバルは本市が誇る美しい自然、食材などの魅力に触れていただける機会でもありますので、御来場者の皆様におかれましては是⾮本市の魅力を堪能していただき、大いに楽しんでいただければ幸いです。
また、今年は宮城県の県政150 周年という記念すべき年でございますので、本市も共に盛り上げていきたいと考えております。
新型コロナウイルスの感染状況等にも柔軟に対応しつつ、皆様に安心してお楽しみいただけますよう、関係者一丸となって、万全の態勢で鋭意取り組んでまいりますので、皆さま、どうぞ本芸術祭に足をお運びください。



【実行委員長 小林武史からのメッセージ】


「利他」は、それ自体を明確に掲げようとすると、その姿を消してしまうものなのかもしれない。
新型コロナウイルスは、3年目に入った現在も、未だに新しい展開に僕たちを押し出そうとしている。
ヨーロッパでは、まさかと思っていた戦争が、どこに辿り着くのかさえ分からない濁流を作り出している。
何を言葉にして抗っていいのか分からない僕たち。だけど、希望は失わない。
こんな時代に利他のセンスがどのように機能するのかは分からないけれど、間違いなくアートや食、音楽の表現の中に、それは潜んでいる。
全ての命と、その根源との繋がりを感じるために、そして、困難さの向こうにある新たな広がりのために、再びリボーンアート・フェスティバルが行われるのだと思う。



ART


キュレーター 和多利恵津子・和多利浩一(ワタリウム美術館)

《新しい天使を迎える》
東日本大震災から11年が過ぎました。
たくさんの追悼と様々な復興が現地の方々を元気付けてきました。しかし、よそ者ながら私たちには少し残念な思いもありました。立派な防潮堤がどこまでも続き、安全性の担保がなされた一方、美しい海との交流がなくなってしまったことに寂しさを感じています。同じく、38ヘクタールの広大な「石巻南浜津波復興祈念公園」が復興と鎮魂のためとして、ひと気のない空⽩の場所になっていることについても、今後さらなる指針が必要ではないでしょうか?

石巻でリボーンアート・フェスティバルをスタートさせた2017年以来、私たちはアートを通じてこの街を見つめてきました。そこには、多くの観客にこの街でアート作品に触れ、感じてもらうことでこの街の喜びや悲しみを共有してほしいという願いがありました。

そして2022年のリボーンアート・フェスティバルは、次のステージを目指したいと考えています。現在、「戦争」というとても信じがたい状況が起こっており、コロナ禍は今も地球全体を包んでいます。世界中の多くの人々が悲しみの中にあり、このことは今を生きている私たち一人一人の生き方や考えと直接結びついています。アートの役目は、そのことを改めて実感させ、深く問いかけることなのです。

今回のキービジュアルにはサーフボードに乗った天使が登場します。彼女は水着姿で、こちらに向かって大きく手を広げバランスを取っています。よく見ると彼女の⽻根には希望の炎が灯り、頭は無限を示す図形で覆われています。神聖な天使というよりもむしろ恋人のような彼女が案内役です。彼女と一緒に果てしなく続く過去の廃墟を抜け、未だ見たことのない新世界へ足を踏み入れてみたいと思います。





《Reborn-Art Festival 2021-22 ウクライナ戦後復興支援プロジェクト(展覧会 + オークション)》

2022年4月21日、ウクライナのシュミハリ首相は、ロシアの侵攻で荒廃したウクライナの復興には、6000億ドル(約77兆円)が必要になるとの見通しを示しました。
Reborn-Art Festival 2021-22では、参加アーティストに作品の寄付を募り観慶丸で展示後、オークションにより 販売。
復興支援金としてウクライナに送ります。

■ 参加アーティスト:Reborn-Art Festival 2021-22[後期]アーティスト
■ 会場:旧観慶丸商店
オノ・ヨーコ Play It By Trust(信頼して駒をすすめよ) 1986-87年 ブロンズ製
駒も盤も、全てが白に統一されたチェス。
これでチェスをすると、敵味方の区別がつけられない。
勝ち負け、争い、戦争などを否定する意思が込められている。


MUSIC


今年の音楽は、回復や再生をイメージしつつ、「アート」や「食」ともコラボレーションしたライブ開催を予定。テーマ「利他と流動性」とも共通する、未来へ繋がっていくための始まりの音を表現します。

