次世代型D2Cアパレルブランド「foufou」による体験型提案「夏をドラマチックに踊る方法vol.1」音楽ライブイベント開催

2022年6月22日 水曜日 11:48 PM

赤いおでかけ服から始まるカルチャー体験

株式会社ステイト・オブ・マインドは、D2Cアパレルブランド「foufou」主催の音楽ライブイベント『夏をドラマチックに踊る方法vol.1』を開催いたします。


2016年EC専売のブランドとして登場して以来、多くのファンを獲得してきた「foufou」(フーフー)が、初の音楽カルチャーとのコラボレーションを実現したライブイベントとなります。さらに今回はライブイベント出演者であるサニーデイ・サービスとのコラボを通じ、テーマ曲を制作いたしました。新曲「ライラック・タイム」には「夏をドラマチックに纏う方法」の1作目からモデルをつとめる夏実が出演し、立体的なコラボレーションとなっています。

イベントでは6作目となる新作を含めたこれまで販売してきた【summer one piece】を着用して来てくださったお客様にノベルティを配布予定。
下北沢を赤いワンピースで埋め尽くすfoufou独自のイベントとなっております。

イベントおよびコラボレーション概要

1)音楽ライブイベント
 サニーデイ・サービス、Laura day romance を迎え、一夜限りの「洋服の先にある体験」イベント。
2)テーマ曲
 サニーデイ・サービスによる【ライラック・タイム】
3)「夏をドラマチックに纏う方法」summer one piece 22(サマーワンピース)の販売
 オンラインストアにて6月22日より販売開始

コラボレーション・パートナー

・サニーデイ・サービス(イベント出演・テーマ曲制作)
曽我部恵一(Vo./Gt.)、田中貴(Ba./Cho.)、大工原幹雄(Dr.)
1995年に1stアルバム『若者たち』を発表。フォーク、ネオアコからヒップホップまでを内包した新しい日本語のロックは、シーンに衝撃を与えた。現在までに13枚のアルバムをリリース。どの作品もバンド像を更新し続ける創造性/革新性に満ち、普遍的メロディと言葉に溢れる。今日に至るまで、国内外で揺るぎない支持を集め続ける。
http://rose-records.jp/artists/sunnydayservice/ 

・Laura day romance (イベント出演)
井上花月(vocal)、礒本雄太(drums)、川島健太朗(guitar, vocal)、鈴木迅(guitar)
2018年1st EP『her favorite seasons』をリリース後、「SUMMER SONIC 2018」を含む数々のフェス/イベントに出演。2020年には1st Album『farewell your town』をリリース後には初の配信ワンマンライブも開催。
2021年に発表した『happyend』はfoufou【summer one-piece21】のタイアップソングに。
2022年3月16日には2nd Album『roman candle/憧憬蝋燭』をリリースし、東名阪で初のワンマンツアーを開催。インディーズ音楽シーンの先頭を走る若手注目バンド。
https://www.lauradayromance.com/
 
・夏実(モデル)
フリーランスモデル。
2017年から「夏をドラマチックに纏う方法」シリーズのモデルとして毎年起用。
ファッションからコスメ、その他生活雑貨などジャンル問わず多岐にわたりモデルとして活動する。
インスタグラム : https://www.instagram.com/nnnnnnn__23/?hl=ja

デザイナー マールコウサカ氏コメント


インターネットやSNSの発展とともに「街の景色」も変わってきた。
それ以前は「街らしい服と音楽」があって、そこに集まる人たちがその街を色づけてきた。
その現象が”カルチャー”と呼ばれていたと思う。
服や音楽といったカテゴリーは分断していった。地方の大きな街は再開発で同じようなお店が並び、東京も鉄道の地下化が進んで人が景色をみなくなった。
それぞれの文化を繋げていく力が働かなくなってしまった。
古臭い考えかもしれないが、カルチャーの中で育ってきた僕にとってそれはとても寂しいことだ。
僕も1人のインターネットブランドの運営者として、この景色を変えてきた1人なのかもしれないが
だからこそ、そのカルチャーを楽しむことを、ただお洋服を買うだけでないその奥にある文化的な喜びを作りたかった。
夏の思い出と、着ている服、音楽。そして下北沢という街。


このイベントに参加した皆さんにとって、それらが繋がって記憶になり、何年か経って夏の装いを考えてクローゼットを開け、真っ赤なワンピースを見た瞬間に、この日に聞いた音楽とライブハウスの匂いが「ブワァッ」と頭の中でリフレインした時が、この「夏をドラマチックに纏う方法」の完成だ。


■マール・コウサカ
1990年11月8日生まれ、東京都出身
大学卒業後、文化服装学院II部服装科に入学。在学中の2016年に「健康的な消費のために」
をコンセプトにしたファッションブランド『foufou』を設立する。
著書に2020年10月発売「すこやかな服」(晶文社)



音楽ライブイベント概要

イベント名 :夏をドラマチックに踊る方法 vol.1
開催日時:2022年8月20日(土) OPEN 17:30・START 18:30
開催場所:下北沢シャングリラ( https://www.shan-gri-la.jp/tokyo/
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目4−5 mosiaB1F
出演アーティスト: サニーデイ・サービス Laura day romance
チケット料金:前売り 4000円/当日 4500円
予約方法:eプラスからご予約
https://eplus.jp/sf/detail/3623060001-P0030001

テーマ曲について

楽曲提供:サニーデイ・サービス
曲名:ライラック・タイム
リリース日:2022年6月22日(水)
Music Video:https://youtu.be/RninOz4C6EQ

「夏をドラマチックに纏う方法」新作ワンピースについて

商品名: summer one piece 22(サマーワンピース)
サイズ:S・M・M+
上代:19,000円
購入方法:teshioni webサイトより購入
https://teshioni.com/collections/foufou/products/foufou_ff221op06_nor1


毎年、夏に1型だけ真っ赤なワンピースを作る「夏をドラマチックに纏う方法」という名前の企画です。
夏はどうしてもイージーケアで合理的なお洋服が店頭に増えますが、ファッションとは時に合理を超えた先に感動があるのです。普段は着ないコットン素材の真っ赤なワンピース着てカキ氷こぼして汗まみれで砂がついてもいいんです、夏ですから。それすらデザインです。夏を言い訳にしちゃいましょう。
気怠い日本の夏をドラマチックに変える衣装を販売しています。

ファッションブランドfoufou(フーフー)とは

「健康的な消費のために」をブランドコンセプトに掲げ、2016年EC専売のハンドメイドブランドとしてスタート。2018年には「teshioni」と協業。“健康的な消費のために”をコンセプトに、既存の販売経路にとらわれず、SNSを通じて直接エンドユーザーに服を届ける形態が業界内外で話題。人気の商品が1型で総販売着数3000着を越えるなど、ブランド規模も成長を続けている。
販売サイト:https://teshioni.com/collections/foufou



teshioni(テシオニ)とは

2018年5月30日 より開始した店舗販売をせずインスタグラム等SNSで集客を行うD2Cスタイルのブランド向けECサービスです。
 単に販売場所の提供をするのではなく、【ブランドを生み出す意味】を多方面から独自基準で審査し、厳選されたクリエイター(デザイナー)と協業しています。クリエイターに対して「teshioni」が生産・販売・運営まであらゆるサポートをし、ブランドの成長を支援します。これまで17ブランドをサポートし、SNSブランドの“魁(さきがけ)”となるブランドを一緒に運営してきました。クリエイションには「nutte」のトップクリエーターが企画として関わり、緻密で美しいシルエットでありながら、量産可能なものづくりを目指しています。
Webサイト:https://teshioni.com/




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内