「RVパーク」が車中泊場所として3年連続利用者増加!海の京都・富士の麓・道の駅・老舗レストラン、この夏利用したい施設が続々オープン

2022年8月5日 金曜日 4:19 PM

日本RV協会認定の車中泊スペース“RVパーク”が2022年6・7月に7カ所オープンし全国274カ所に。快適に車中泊を楽しめる場所がより身近な存在へ

一般社団法人日本RV協会(会長:荒木 賢治、所在地:神奈川県横浜市、以下:JRVA)では、「快適に安心して車中泊が出来る場所」として車中泊施設“RVパーク”を全国に広めています。JRVAは2012年より、全国各地に温泉、旅館、道の駅、遊園地等々の様々な施設でRVパークの設置を進めており、この度四季を通じて楽しめるオールシーズンリゾート・リステル猪苗代隣接の「RVパークリステル猪苗代」がオープンし、全国で利用出来る施設は274カ所(2022年7月時点)となりました。


※日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」はこちらからご覧いただけます https:// www.kurumatabi.com/rvpark/list.php
「RVパークリステル猪苗代」現地の様子
「RVパークリステル猪苗代」現地の様子

「車中泊」は、海外では幅広い世代に親しまれており生活に身近な存在である一方、日本ではまだそのようなライフスタイルは確立されていません。そのため、違法行為やマナー違反といった扱いを受けたり、長時間駐車が出来る場所は街灯や人気が少ない等、危険が隣り合わせになる可能性がありました。そこでJRVAでは、アメリカを中心に設置されている“RVパーク”を日本独自の「どなたでもご利用いただける・安全かつ快適な・車中泊を楽しめる場所」として、国内で拡充させていくべく、2012年から認定活動を行っています。
昨今では人との接触を避けて楽しめるということで「車中泊」に注目が集まっており、以前にも増して需要と重要性が高まってきています。


JRVAが全国のキャンピングカーユーザーを対象に、「旅行の車中泊場所」について調査した所、以前はほぼ9割が道の駅を利用しているという結果だったところ、今回の調査ではRVパークという回答が59.3%にまで上昇したことが分かりました。また過去3年間の中では、唯一「RVパーク」が車中泊場所として利用率が上がる結果となりました。RVパークは施設の数も年々増えており、多くのオーナーの認知度も上昇しています。



それに伴い、今回の調査実施時点では1回以上RVパークを利用したことのあるオーナーは全体の75.7%と昨年より7.5ポイント上昇する結果となりました。使用料金を支払ってでも、安心・安全・快適な車中泊の場所を利用したいという要望のあるオーナーからの支持が増えてきているものと思われます。





新規認定RVパーク「RVパークリステル猪苗代」施設概要(2022年7月末日時点)



「RVパークリステル猪苗代」は、東京より平均気温-5度・標高600mの磐梯高原猪苗代に位置する四季を通じて楽しめるオールシーズンリゾート・リステル猪苗代に隣接するRVパークです。大自然に囲まれたRVパークはホテル施設へのアクセスも良く安心・快適な車中泊が楽しめます。

●RVパーク リステル猪苗代(福島県)
所在地 :〒969-2663 福島県耶麻郡猪苗代町川桁字天王坂2414
アクセス:磐越自動車道・猪苗代磐梯高原ICより車で10分
施設特徴:トイレ24時間利用可、入浴施設(温泉)、ごみ処理対応可、電源(有料)あり、水道(無料)あり、
     コインランドリーあり、ペット同伴可、ドッグランあり、朝食夕食OK、宿泊予約OK
電話番号:0242-66-2233(営業時間 9:00~19:00)
利用料金:4,500円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1079.html


その他6・7月開設RVパーク施設概要(2022年7月末日時点)



●生野高原 カッセル RVパーク(兵庫県)
創業43年老舗レストラン「生野高原レストランカッセル」が運営するRVパーク。小鳥のさえずりがBGM、夜には満点の星空が楽しめます。また、キャンピングカーの中で食事をしたいお客様のために、テイクアウトのメニューも豊富にご用意。近隣には歴史的名所「竹田城跡」や「砥峰高原」など滞在の時間が最高なひと時になるアクティビティも満載です。

所在地 :〒679-3331 兵庫県朝来市生野町栃原1784-290
アクセス:名神高速道路→中国自動車道へ — 福崎IC→播但自動車道(和田山方面)— 生野ランプから10分等
施設特徴:トイレ24時間利用可、入浴施設(湯沸かし)、ごみ処理対応可、電源(有料)あり、水道(無料)あり、ペット同伴可、朝食/夕食OK
電話番号:079-679-4288(お電話での問い合わせ 9:00~17:30)
利用料金:2,970円~(1泊/1台、一般利用時)
公式HP: https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1050.html

●Hygge BASE 京丹後 RVパーク(京都府)
所在地 :〒629-3422 京都府京丹後市久美浜町河内湊宮小字高山沖467-236
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1060.html

●RVパークGREENBASE東金ジャンボブルーベリー店(千葉県)
所在地 :〒283-0823 千葉県東金市山田1182-1
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1071.html

●RVパークsmart 道の駅よしおか温泉(群馬県)
所在地 :〒370-3601 群馬県北群馬郡吉岡町漆原2004
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1075.html

●RVパーク MAUKA RESORT AZMY(山梨県)
所在地 :〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野2197
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1063.html

●RVパーク 阿寒丹頂の里(北海道)
所在地 :〒085-0245 北海道釧路市阿寒町上阿寒23-36-1
公式HP:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/1076.html


「キャンピングカー白書 2022」発行

「キャンピングカー文化を日本に!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成されたJRVAが、毎年会員企業のキャンピングカーメーカーおよび販社ならびにキャンピングカーユーザーに対して、年に1度、調査・集計した結果を基に発表するキャンピングカーに特化した報告書。詳報については書籍としてJRVA事務局にて発売中。
お問合せ先:https://www.jrva.com/inquiry/contact.html


「RVパーク」とは



日本RV協会が「快適に安心して車中泊が出来る場所」を提供するために定めた一定の条件を満たす車中泊施設です。現在、全国各地に274カ所設置がされ、その場所は温泉、旅館、道の駅、遊園地等々の様々な施設に隣接する形となっています。アメリカではキャンピングカーで旅をする方々向けに、快適に旅を過ごせるように国立公園やテーマパーク、フリーウェイの出入り口付近など10,000カ所以上の様々な場所に設置されています。

※日本RV協会認定車中泊施設「RVパーク」はこちらからご覧いただけます https://www.kurumatabi.com/rvpark/list.php


「一般社団法人日本RV協会」とは



くるま旅と車中泊の文化を創出することを目的とし「キャンピングカー文化を日本に!」をテーマに、普及・市場の育成・環境整備の活動を行っているキャンピングカー製造・販売事業者等の会員で構成された団体です。

※JRVA(ジャルバ)は、日本RV協会の英文名称「JAPAN RECREATIONAL VEHICLE ASSOCIATION」の略称です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内