《White Deer (Oshika)》の近くにリボーンアート・ダイニングが位置し、リボーンアート・フェスティバルに⽋かすことのできない場となった荻浜のホワイトシェルビーチなどで、感性豊かなアーティストを招いてのライブを現在企画中です。

コロナ禍での開催となることを踏まえて、大規模なイベントではなく限られた人数のスペシャルな空間で、[後期]の「音楽」コンテンツを、お届けしたいと思っています。



FOOD


リボーンアート・フードセッション サステナブルな食ー工夫する楽しさ

石巻は漁業、農業など一次産業の盛んな町でもあります。海川、野山、田畑の貴重な食資源について、現在の市場経済合理性だけにとらわれず、新たな価値を見いだすために、リボーンアート・フェスティバルが「Reborn-Art」の言葉に込めた「生きる術(すべ)」。それは、これからも「続いていく未来」の中で、人間を含むすべての生き物が命をいただく連鎖、循環を、その豊かさを感じ、状況に応じて考え、工夫していくこと、と捉えています。

今私たちは、食の喜びとともに様々な危機感も感じています。漁家、農家など一次産業に携わる人、料理人、それを広める人、それを食べて受け止めることで実感する人......、それらのつながりの中で起こる新たな工夫が、命の本質を巡る旅を様々な企画やイベントという形で表現していきます。

石巻の料理人を中心に、これまでリボーンアート・フェスティバルに関わってくれた、時代を代表する食のクリエイターたち。そこに新たに才能豊かなシェフたちが加わり、新しいリボーンアート・フードセッションを奏でます。


《フードセッション・リーダーズ》
リボーンアート・フェスティバルでは「いのちをいただく」という生き物の根本を、楽しさをもって捉え直すためにも、アートや音楽と食の化学反応も含めて、様々な「出会う」を作っていきたいと思っています。

今回はその「出会う」ことを「フードセッション」と名づけたわけですが、そのリーダーを原点回帰をイメージして以下の3人で担っていくことになりました。
震災前から石巻でしっかりとした食文化を作ってきて、地域のつながりにも高い関心を寄せてきてくれた阿部司さん。
震災を機に石巻に移住して、内外の様々な出会いを積み重ねてきた、新しい石巻の食を象徴するような料理人である今村正輝さん。
そしてリボーンアート・フェスティバルの発起人である私、小林武史が加わらせていただいております。

有能なスタッフや関係者とともに、参加してくださる皆さんを、素敵な食体験に誘っていきたいと考えています。
実行委員長 小林武史


(写真左)阿部 司|割烹滝川(石巻)店主
(写真右)今村 正輝 |四季彩食いまむら(石巻)店主





会期中のコロナ対策について


リボーンアート・フェスティバルは牡鹿半島の広大なエリアを会場とした屋外展示が中心の芸術祭であり、もともと密になりにくい「ニューノーマル」のイベントとしてふさわしい可能性を持っていると考えます。
検温はもちろん、人との接触をできる限り減らした運用を心がけ、ディスタンスの確保、換気・消毒の徹底、来場者情報の記録などの対策をとり、安心して楽しめるフェスティバルを開催します。

来場の皆様に向けては、「ガイドライン」を定めます。
※ガイドラインは、状況に応じ内容を変更いたします。



【リボーンアート・パスポート (作品鑑賞パスポート)6月より前売り券販売開始予定!】


会期中(休祭日を除く)何回でもアート作品の鑑賞が可能です。
前回に引き続き、宮城県民パスポートを設定します。

※価格は税込です
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は鑑賞無料です(有料イベントは別途条件付き)
※宮城県民パスポートは、当日販売も同額です(前売り割引はありません)
※鑑賞や参加に別途料金が必要なアート作品やイベントもあります。詳細は後日オフィシャルサイトにて
お知らせします。





【 Reborn-Art Festival 2021-22[後期] 開催概要 】


●名称   Reborn-Art Festival 2021-22
●会期/会場 2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)/宮城県 石巻市街地、牡鹿半島
      ※会期中、休祭日を設けます
●主催   Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク
●共催   宮城県、石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町、株式会社河北新報社、東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社
●特別協賛 株式会社木下グループ
●協賛   環境ステーション株式会社、住友林業株式会社、三井不動産株式会社、EXELCO DIAMOND
●特別協力 Reborn-Art Festival 石巻実行委員会
●協力   FSX株式会社、石巻専修大学
●助成   令和4年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内