横浜音祭り2022 開催概要発表 日本最大級の音楽フェスティバルがこの秋、横浜を舞台に開幕!

2022年4月27日 水曜日 9:48 PM

3年に一度のオールジャンルの音楽フェスティバル「横浜音祭り2022」が、9月17日(土)に開幕します(会期:9月17日(土)~11月6日(日))。 国内外で活躍するトップアーティストによる公演、子どもたちがプロのミュージシャンに学ぶワークショップ、週末ごとに街なかで様々な音楽が楽しめる参加型ステージなど、横浜の街を舞台に約250のプログラムを展開。ディレクターには新井鴎子を迎え、「みらいに響け みんなの音楽」をスローガンとして、以下の4つのコンセプトを軸に開催します。


[「横浜音祭り2022」コンセプト]


街に広がる音プロジェクト Photo:大野隆介
1 舞台は横浜の「街」そのもの。街じゅうが音楽空間
ショッピングセンターや公園、ストリートなど横浜の景観を活かしたオープンスペースでのライブ、横浜の街の魅力や歴史とともに音楽を楽しむコンサートなど、多彩なプログラムを展開します。
市民の皆様に身近なホールや公会堂で開催する「18区コンサート」では横浜ゆかりの実力派アーティストたちが出演します。そして、賑わいのあるオープンスペースで週末を中心に開催される観覧無料のストリートライブ「街に広がる音プロジェクト」など、横浜の街の魅力とそこに流れる音楽をお楽しみください。


だれでもピアノ(R) Photo: 平舘平
2 あらゆる人に音楽の楽しみを。クリエイティブ・インクルージョン
国籍、人種、世代、性別や障害の有無を越えて、魅力あふれる音・音楽を、あらゆる人が参加し、体感できるプ
ログラムを通して、感動を共有できる豊かな環境を目指します。
大人も子どもも、ピアノに初めて触れる人から経験者まで、音を奏でるというすばらしさを楽しめる「だれでもピアノ(R) 」の体験会・演奏会を実施します。また、身体的制約があり外出できない人の分身となるロボットOriHime (R)を活用した、コンサート会場での案内・イベントPR等を行うなど、だれでも横浜音祭り2022に参加できる環境を目指します。


横浜市消防音楽隊による中学校吹奏楽部ワークショップ Photo:大野隆介
3 音楽との出会いが、子どもたちを待っている。クリエイティブ・チルドレン
横浜の未来を担う子どもの感受性、創造性を育むという「クリエイティブ・チルドレン」のコンセプトのもと、学校へアーティストが出張して、子どもの個性や表現力を引き出す「音楽づくりワークショップ」 や、「横浜市消防音楽隊による中学校吹奏楽部ワークショップ&演奏会」を行います。
また、ワークショップの成果を発表できる場として、横浜音祭り2022のステージへの出演やプロとの共演の機会を創出します。


横浜音祭りライブ・ホップ!特別公演 
4 横浜“発”、横浜“初”。オリジナルコンテンツを世界に発信
世界的に活躍するトップアーティストによるクリエーション、横浜の音楽シーンを支えてきたライブハウスが連携する周遊型プログラム、ジャンルを横断したコラボレーションから生まれる新曲発表など、創造的なコンテンツを横浜から発信します。
オープニングプログラムでは、市内のライブハウスを共通チケットで周遊できる「横浜音祭りライブ・ホップ!」と、オープニングの特別公演としてKT Zepp Yokohamaで、田島貴男(Original Love)とさかいゆうの対バンが実現。


横浜音祭り2022クロージングコンサート 反田恭平&Japan National Orchestra
「横濱ジャズプロムナード」30年記念となる今年は、グラミー賞に選出されるなど世界から注目を集めるジャズ作曲家・挾間美帆が作曲した『ベイ・プロムナード』(仮)の世界初演を神奈川フィルハーモニー管弦楽団音楽監督の沼尻竜典が担います。
そして、クロージング・プログラムでは、ショパン国際ピアノコンクールで52年ぶりに第2位入賞という快挙を成し遂げ、世界最高峰に立つ反田恭平がJapan National Orchestraと登場。フェスティバルを締めくくるとともに、横浜みなとみらいホールのリニューアルを彩ります。

[開催概要]
フェスティバルタイトル  横浜音祭り2022(よこはまおとまつり にせんにじゅうに)

会 期      2022年9月17日(土)~11月6日(日) <51日間>
(プレ期間:5月1日~9月16日、ポスト期間:11月7日~11月27日)

会 場      横浜市内全域 (横浜の“街”そのものが舞台)

ジャンル    クラシック、ジャズ、ポップス、日本伝統音楽などオールジャンル

プログラム数   約250

ディレクター    新井鴎子

主催       横浜アーツフェスティバル実行委員会

共催       横浜市、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

後援       観光庁(申請中)、神奈川県、公益財団法人神奈川芸術文化財団、
        公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、横浜商工会議所、
        一般社団法人横浜青年会議所、神奈川新聞社、NHK横浜放送局、
         tvk(テレビ神奈川)、アール・エフ・ラジオ日本、FMヨコハマ、
         横浜市ケーブルテレビ協議会

助成       令和4年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
  一般社団法人地域創造

協賛  
<ゴールド>日産自動車株式会社、三井不動産グループ、三菱地所グループ

<シルバー>コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、株式会社JVCケンウッド、
スターツグループ、株式会社そごう・西武 そごう横浜店、株式会社高島屋 横浜店

<ブロンズ>上野トランステック株式会社、株式会社キタムラ、株式会社崎陽軒、
      クイーンズスクエア横浜、ケン・コーポレーション グループ、株式会社サカタのタネ、
      株式会社ジェイコム湘南・神奈川、凸版印刷株式会社、NEC、ぴあ株式会社、NTT東日本、
株式会社メモワール、株式会社ヤマハミュージックジャパン、株式会社横浜銀行、リストグループ

協力      キリンビール横浜支社、京浜急行電鉄株式会社、相鉄グループ、東急電鉄株式会社、
         富士フイルムビジネスイノベーション株式会社、横浜高速鉄道株式会社、横浜信用金庫

公式サイト    https://yokooto.jp/

※新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、感染防止対策を行いながら実施します。なお、事業内容が変更または中止となる可能性があります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内