【上越市立水族博物館】明日だれかと行きたくなる!「うみがたり」のゴールデンウィーク

2022年4月27日 水曜日 4:50 PM

2022年4月29日(金・祝)~5月8日(日)

“うみがたり”のゴマフアザラシを中心に、生きものの魅力をさまざまな角度から伝える取り組みを紹介


上越市立水族博物館 『うみがたり』(新潟県上越市五智2-15-15)では、ゴールデンウィークに皆さまでお楽しみいただけるさまざまなコンテンツを用意しました。「まちを元気にする水族博物館であり続ける」ために、これからも「うみがたり」は生きものの魅力をさまざまな角度からお伝えしていきます。



“うみがたりの”ゴマフアザラシをさまざまな角度から紹介する取り組み



「うみがたり」のゴマフアザラシは、オープン時からいるジロー、コケの2頭に加え、令和4年1月からアラシ、ナノハの2頭が加わった、計4頭を飼育展示しています。
このたび、この個性豊かな“うみがたりの”ゴマフアザラシをもっと知っていただこうと、「もっと知って!うみがたりのゴマフアザラシ展 ~こけ次郎なのは嵐?~」を行います。
2階ふれんどプール前では、4頭のプロフィールや個性・性格などを、飼育員ならではの視点で詳しく紹介します。4頭の個性を知ることで、もっと身近に“うみがたりの”ゴマフアザラシを感じることができます。
1階催事ホールでは、ゴマフアザラシの生態や生息地などを、他の種のアザラシと比較して解説します。また、楽しみながらアザラシのことを知っていただけるように実物のヒゲ・爪・毛の展示や、種による大きさの違いを一目で分かるように等身大ポスターも展示します。
そして今後期待される、繁殖に向けた「うみがたり」の取り組みを紹介します。



期間限定「あざらしジェラート」販売!

「うみがたり」内のレストラン「レストランテ ロス クエントス デルマール」では、特別展中の期間限定で「あざらしジェラート」を販売します。かわいらしいアザラシの顔をあしらったジェラートには、地元上越市の三和牛乳を使用しています。優しい甘さに思わずうっとりすること間違いなしです。

あざらしジェラート




5月マンスリー水槽「カブトガニ」

「うみがたり」では、月替わりでさまざまな生きものの魅力を伝える「マンスリー水槽」を実施しております。5月は、端午の節句に飾られる兜飾りの名がつく「カブトガニ」の展示を行います。兜飾りと同様に「病気や事故から身を守って、健康に成長するように」という願いを込めました。カブトガニは何億年もの間、ほとんど姿を変えずに生き残っており、生きた化石ともいわれる種です。どのようにして過酷な環境の中を生き抜いてきたのか。独特な体の構造(長い心臓、大きい肝臓、後ろにある鰓、5つある目、細菌を固める特別な血液など)や、生態について図解を用いて紹介します。





ドルフィンパフォーマンス「Fun Fun Fun

3階イルカスタジアムで行われているドルフィン パフォーマンスは、バンドウイルカ本来の行動や能力の高さを、楽しみながら学んでいただけるプログラムです。日本海をバックにした解放感あふれるロケーションでイルカの様々な能力を感じていただけます。






好評開催中!「舞鰯シャイニリュージョン」

「舞鰯シャイニリュージョン」は、「うみがたり大水槽」の2万匹のマイワシが、音楽に合わせて縦横無尽に泳ぎ回る姿をご覧いただける「うみがたり」で新たに始まったパフォ―マンスです。変幻自在なマイワシの群泳とピアノの繊細な音楽が相まって、感動的な空間へと変化します。水槽内をダイナミックに泳ぐマイワシの群泳は躍動感に溢れ、日本海の命の輝きを間近で感じることができます。






WEB入館予約のお知らせ

お客さまに安心してお楽しみいただくために、混雑が予想されるゴールデンウィーク 期間中は、開館時間を9:00~19:00に延長するほか、時間指定の「WEB入館予約」により人数制限を行います。
ゴールデンウィーク期間中の入館には、入館券のほか「WEB入館予約」が必要となります。(「WEB入館予約」自体は無料です。)


※入館される方の全員分のWEB入館予約が必要です。
※年間パスポートでの入館や、コンビニエンスストア等で販売されている前売券をお持ちの方も、上記期間に入館される場合はWEB予約が必要です。

詳しくは「うみがたり」公式ホームページをご覧ください。
http://www.umigatari.jp/joetsu/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内