長崎県波佐見町 茅葺き屋根の花屋「花 西海」4月28日(木)オープンのご案内

2022年4月28日 木曜日 8:18 PM

創業50年の庭師と花師がつくる、自然循環と伝統の美を “体感する” 場

有限会社西海園芸(所在地:長崎県東彼杵郡 代表取締役 山口勇介)は2022年4月28日(木)、花屋「花 西海(はなさいかい)」を長崎県波佐見町にオープンいたします。 「循環」をキーワードに改築された同店は、店舗シンボルとして波佐見町の風土や生活に根付いた工法による「茅葺き(かやぶき)屋根」を採用し、建築や庭に使用される土壁、茅葺、岩、植物にはいずれも地域の素材を使用。また、造園と花屋の事業を展開してきた同社ならではの強みをいかし、季節や天候、朝夕の時のうつろいをもとらえる“庭師”による空間設計、その空間の中でお客さま一人ひとりの想いに寄り添い、花を誂える“花師”のおもてなしをご提供いたします。




■ 店舗設計における三つの「循環」
<ときの「循環」>
造園設計を手掛けるのは「庭 西海」代表で庭師の山口陽介。庭の樹木や草花は長い年月をかけて成長の過程を楽しめるよう剪定されており、植栽や石の配置一つを取っても天候の移ろいによって異なる趣きや、時間帯による陰影の変化を意識するなど、自然と建築双方の美しさを際立たせる日本古来の美意識が感じられる空間に仕上げました。巡る時間の中でさまざまな表情を見せ、訪れるたびに異なる印象をお楽しみいただけます。

<素材の「循環」>
店舗に使用される茅葺、岩、土、植物はいずれも地域の素材。茅葺の原料には、現代の生活においては活用方法が少なく廃棄されることも多い小麦藁(小麦を収穫した後に残る葉)を採用しています。劣化した小麦藁は肥料にするなど、素材を余すことなく活用することができ、アップサイクルなものづくりが今改めて見直されている現代において、元来より庭師が取り組む「地元の素材で作り、地元の土に還す」という理に適った素材の活かし方、朽ちていく美しさを体現していくことを目指しております。

<文化・技術の「循環」>
茅葺き職人の相良育弥氏監修のもと、かつて波佐見町に根付いていた茅葺き文化、日本の建築技術をアップデート。地域コミュニティと協力して採集した地元産の小麦藁を1町(1ha=3,000坪)分使用し、店舗のシンボルとなる「茅葺き屋根」を施工いたしました。





■「西海園芸」について
西海園芸は、1972年、山口勇市(初代、現会長)が貸し植木屋として創業。以来、庭師による「造園」、花師による「花屋」の二つの事業を展開しています。
このたびは創業50年目の節目として、花屋(旧:フルル・ルゥトさいかい 波佐見店)の店舗を改築し、店名も新たに「花 西海」としてオープンいたします。




■「花 西海」について
日常にも、ハレの日にも、地域の人々に親しまれる花屋としてはもちろん、県内外や海外からお越しになる方々にも楽しんでいただけるよう、焼き物の町・波佐見ならではのオリジナル商品やサービスのご提供を今後予定しております。




<店舗情報>
2022年4月28日(木)オープン【花 西海】
所在地:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷1661
電話番号:0956-85-6539
営業時間:10:00~18:00 定休日:火曜日


建築設計:有限会社設計機構ワークス
建築施工:株式会社上山建設
造園設計・施工:山口陽介(西海園芸 取締役)
茅葺屋根設計・施工 :相良育弥(株式会社くさかんむり代表)
土壁施工:都倉達弥(左官都倉代表)
家具製作:蔵谷 亮介(nomade design代表)
グラフィックデザイン:古賀義孝(光画デザイン代表)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内