新潟の朝を盛り上げる個性豊かな「六斎市(ろくさいいち)」食べて・買って・体感するツアー(新潟県)

2022年8月5日 金曜日 8:49 PM


葛塚市
新潟には江戸時代から続く朝市「六斎市(ろくさいいち」が多数あります。その中でも今回は、川湊で栄えた葛塚(旧豊栄市、現新潟市北区)の「葛塚市(くずつかいち)」での買い物とまちあるきを楽しんでいただける、1泊2日の体験ツアーです。合わせて、農業王国になった新潟の自然・歴史・食を訪ねます。


スポット紹介1.「葛塚市」


約260年前から開かれている歴史ある市。多い時には80店以上が出店し、農産物や魚介類のほか、衣料品や日用雑貨など、多彩な商品が通りを埋め尽くします。
葛塚市 カフェブースなども


葛塚市で販売している笹団子


スポット紹介2.「DHC酒造」

DHC酒造は、新潟市北区(旧豊栄市)の地で100年以上に渡り日本酒を造り続けてきた酒蔵です。現在は化粧品・健康食品のDHCのグループ会社として、若い世代にも親しまれやすく美味しいお酒造りに熱く取り組んでいます。

DHC酒造
DHC酒造


スポット紹介3.「割烹 大倉屋」


普段は法事やお祝いごとで利用されることの多い、落ち着いた雰囲気の老舗割烹。刺身や南蛮エビの海老しんじょう、焼魚、旬の地場産食材、地元北区産の甘いサツマイモ「しるきーも」を使った料理などが楽しめます。
大倉屋
割烹 大倉屋


スポット紹介4.「福島潟」

福島潟は県都新潟市の東方に位置する湖沼です。面積は260haあり、潟と名のつく湖の中では新潟県内で最大です。五頭連峰を映す湖面と鳥や花や人が一体となって織りなす四季折々の新潟の原風景を今に残しています。

福島潟


ツアーについて

出発日:2022年10月14日(金)~15日(土)の1泊2日
旅行代金:おひとり様6,000円(前泊宿泊費・2日目のツアー全般費用※税込)
行程表:

※10/14(金)はお好きな時間の新幹線などをご利用して前泊宿泊ホテル『新潟東映ホテル』までお越しください。(JR代は別途)
※運輸機関等の事情により、スケジュールが変更になる場合がございます。※詳しい旅行条件書をお渡ししますので事前にご確認ください。



お問い合わせ

NPO法人 新潟みなとクラブ (担当:吉田)
電話: 0 8 0 - 1 7 7 4 - 1 6 1 3

旅行企画・実施・申込先

株式会社 フリーウェイツアー (担当:藤田)
〒950-3308 新潟市北区下大谷内378-43 北部会館1階
電話: 0 2 5 - 2 5 9 - 8 6 2 1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内